2024.04.13 - 05.12

James Mollison ジェームス・モリソン

Where Children Sleep

Supported by FUJIFILM

セノグラファー:小西啓睦 (miso)

ケニア生まれ、イギリス育ち。ニューポート・スクール・オブ・アートで映画と写真を学んだ後、イタリアに渡り、ベネトンのクリエイティブ・ラボ、ファブリカで働く。現在ヴェネツィア在住。社会的・文化的テーマに独自のコンセプトを適用した作品を発表している。KYOTOGRAPHIE 2024で発表する「Where Children Sleep」は世界中の子供たちとその寝室をテーマにした進行中のプロジェクトで、子供たちの生活の複雑な現実を探求している。2010年に第1巻、2023年に第2巻を出版。これまで刊行した写真集に、『Playground』(子どもたちが遊ぶ校庭の風景写真)、『The Disciples』(コンサートの前後に撮影された音楽ファンのパノラマポートレート)、『The Memory of Pablo Escobar』(「史上最も裕福で最も凶暴なギャング」の驚くべき物語を、モリソンが集めた何百枚もの写真で語る)、『James and Other Apes』(類人猿の「パスポート」写真)などがある。これらのプロジェクトは、世界中の美術館やギャラリーで広く展示されている。

Nemis, Montreal, Canada, from the series <span class="u-italic400">Where Children Sleep</span>  ©︎ James Mollison

Nemis, Montreal, Canada, from the series Where Children Sleep ©︎ James Mollison

Joshi, Rajkot, India, from the series <span class="u-italic400">Where Children Sleep</span>  ©︎ James Mollison

Joshi, Rajkot, India, from the series Where Children Sleep ©︎ James Mollison

Nirto, Dadaab Refugee Camp, Kenya, from the series <span class="u-italic400">Where Children Sleep</span>  ©︎ James Mollison

Nirto, Dadaab Refugee Camp, Kenya, from the series Where Children Sleep ©︎ James Mollison

Other Exhibitions of KYOTOGRAPHIE その他の展示

All Programs

all programs

Back