SCREENING

特別上映|「Blue Affair」

QUESTION

“Recurring recollections of his time in a town started infiltrating the dreams of a photographer, pushing him to return to the dream and leaving reality.”

Blue affairは、写真家・岡原功祐の中で夢となって現れた、コザという街での記憶を元にして作られた実験映像作品及び写真集です。写真家によって撮影された静止画のみで構成されたこの作品は、見る者を夢と現実の境界線の向こう側へといざないます。

本作品は、2022年度の世界報道写真コンテストにおいてアジア賞を受賞、またラス・パルマス国際映画祭では審査員特別賞、札幌国際短編映画祭では実験映画賞を受賞しました。世界最大の短編映画祭であるクレルモン・フェラン短編映画祭でも8000作品以上の中からコンペ部門にノミネートされるなど、注目が集まっています。

上映後は岡原監督によるサイン会とティーチイン。

2021年 / 日本
12分47秒
日本語(英語字幕)

会場
QUESTION
日時
  • 2022.4.23 15:00~16:00
言語
日本語

QUESTION

〒604-8006 京都府京都市中京区下丸屋町390−2

岡原功祐

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南ア国立WITS大学大学院中退。
人の居場所を主なテーマに撮影を続けている。2009年に世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶ Joop Swart Masterclass に日本人として初選出。またPhoto District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。2010年には『Ibasyo』で、W.ユージン・スミス賞フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品で斬新なドキュメンタリー写真に贈られるピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞した。これまでに6冊の写真集を上梓。アートブック制作も精力的に行い、中国のハンセン病村を記録した「消逝的世界」は、バイエルン州立図書館で行われたアートブックの展覧会においてピカソやキース・ヘリングの作品とともに展示され、同館のパーマネント・コレクションとしても収蔵された。またライカ社100周年記念展では、数少ない日本人作家の一人として作品が各国を巡回した。東京都写真美術館、ケブランリー美術館、C/Oベルリン、パリフォト、AIPADなど、各国の美術館やギャラリー、アートフェアでも作品が展示されている。2008年に渡仏。パリで活動していたが、2018年に帰国。京都を拠点に活動を始め、2019年の Kyotographieではメインの展示作家として、Ibasyoの展示とともに、Magnum Live Labの展示も行った。また、写真のみを使った映像作品の制作も行い、アカデミー賞公認で世界最大の短編映画祭であるクレルモン・フェラン国際短編映画祭のコンペ部門オフィシャルセレクションに「blue affair」が選出され、ラス・パルマス国際映画祭の短編コンペ部門では同作品で審査員特別賞、札幌国際短編映画祭では最優秀コンテンポラリー・エクスペリメンタル賞を受賞した。また同作品は、2022年度の世界報道写真賞も受賞した。パリのPolkaギャラリー及びベルリンの Only Photogrpahyギャラリー契約作家。

岡原功祐

Other Events

その他のイベント

KIDS

2022.4.16(土) | 13:00-14:00

2022.4.16 Sat | 13:00-14:00

子ども向けワークショップ | ニールズヤード レメディーズ「香育」[日]

八竹庵(旧川崎家住宅)

TALK

2022.4.30(土) | 14:00-15:30

2022.4.30 Sat | 14:00-15:30

「SHINING WOMAN PROJECT at KYOTOGRAPHIE 2022」対談| 殿村任香 × 澤田守男 (医療法人財団 足立病院 院長)[日]

QUESTION

TOUR

2022.5.8(日) | 15:00-16:00

2022.5.8 Sun | 15:00-16:00

アーティストツア | マイムーナ・ゲレージ[伊・日]

嶋臺ギャラリー

Related Exhibitions

関連展示

世界報道写真展

世界報道写真展「民衆の力」─1957年から現在までの抗議行動のドキュメント

堀川御池ギャラリー