Public Events

【展覧会ツアー】
金氏徹平×金島隆弘

15:00—16:30|サイン会 16:30—17:00

京都新聞ビル 印刷工場跡 B1F

[日/英]
Free

《紙と液体 #2》2018-2019年

金氏徹平とキュレーターの金島隆弘が「S.F (Splash Factory)」を案内します。金氏徹平の遊び心あふれるダイナミックな世界を探り、作品制作の背景や着想源について理解を深めます。イベント後にはアーティストによるサイン会を開催します。
注意事項
※例年ご好評を頂いております無料イベントは、事前予約を受け付けておりません。
※会場にお越し頂いた方から順番に御案内致しております。
※イベント開始10分前には会場へお越し頂く事をお勧め致します。
※お席には制限がありますのでご了承下さい。
※最新情報はウェブ等で御確認ください。
"Sea and Pus (Concret Block)", 2018
金氏徹平
1978年生まれ、京都府在住。美術家・彫刻家。京都市立芸術大学大学美術学部彫刻科講師。2003年京都市芸術大学彫科卒業。身のまわりの事物を素材に部分を切り抜き繋ぎ合わせることで、既存の文脈を読み替えるコラージュ的手法を用いて作品を制作。横浜美術館(2009年)、ユーレンス現代美術センター(北京 2013年)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2016年)等で個展を開催、また、国内外の企画展・国際展で作品を発表している。2011年以降、舞台美術も複数手がけ、近年は舞台作品も制作している。平成24年度京都市芸術新人賞、平成27年度京都府文化賞奨励賞受賞。
金島隆弘
1977年東京生まれ、京都在住。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了後、ノキア社、株式会社東芝、東京画廊+BTAP、ART iTを経て2007年にFECを設立。展覧会企画、交流事業のコーディネーション、アーティストの制作支援、東アジアの現代美術の調査研究などを手がける。2011年よりアートフェア東京エグゼクティブディレクター、2016年よりアート北京アートディレクターを経て、現在、京都市立芸術大学大学院美術研究科芸術学博士過程に在籍。京都造形芸術大学非常勤講師、京都市立芸術大学非常勤嘱託員。
京都新聞ビル 印刷工場跡(B1F)
〒604-8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239
地下鉄烏丸線「丸太町」駅7番出口すぐ

Recommended Events