Exhibitions

11

Izumi Miyazaki宮崎 いず美

UP to ME

ASPHODEL
11:00 – 19:00|休:火曜

※ 各会場入場は閉館の30分前まで。
※ 中学生以下 / 身障者は無料(付き添い通常料金)

¥600 / 学生 ¥500

宮崎 いず美「haircut」2016年 © 2016 IzumiMiyazaki

宮崎 いず美「pan」2013年 © 2013 IzumiMiyazaki

宮崎 いず美「riceball mountain」2016年 © 2016 IzumiMiyazaki

高校生のとき何気なく写真部に入った宮崎いず美は、大学在学中に自分自身をモデルとして作品を制作し、インターネット上のTumblrにて発表、世界中で注目を集める。日常的な風景や身の周りにあるものと自身とを組み合わせ生まれたセルフポートレートは、ユーモアや劇的な風景、世界を俯瞰的に捉えるユニークな視線が混在する。アメリカの「Time」誌やフランスの「リベラシオン」誌などでも取り上げられ、海外の人気も高まっている1994年生まれの新星が、祇園の現代建築のビル丸々1棟をジャックし、新作や彼女独自の世界観が濃縮されたインスタレーションを発表する。
宮崎いず美
1994年山梨県生まれ。2016年武蔵野美術大学映像学科卒業。在学中より自身や身近なものを被写体としたシュールな写真作品をインターネット上のTumblrにて発表し、直ちに話題を呼ぶ。VICE(アメリカ)、CNN(アメリカ)、TIME(アメリカ)、リベラシオン(フランス)など数々の有力メディアにて取り上げられ、国際的に注目を浴びている。初個展「Cute & Cruel」(Wild Project Gallery 2016)をルクセンブルグで開催。日本初個展に「stand-in」(Art-U room 東京 2016)がある。プラダ財団が主催するグループ展「Give Me Yesterday」(オッセルヴァトリオ ミラノ 2016–2017)にも招聘される。
ASPHODEL
〒605-0085 京都市東山区八坂新地末吉町99-10
京阪「祇園四条」駅7番出口から徒歩3分
阪急「河原町」駅1番出口から徒歩5分

KYOTOGRAPHIE全体マップ

Other Exhibitions