Public Events

  • TOP
  • Public Events
  • 【トーク】
    岡原功祐「Ibasyo─自傷/存在の証明」

【トーク】
岡原功祐「Ibasyo─自傷/存在の証明」

4.14 Sun.
14:00—15:00|サイン会 15:00—15:30

堀川御池ギャラリー 2階

Free

岡原功祐《Ibasyo-自傷する少女たち》2007年

「Ibasyo—自傷/存在の証明」展示作家の岡原功祐が、自身のプロジェクトの着想源や提示された問題についての洞察を語ります。本イベントを通して、岡原は社会に対してこのような課題を積極的に開示していく重要性を確立していきます。Ibasyo(居場所)プロジェクトでは、自傷行為で悩みを抱える6人の日本人の少女たちを記録しています。イベント後にはアーティストによるサイン会を開催します。
注意事項
※例年ご好評を頂いております無料イベントは、事前予約を受け付けておりません。
※会場にお越し頂いた方から順番に御案内致しております。
※最新情報はウェブ等で御確認ください。
※イベント開始10分前には会場へお越し頂く事をお勧め致します。
※いくつかの会場はお席に制限があります。予めご了承ください。
岡原功祐
1980年東京都出身。早稲田大学卒。南ア国立WITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続けている。2009年に世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出されており、またPhoto District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。2010年には本作『Ibasyo』で、人間性や社会性を重視した写真作品に贈られるW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品で斬新なドキュメンタリー写真に贈られるピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞した。これまでに東京都写真美術館、ケブランリー美術館、C/Oベルリン、バイエルン州立図書館など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。
堀川御池ギャラリー 2階
〒604-0052 京都市中京区押油小路町238-1
地下鉄東西線「二条城前」駅 2番出口から徒歩3分

Recommended Events