Facebookページで最新情報を発信しています
 #kyotographie
 インターン/サポートスタッフ募集

フランス国立ギメ東洋美術館・写真コレクションより 山茂堂「結婚式」1870 年代 © MNAAG.

アーノルド・ニューマン 「イゴール・ストラヴィンスキー、作曲家・指揮者」ニューヨーク、1946 年
© 1946 Arnold Newman / Getty Images

山城知佳子 《土の人》 2016年
協力:あいちトリエンナーレ 2016
© Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

ジャダ・リパ「城の堀」《The Yokohama Project 1867 - 2016》シリーズより、2015 年 © Giada Ripa

ハンネ・ファン・デル・ワウデ「バスタブに入る兄弟たち」マラコフ、フランス、2011年© Hanne van der Woude

吉田亮人「Falling Leaves」2017年 "Falling Leaves" 2017 © Akihito Yoshida

スーザン・バーネット「Life is Love」2014年© Susan Barnett

ラファエル・ダラポルタ 「Chauvet ‒ Pont-d’Arc L’inappropriable (Éditions Xavier Barral) 」2016 年
© Raphaël Dallaporta / Éditions Xavier Barral

ルネ・グローブリ The Eye of Love, # 535
© René Groebli, courtesy Galerie Esther Woerdehoff

ロバート・メイプルソープ「チューリップ」1984 年
© Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

イサベル・ムニョス 「イスタンブール、トルコ」《メヴレヴィー教団》シリーズより、2008 年 © Isabel Muñoz

ヤン・カレン「ノコ I / 牧神祭具店 / 京都」2017年 © Yan Kallen

荒木経惟「机上の愛」2016 年
© Nobuyoshi Araki, Courtesy of Taka Ishii Gallery

Photography by TOILETPAPER: Maurizio Cattelan and Pierpaolo Ferrari.

ザネレ・ムホリ「Bester 1, Mayotte」2015 年 © Zanele/Stevenson/Yancey Richardson

agnés b. 写真コレクションより オリビア・ビー「Pre-Kiss」2010 年 © of the artist and Collection agnés b.

主催: 一般社団法人KYOTOGRAPHIE
共催: 京都市、京都市教育委員会

メインスポンサー: ビー・エム・ダブリュー株式会社

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する本写真祭も、回を重ねるごとに好評を博し第4回までに約25万0000人の方にご来場いただき、2017年に第5回目を開催する運びとなりました。

2017年のテーマはです。人類はさまざまな形の愛のもと多様性を維持し、社会を形成しながら、子孫繁栄といういわば種の保存のための戦略をとり、自然界に存在しています。私たちが「愛」と呼ぶ感覚や概念は、宗教観、歴史、地域性、生活環境など、個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります。その差異や軋轢が、時に愛を憎悪へと反転させ、時に無関心という愛の大きな欠如となり、殺人、戦争、社会的弱者へのいわれのない暴力など、現代社会が抱える深刻な事態へと発展しさえします。
だからこそ私たち人類は、愛がいかに偉大で必要不可欠ものであるかを知り、いわば本能的に多種多様な愛を求めて止みません。
(KYOTOGRAPHIE 共同創設者/共同代表 ルシール・レイボーズ & 仲西 祐介)

Main Program Artists & Venues 作家・会場情報  全てのプログラム内容・展覧会名・会場の情報は3月1日現在のもので、 予告なく変更になる可能性がございます

数カ所の展覧会を廻る週末ガイドツアーやトークイベント、体験型ワークショップなど、来場者向けのイベントはもちろん、インターナショナル・ポートフォリオレビューや、展示作家から写真制作を多角的に学ぶマスタークラスなど、学生・アマチュア・プロに向けた写真にまつわるあらゆるプログラムを用意しています。
また、お子さまにもフェスティバル(= お祭り)を楽しんでもらえるよう、キッズワークショップなどのキッズプログラムも充実しています。

[関連事業]

東アジア文化都市2017 京都
ICOM(国際博物館会議)京都大会2019