Sponsors & Partners

  • TOP
  • Sponsors & Partners

Main Sponsor

BMW Group Japan はこのたび、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭のメインスポンサーとして、2017年より3年間継続的にこの活動を支援することを決定しました。

Arnold Newman, Andy Warhol, painter and printmaker, New York, 1973 © 1973 Arnold Newman / Getty Images

BMW x KYOTOGRAPHIE
Main Sponsor
BMW Group Japanはこのたび、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭のメインスポンサーとして2017年より3年間継続的にこの活動を支援することを決定しました。

BMW Art Car by Andy Warhol, BMW M1 group 4 racing version, 1979, at the Paris Photo Los Angeles at Paramount Studios © BMW AG (04/2013). KYOTOGRAPHE 2017 で展示

KYOTOGRAPHIE 2017で運行されたBMWシャトルカー

BMW と アート
BMWグループは40年以上にわたり国際的な文化支援事業を続けており、現在全世界で100件を超える文化プロジェクトに関わっています。BMWは主にモダン&コンテンポラリー・アートのほか、クラシック音楽、ジャズ、建築、デザインなどのジャンルにおいて長期的な支援を行っています。これまで、アンディ・ウォーホルとロイ・リキテンスタイン、オラファー・エリアソン、ズービン・メタ、アナ・ネトレプコ、ジェフ・クーンズら、数多くのアーティストに愛され、BMWとコラボレーションを組んできました。
BMW と KYOTOGRAPHIE
KYOTOGRAPHIEへの協賛活動は、自由な創造活動の保証を重んじ、自動車メーカーとして重要な革新を成し遂げるにも、画期的な芸術作品の誕生にも、欠くことのできない要素であると認識しています。また、京都市は環境モデル都市として活動を行っており、持続可能なモビリティを推進するBMW iの価値観と一致することから協賛を決めました。
3年間のスポンサーシップ契約の記念すべき最初の年となる2017年、KYOTOGRAPHIEにおいてBMWは肖像写真の巨匠として知られるアーノルド・ニューマンの没後初の日本での回顧展をサポートします。マリリン・モンローやピカソ、ストラヴィンスキーなどの有名なポートレート写真によって広く知られるニューマンの作品には、BMWが1975年から発表し続けているアートカーを手がけているアーティストも少なくありません。

FUJIFILM x KYOTOGRAPHIE
Top Sponsor
表現手段としての「写真」の可能性を見据えるフェスティバル「KYOTOGRAPHIE」を、1934年創業の「富士フイルム」が支援。写真文化の発展に寄与するスペシャルなコラボレーションが実現。

FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition + フジノンレンズXF23mmF2 R WR

KYOTOGRAPHIEが企画・連携する下記イベントへの賞品を提供いただきました
– ポートフォリオレビュー FUJIFILM AWARD 賞品
FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition + フジノンレンズXF23mmF2 R WR
— 写真入門スクールコンテスト「LOVE」- 小中高生を対象とした教育プログラム
「カメラは写真を撮るためにある」を理念にしてきた富士フイルムが、今年初めてKYOTOGRAPHIEとコラボレーションすることになりました。
「国内は海外に比べ、『カメラ・ショウ』と『写真祭』の間の距離が大きいように感じます」と富士フイルム株式会社・光学電子映像事業部の青山国雄氏は語る。
「カメラファンはカメラという機械や撮影手法に重きがあり、写真ファンは撮影の結果である写真・コンテンツに主題があります。
しかし、それらは本来ならば不可分のもので、その双方に興味を持って然るべきでしょう。一方、富士フイルムはカメラメーカーでもありますが、それ以前に写真メーカーであります。写真のためにカメラを開発し、写真感材を製造してきたというわけです」
富士フイルムの製品開発の歴史をひもといてみると、フィルムから印画紙、カラーからモノクロ、さまざまなフォーマットのカメラと、多種多様なラインアップを取りそろえてきたことが分かる。「写真表現の歴史は、機材の歴史でもあります」と青山氏。
現代のアーティストたちに刺激を
今回は、TOILETPAPER 展に「富士フイルム GFX 50S」の撮影体験ができるフォトスタジオが登場するほか、ヤン・カレンや荒木経惟、山城知佳子をはじめとする出展作家が富士フイルムの製品を使用し、作品制作やワークショップを展開する。「写真表現はそれだけで成り立つものではなく、背景にはカメラや印画紙などの道具があります。今回は現代作家が現代の機材を使うということに、夢を感じています。若い作家たちにも、制作へのインスピレーションを与えることができたらうれしいです」(前掲青山氏)

