Exhibitions
                   

12

トマ・デレームThomas Dhellemmes

Légumineux 菜光
-ヴェルサイユ宮殿庭園の古代種-

両足院(建仁寺山内)
10:00–17:00 | 休:9/23、10/11–13

一般 ¥1,000
学生 ¥600(要学生証提示)
(同会場で開催される八木夕菜展もご覧いただけます)

※入場は閉館の30分前まで。

トマ・デレーム《Légumineux, solanum lycopersicum - トマト》2009年 ©Thomas Dhellemmes

トマ・デレーム《Légumineux, daucus carota - ノラニンジン》2009年 ©Thomas Dhellemmes

トマ・デレーム《Légumineux, cucurbita mochata duchesne - カボチャ》2009年 ©Thomas Dhellemmes

1963年フランス生まれ、現在パリ在住。幼少時より写真に熱中する。
ヴィジュアルアートを学んだのち、カーボベルデ共和国に移住。パリに戻って来たのち、写真に身を捧げることを決意する。写真スタジオ「Atelier Mai 98」を設立し、ライフスタイル・美食・ラグジュアリーをテーマとしたコミッションワークを手がけるほか、個人の作品制作にも力を注ぐ。2000年代以降はポラロイド「SX 70」 を使用して作品を制作。
KYOTOGRAPHIE 2021では、ヴェルサイユ宮殿の歴史ある「ポタジェ・デュ・ロワ(王の菜園)」で栽培が続けられている、希少ながら守られている古代種の野菜を撮影した「Légumineux」シリーズを展示する。
デレームの作品は、生命の儚さや賢さ、根源的な力を私たちに語りかける。

Access

両足院(建仁寺山内)
京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町591
京阪「祇園四条」駅3番出口から徒歩7分
阪急「京都河原町」駅1番出口から徒歩10分

Other Exhibitions