Exhibitions

04

Frank Horvatフランク・ホーヴァット

フランク・ホーヴァット写真展
Un moment d’une femme presented by CHANEL NEXUS HALL

嶋臺(しまだい)ギャラリー
10:00 – 18:00|休:月曜(4/30以外)

※ 各会場入場は閉館の30分前まで。

入場無料

フランク・ホーヴァット「ルーヴル河岸通りのカップル」、1955年、パリ、フランス © Frank Horvat

フランク・ホーヴァット 「靴とエッフェル塔」、雑誌『シュテルン』、1974年、パリ、フランス © Frank Horvat

フランク・ホーヴァット「クロード」、〈ベリーシミラー〉シリーズ、1984年 © Frank Horvat

今年90歳となるフランク・ホーヴァットは、1950年代 からファッション写真の表現にルポルタージュ的感覚を取り入れるなど新風を吹き込み、このジャンルの黄金期を担った写真家の一人として知られる。国内初の本格的な個展となる本展では、《女性》を切り口に、後世に多大な影響を及ぼしてきた代表作や、ジャーナリスティックな初期作、私的なプロジェクトによる作品などが出展される。ホーヴァットの彩りあふれる人生における思い出深い瞬間を捉えた作品と出会う貴重な機会となる。(シャネル・ネクサス・ホール[会期:2018年1/17 – 2/18]からの巡回展となる)
フランク・ホーヴァット
1928年4月28日オパティヤ(当時はイタリア領、現クロアチア領)生まれ。現在は生活と仕事の場をフランスに置く。50年代から80年代末にかけて発表したファッション写真で最もよく知られるが、彼の写真作品にはフォトジャーナリズム、ポートレート、風景、自然、彫刻なども含まれる。広く旅をしてきたホーヴァットは、4つの言語を流暢に話し、執筆もする。80年代後半に写真家仲間(エドゥアール・ブーバ、ロベール・ドアノー、サラ・ムーン、ドン・マッカラン、ヘルムート・ニュートン、マルク・リブーら)へのインタビューをまとめた重要な書籍を出版。90年代初めにはデジタル写真を試した最初の人々の一人となる。2011年、彼が作成した最初のiPad用アプリケーション「Horvatland」をネット上に公開。5人の子どもと10人の孫がいる。
しまだいギャラリー
〒604-0844 京都市中京区御池通東洞院西北角
地下鉄烏丸線または東西線「烏丸御池」駅1番出口から徒歩1分

Other Exhibitions