「Coming into Fashion – A Century of Photography at Condé Nast.」京都市美術館別館 1階 KYOTOGRAPHIE 2016 © Takuya Oshima

CHANEL x KYOTOGRAPHIE
Top Sponsor
KYOTOGRAPHIEの6年間の発展はつねにこのネクサス・ホールからの支えと共にあります。

「Coming into Fashion – A Century of Photography at Condé Nast.」京都市美術館別館 1階 KYOTOGRAPHIE 2016 © Naoyuki Ogino

第一回からKYOTOGRAPHIEへの支援をいただいているCHANELの精神は、芸術を愛し支援したガブリエル シャネルの精神に端を発し、シャネル・ネクサス・ホールの活動によって現代へと受け継がれています。
シャネル・ネクサス・ホール、エキシビション部門は写真展を中心に、絵画や彫刻など、さまざまなアート作品の展覧会を開催しています。アーティストに、チャレンジと発表の機会を提供すると共に、今まで誰の目にも触れられていない作品を紹介するなど、シャネルならではの出合いがもたらす企画を行っています。

本年はフランク ホーヴァット写真展 Un moment d’une femme が京都へ巡回します。

これまでのシャネル・ネクサス・ホールからの巡回展
2013 NAOKI
2014 Signature of Elegance – リリアン バスマンの仕事
2015 マルク リブー 「Alaska」
2016 Coming into Fashion – A Century of Photography at Condé Nast
コンデナスト社のファッション写真でみる100年
2017 MEMENTO MORI ロバートメイプルソープ 写真展
ピーターマリーノコレクション
2018 フランク ホーヴァット写真展 Un moment d’une femme

アーウィン・ オラフ「Light by Erwin Olaf presented by Ruinart」ASPHODEL KYOTOGRAPHIE 2016 © Takuya Oshima

Ruinart x KYOTOGRAPHIE
Top Sponsor
創業以来アートとの深い繋がりを持つルイナールは2017年に引き続き、今年もKYOTOGRAPHIEを支援します。

Erwin Olaf, “Light by Erwin Olaf presented by Ruinart,” ASPHODEL KYOTOGRAPHIE 2016 © Takuya Oshima

1729年、世界で最初のシャンパーニュ・メゾンとして誕生したルイナール。
コート・デ・ブランとモンターニュ・ド・ランスで収穫された最高品質のシャルドネ種ブドウを巧みに選定し、「清らかさ」「フィネス」「エレガンス」を追求しその繊細でフレッシュ、丸みのある豊かな味わいを引き出す高い技術を有するシャンパーニュづくりのエキスパートであることから、「シャルドネ・ハウス」とも呼ばれています。

2016年のKYOTOGRAPHIEでは、世界的なフォトグラファー アーウィン・オラフとのコラボレーション作品「Light by Erwin Olaf presented by Ruinart」の日本初公開し、好評を博しました。
今年のKYOTOGRAPHIEでは、ルイナール創業家の子孫であるジャダ・リパの写真を紹介します。ジャダは、先祖であるマティルド・ルイナールと、彼女が1860年代幕末で交流したフェリーチェ・ベアトに思いを馳せて、その足跡を「The Yokohama Project 1867 – 2016」というシリーズにまとめました。

会期中は京都市内を中心に約100店舗のレストランやバーでアートを彩るルイナールのシャンパーニュをお楽しみ頂けます。