3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

盛況のうちに閉幕いたしました。ご来場ありがとうございました。

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

ギメ東洋美術館よりアポリネール・ル・バ [日本の武者]、1864
© Guimet National Museum of Asian Arts

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

ルーカス・フォ-リア[ドングリとポッサムのシチュー、ワイルドルーツホームステッドにて]、
ノースカロライナ、2006, Courtesy of galerie du jour agnès b, Paris © Lucas Foglia

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

マルティン・グシンデ[セルクナム族の通過儀礼ハインにて、道化師ウレン役]、1918-1924, ca.
© Martin Gusinde / Anthropos Institut / Éditions Xavier Barral

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

ロジャー・バレン[擬態]、2005
© Roger Ballen

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

フランシス・ウルフ[ジョン・コルトレーンアルバム『ブルー・トレイン』に使用された写真]、1957

© Francis Wolff/Mosaic Images

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

ノ・スンテク[reallyGood, Murder], 2008
© Noh Suntag

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

マルク・リブー[Alaska]より、1958
© Marc Riboud

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

山谷佑介[Tsugi no yoru e]、 2010
Courtesy of Yuka Tsuruno Gallery © Yusuke Yamatani

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

ヨシダ キミコ [絵画(パオロ・ウッチェロ画サン・ロマーノの戦い)]、
セルフポートレート、2010© Kimiko Yoshida

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

オリバー・ジーバー [ジェシ-]、ドルトムンド、2006
© Oliver Sieber

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

榮榮&映里 [妻有物語]、2014
© RongRong & inri

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

フォスコ・マライーニ [海女の島]より、日本、1954
© 2015 MCL - Vieusseux - Alinari

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

ルイ・ジャム[プリピャチの子ども], 1991
©Louis Jammes

3rd EDITION, April 18th – May 10th, 2015.

> Detail
> English Site

ボードワン・ムアンダ[バコンゴのファッショニスタ「サプール」], 2008
© Baudouin Mouanda

「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」は、世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭です。日本および海外の重要作家や貴重な写真コレクションを、趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展開し、伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションを実現するなど、京都ならではの特徴ある写真祭を目指しています。また、京都が一年でもっとも美しくなると言われる春の季節に、約3週間にわたって開催されることも大きな特色の一つと言えるでしょう。

第3回目となる今年は、会場を15カ所に設置、計9カ国14組の作家が参加します。期間中は、展覧会場のほかに、市内各所の画廊、カフェ、教育施設など約50の会場で、国内外の若手作家展を中心としたサテライトイベント KG+(ケージープラス)や、子どもから大人までを対象とした様々なパブリックプログラムも多数予定されています。

私たちの社会や日常に不可欠なメディアとなっている写真ですが、芸術表現としてまだまだ大きな可能性を秘めています。この写真祭では、芸術写真における「見るもの/見られるもの」「写す者/写される者」といった関係のあり方を、様々な形で提案していきます。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2015は盛況のうちに閉幕いたしました。
ご来場ありがとうございました。

2015年のクロージングレポートはこちらからダウンロードしていただけます。
今年のフェスティバルのテーマ、展覧会、パブリックプログラムや各イベントの概要をご覧いただけます。
2016年のテーマやプログラムも随時アップいたします。ご期待ください。

「FRIENDS of KYOTOGRAPHIE」は当フェスティバルをサポートしてくださる皆様の会員制度です。「フレンド会員」として国際的な写真展の京都開催をご支援いただき、様々な会員特典をお楽しみください。
また、クラウドファンディングプロジェクトも開­始しました。
> 詳細を見る

Closing Report 2015 [PDF]
Closing Report 2014 [PDF]
Closing Report 2013 [PDF]

> 詳細を見る