2024.04.13 - 05.12

1

Birdhead Birdhead(鳥頭)

Welcome to Birdhead World Again, Kyoto 2024

Presented by CHANEL NEXUS HALL

キュレーター:フィリップ・ティナリ
セノグラファー:小西啓睦 (miso)

誉田屋源兵衛 竹院の間、黒蔵

10:00–18:00 休館日: 4月18日・25日、5月2日・9日

※入場は閉館の30分前まで

入場無料

パスポートチケット、単館チケットの詳細はこちら

Birdhead(バードヘッド/鳥頭)は、2004年に結成されたソン・タオ(宋涛/1979年生)とジ・ウェイユィ(季炜煜/1980年生)の2人によるアートユニットです。中国の経済と社会が世界に開かれつつあった時期に、彼らの故郷である上海の都市変容を記録したクロニクルで一躍注目を集めました。20年に及ぶ活動を通じ、自分たちを取り巻く世界に声を上げ、称賛し、また批評するために写真の技術や物語性の限界に挑戦し続けています。

Birdhead初の京都での展覧会となる本展は、280年の歴史をもつ帯問屋・誉田屋源兵衛の建築的特徴や歴史的背景を活かした2部構成となっています。明治期から大正期にかけて建てられた竹院の間では、彼らの代名詞ともいえる作品で、昨年京都と東京で撮影された124点のイメージからなる《Matrix》の新作を展示。加えて、入念に組み合わされた写真画像を木材に直接シルクスクリーン印刷し特殊なラッカー技術で定着させた、《Bigger Photo》シリーズの最近の作品5点も展示します。

現代建築が融合する黒蔵では、写真の神秘的な力を崇める空想の宗教「Phototheism」という彼らの冷笑的な概念を提示します。この“宗教”とその信条「We Will Shoot You(我らは汝を撮影す)」を根底として、コラージュ画像、インスタレーションが暗い空間に鎮座し、原始的な崇拝を想起させます。これらの作品を総合すると、写真界のみならず、中国、ひいては世界の現代アート界に存在感を放ってきたBirdheadの独特な世界が見えてきます。

©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2024

©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2024

©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2024

©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2024

Birdhead, <span class="u-italic400">Breeze</span> © BIRDHEAD Studio

Birdhead, Breeze © BIRDHEAD Studio

Birdhead, <span class="u-italic400">Bigger</span> Photo © BIRDHEAD Studio

Birdhead, Bigger Photo © BIRDHEAD Studio

Venue 入場料

入場無料

パスポートチケット、単館チケットの詳細はこちら

artist アーティスト

Birdhead Birdhead(鳥頭)

2004年に結成されたソン・タオ(宋涛/1979年生)とジ・ウェイユィ(季炜煜/1980年生)の2人によるアートユニット。共に上海美術工芸学校卒、上海を拠点に活動。
写真画像を使ったマトリックス、コラージュ、特殊なマウント技法、インスタレーション、フォトブックなど多様なメディアを駆使した作品を展開。様々な展示空間や環境の中で、多義的で進化し続ける独自の「Birdhead World」を実現させている。
近年では「Feeling the Stones」展(ディリーヤ・ビエンナーレ、サウジアラビア、2021年)や「海浪」展(上海当代芸術博物館、上海、2020年)など、多くの展覧会に出展。その作品はテート・モダン、ニューヨーク近代美術館、上海当代芸術博物館等に収蔵されている。

Venue 会場

誉田屋源兵衛 竹院の間、黒蔵

開館時間

10:00–18:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日

4月18日・25日、5月2日・9日

住所

京都市中京区室町通三条下ル 西側

アクセス

地下鉄烏丸線または東西線「烏丸御池」駅 6番出口から徒歩4分

Related Events 関連イベント

view all schedule

view all schedule

Other Exhibitions of KYOTOGRAPHIE その他の展示

All Programs

all programs

Back