Public Events

  • TOP
  • Public Events
  • 「表現の自由、表現と暴力。その間に横たわるものについて」

「表現の自由、表現と暴力。その間に横たわるものについて」

5.6 Mon. 15:00—17:00

mumokuteki hall

[日]
Free

丹下絋希(人間/映像作家)
安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション代表/フォトジャーナリスト)
谷口真由美(メディアにおけるセクハラを考える会)

抑圧され続ける表現の自由。失われたジャーナリズムの信頼。辿り着けない真実。私たちは、得たものばかりを賞賛し、失っているものの大きさにようやく気がつきはじめたように思います。これからどのように自由や信頼、真実と向き合うのでしょうか。問題に対して批判の側面ばかりを語るのではなく、自らの問題として考え、私たちができることは何かということも考えていかなければいけません。「表現の自由」と「表現と暴力」の問題に対して、参加者の皆様と意見を交え、新しい時代と表現を探求していきましょう。

協力:株式会社ヒューマンフォーラム
丹下絋希
丹下絋希(人間/映像作家)
京都府在住。 人間、ときどき映像作家。たまにアートディレクター。そして二児の父親。主婦兼、現役PTA会長。 視点を変えて生きていく社会芸術運動「Noddin」創設メンバー。 戦争のつくりかたアニメーションプロジェクト発起人。 作品として、「未来への手紙」「私たちという傍観記録」「あなたを心配する手紙」「騙されない機能付きテレビ真実一号」「自由の本棚」「概念ガチャ-お金とは何か?」 そして、架空の政党「自由無人党」党員。憲法97条の会発起人の1人。 差別などの理不尽、自然の破壊、暴力、戦争のない、ちょうどいい人間を目指す。
安田菜津紀
安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。
アイリーン・美緒子・スミス
アイリーン・美緒子・スミス
1950年、東京生まれ。68年スタンフォード大学入学、70年中退、83年コロンビア大学で環境科学の修士号取得。70年〜71年ユージン・スミスの写真展「Let Truth Be the Prejudice」(日本での展覧会名「真実こそわが友」)の展示制作を担当。その後ユージンと来日、結婚。71年秋から水俣病取材のため、水俣に3年間住む。75年写真集「MINAMATA」の英語版をユージン・スミスと出版。80年「水俣」の日本語版を出版(三一書房)、「かくれ切支丹」を写真撮影(遠藤周作共著、角川書店)。中尾ハジメとアメリカ、ペンシルバニア州で79年に起きたスリーマイル島原発事故調査のため、現地に1年間住みその後も住民インタビューを行う。83年以来、福井県若湾の原発の安全性の問題に取り組み、90年高速増殖炉計画に反対する「ストップ・ザ・もんじゅ」事務局設立に参加。現在、脱原発、日本の原子力政策、プルトニウム利用問題に取り組む市民グループ「グリーン・アクション」代表。グリーンピース・ジャパン理事長を経て現在理事。有限会社アイリーン・アーカイブ社長。環境ジャーナリスト。京都在住。
谷口真由美(メディアにおけるセクハラを考える会)
大阪大学非常勤講師、(一社)部落解放・人権研究所 第二研究部門部長、全日本おばちゃん党代表代行、メディアにおけるセクハラを考える会代表 専門分野は、国際人権法、ジェンダー法、日本国憲法。大阪大学での楽しく工夫された講義は名物となり、大阪大学共通教育賞を4度受賞。大学教員のかたわら、“庶民目線の政治”を訴えるために、2012年に「全日本おばちゃん党」をFacebook上で立ち上げ、党員は世界各地から6000名を超える。世界のメディアからの注目も高く、仏紙リベラシオンのポートレイト欄に紹介されたほど。また、新聞、TV、ラジオのコメンテーターとしても活躍。】 著書 『ハッキリ言わせていただきます!』(集英社) 『日本国憲法 大阪おばちゃん語訳』(文藝春秋) 『お笑い自民党改憲案』(金曜日) 『憲法って、どこにあるの? みんなの疑問から学ぶ』(集英社) 『どう考える?憲法改正中学生からの「知憲」(全4冊シリーズ)』(文溪堂) 『国際人権法概論』(有信堂高文社) 『レクチャー ジェンダー法 (αブックス)』(法律文化社) 『新・資料で考える憲法』(法律文化社)
mumokuteki hall
〒604-8066 京都市中京区式部町261 ヒューマンフォーラムビル 3F

Recommended Events