2024.04.13 - 05.12

トーク + 交流会:ジャイシング・ナゲシュワラン「ジャイシング・ナゲシュワランとの対話」

要予約

無料

2024.4.20
15:00―16:30 (定員に達しました)

TIME'S

<br />
<b>Warning</b>:  Undefined variable $caption in <b>/home/kgvr/kyotographie.jp/public_html/ver2023/wp-content/themes/kg2023/single-events.php</b> on line <b>120</b><br />

© Jaisingh Nageswaran

重要なお知らせ
本イベントには、パスポート又は単館チケットが必要となります。使用済みチケットはご利用出来ませんのでご注意下さい。

Speakers Speakers

  • ジャイシング・ナゲシュワラン(KYOTOGRAPHIE 2024 アーティスト)

    タミル・ナードゥ州ヴァディパッティ村(インド)出身。独学で写真を学ぶ。労働者階級で育ったという生い立ちを乗り越えるように祖母から教育を受ける。社会から疎外されたコミュニティの生活を写し取ることに重点を置き、ジェンダー・アイデンティティやカースト差別、農村の問題をテーマとした作品を発表している。パンデミックの中では自身のルーツに立ち返り、幼少期の記憶や4世代にわたる家族の歴史を記録しながら、ダリット(ヒンズー教のカースト制度の最下層民)のレジスタンス(抵抗)とレジリエンス(回復)に焦点を当てている。彼の作品は個展やグループ展で世界中で紹介され、Serendipity Arts Foundationの助成金やアルル国際写真祭の助成金を受けている。またマグナム財団のPhotography and Social Justice Fellowshipにも選出されている。2023年には第13回アフリカ写真ビエンナーレでプロジェクト「I Feel Like a Fish」が紹介され、KYOTOGRAPHIEでKG+ SELECT 2023グランプリやフランスのケ・ブランリ美術館のJacques Chirac写真賞などを受賞している。

Date 日時

2024.4.2015:00–16:30(定員に達しました)

Venue 会場

TIME'S

住所

京都市中京区三条通河原町東入中島町92番

アクセス

地下鉄東西線「三条京阪」駅、または京阪本線「三条」駅 徒歩3分

Fess 料金

無料

Language 言語

英語/日本語(通訳あり)

Related Programs 関連展示

view all schedule

view all schedule

Related Events 関連イベント

view all schedule

Back