30

ウエマツ タケシ

Takeshi Uematsu

Live madness with thorough sanity

haku kyoto

この度、haku kyotoではウエマツ タケシの個展「Live madness with thorough sanity」を開催する。 今回の展覧会では、ウエマツが山形ビエンナーレ2020で出品した映像作品と、これに関連する写真作品の展示を行う。この映像作品は、彼が撮った写真で構成されているが、写真の連続から生まれる一つの短編映画とも言える。 今回のシリーズは、彼が普段撮っている街中でのストリートスナップとは違い、 自然の中に身を置き、向き合い、シャッターを切ったものである。 小説家の小杉天外は「はやり唄」という著書の中で、「自然は自然である。善でも無い、悪でも無い。美でも無い、醜でも無い。ただ或る時代の或る国の或る人が、自然の一角を捉へて勝手に善悪美醜の名を付けるのだ。」と語っている。 この作品に明らかなストーリーや物語、登場人物はない。しかし、鑑賞者は、記憶や己の潜在意識と結びつけて、そこに何かをイメージするだろう。 その何かは千差万別であり、正しいも間違いもないのである。 どんなことがあっても、あなたはあなたであり、周りは周りなのである。 「Live madness with thorough sanity」

haku kyoto

11:00 - 19:00

入場無料

Open: 4/23-5/8 11:00-19:00 Closed: Tue. Wed. (Open on National holidays)

haku kyoto

〒600-8032 京都市下京区中之町566 haku 1F

Other Exhibitions

その他の展示

Noriko Takasugi | むすひ

Yumiko Izu | うつろい

MUGA | d●●● p▲▲ i■■■■

Ruriko Taguchi | CUT OFF