Now and 1000 years ago on the same land
Noriko Takasugi
©NorikoTakasugi

TODAY'S
NOTICE

重要なお知らせ
MORE

About

開催概要

  • 会場
    くろちく万蔵ビル
    会期
    2022年4月8日ー5月8日
    MORE
  • 会場
    京都市内各所
    会期
    2022年4月8日ー5月8日の期間、
    展覧会によって会期が異なります
    MORE
  • 会場
    京都市内各所
    会期
    2022年4月8日ー5月8日の期間、
    展覧会によって会期が異なります
    MORE

京都市内各所で開催される、アーティストやキュレーターやギャラリーが主催する多様な展覧会。2022年は60以上の展覧会が開催されます。街中に立つ黄色い旗が目印。

Anna Bedyńska  | Forever mine

Kazuhiko Matsumura | 心の糸

Kaede Nishimura | 私たちがうまれなおす日

Naomi Iida | in the picture

Yuki Iwanami | Blue Persimmons

Lin Yuhan | 850nm

Noriko Takasugi | むすひ

Wang Lu | 家

KG+や協賛企業の主催による展覧会。表現の幅や深さにくわえ、主催企業の取り組みや思想にも触れることのできる、充実した展覧会。

西野 壮平 | 同じ波は二度と来ない

Naomi Iida | in the picture: side-B

Tetsuo Kashiwada, Naohiro Maeda, Naoyuki Hata, Hayate Ito, INTIUITION ARTISTS | ジャパンフォトアワードエキシビジョン&イントゥイション

Youry BILAK | Timeless Hutsuls -ウクライナ フツルの民族衣装-

Hana Sawada | 避雷針と顛末

KYOTOGRAPHIEへステップアップすることができるKG+のアワード部門。2022年は、年齢・キャリア不問の公募の中から選ばれた8名のアーティストが一同に展覧会を開催。スペシャリストによる審査が行われ、グランプリを選出。
(*2023年公募は10月〜12月末予定)

室礼 SHITSURAI -Offerings Ⅷ- forest | 室礼 SHITSURAI -Offerings Ⅷ- forest

Kids exhibition | < ONE : ひとりってすごい〜ひとりはすべてに、すべてはひとりにつながっている〜>

217..NINA | purpose of my life

Clément Ouvrard

Shinya Minami | ローズ

Keiko Kitayama | 光り

Jean-Philippe PERNOT | 一期一会の道

Yumiko Izu | うつろい

Takeshi Sumi | 時間を繋ぐ光

Zhou HanShun | 7th Month Populace

Junko Hirano | ゲニウスロキ

Miyo Ogawa | Story Fishing

Masaru Kusaki/Yasunari Tsubota | 変わらない街/京都

Kana Anzai, Taro Kotera | 芽が息吹く

Jinn Yagi | 私と人の境界模様

ryuji ichikawa, gaq hasegawa, hoi kisyu, kazuhiro ohasi, ako hasegawa, hitoshi yamauti, yutaka yamamoto, ayako fujie, hiroshi tasiro, rumiko suzuki | 須田派5

Mai Ito | エイリアンの子

Season Lao | 山海・抄写

Ruriko Taguchi | CUT OFF

Cindy Bissig | 霞む現実

Kazuhiro Ohashi | ふりゆくみ  ~ふりつむひ 第二章

Kodai Matsuoka (KAILAS) | アディワシ ~ 大地と生きる人々

Megumi Horiuchi | There is the hole

Michiko Kiseki | The place

Kodo Chijiiwa | 瞬刻のタブロー

Robert Wallace | (four)est

Micah Gampel | 美しく樹が繁る日本で

Yuki Hamanaka | 人工都市の美意識

Kazutaka Sakai | name is kyoto

Hayato Nishimura | Mounds

Takeshi Uematsu | Live madness with thorough sanity

Michie Futagawa | あとのあとは 後の後であり 後の跡でもあり 後の痕でもある

Haruko Nakamura | 光の音

Kyoto Photographers Society-Nobuyoshi Ochi, Yoshiki Kawanishi, Masaru Kusaki, MIN WOONG GI, PARK SOON GOOK and others | 変わりゆく京都/変わりゆく大邱

Lucas Leglise, Mana Kikuta | スープ

Narumi Hiramoto, Yasuhide Yoshimura | showcase#10 “反響する違和感” curated by minoru shimizu

Junko Kaisato | SKIN_地球の肌

Yasuhiro Mitsuhashi | 駅と彼女。

Photo Circle SKIP | SKIP 07 -MIRRORS OR WINDOWS ?-

Kenichi Narumi | 目をつむる写真展 滋賀⇔京都2022 -境界を超えて-

MUGA | d●●● p▲▲ i■■■■

Owari | 祝いと呪い

Aki Kojima | 泥の中に射す

Yuho Kusakabe | 永遠と一瞬

Akiko Isobe | Extras in the Fog

Naoki Miyashita | Neighbor's awaken.

Yoshitaka Taniguchi | 「防潮堤の窓」 ~ What can you see through the windows of the seawall for Tsunami ? ~

Flavio Gallozzi | なでしこ

Naoyuki Takagi | 祈り

Kei Mizuno, Kenichi Sawazaki | バーチャル世界の食卓

Li-Ying CHIU | 「亦實亦幻」

The Crown Letter | コロナウィークリー日記・世界各国の女性アーティストの視点

Vincent FOURNIER | POST NATURAL HISTORY - ARCHEOLOGY OF THE FUTURE

Mitsuru Hashimoto | Style Photo DARK 2021−2022

Jens Sundheim | 遠い真実の影

Miwako Iga | Narrative & Non-Narrative

Motoko Sato, Yumiko Suga | 仄仄

For photographers and galleries
ANNOUNCE

Call for Entry

News

お知らせ
MORE