Public Events

ロミュアル・ハズメとウスビ・サコによるトーク

4/15(日) 15:00 - 16:00 [無料]

誉田屋源兵衛
〒604-8165 京都市中京区室町通三条下ル 西側 誉田屋

ロミュアル・ハズメとウスビ・サコによるトーク [仏/日]

ロミュアル・ハズメと京都精華大学学長であるウスビ・サコが本展示のことやハズメのキャリアと活動について対談します。なぜ彼がアーティストとして活動しているのか、何が彼を動かすのか、なぜ彼が世界をリードする現代アーティストの一人になったのかに迫ります。トーク後にはロミュアル・ハズメによるサイン会も開催します。
参加者への注意
・こちらは無料のイベントですが事前の御予約が必要です。
・イベント開始10分前には会場へお越し頂く事をお勧め致します。
・残席がある場合、イベント開始5分前から御案内させて頂きます。
ウスビ・サコ
1966年、マリ共和国生まれ。高校卒業後、北京語言大学へ留学したのち、南京東南大学で建築学を学ぶ。1991年に来日し、京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程修了。博士(工学)。研究対象は「居住空間」「京都の町家再生」「コミュニティ再生」「西アフリカの世界文化遺産(都市と建築)の保存・改修」など、社会と建築空間の関係性を様々な角度から調査研究を進めている。著書に『知のリテラシー・文化』(ナカニシヤ出版 2007)など。2001年に京都精華大学人文学部専任講師に就任し、2013年同学部教授となった。2018年4月1日、同大学学長に就任。
ロミュアル・ハズメ
1962年ベナン共和国ポルト・ノボ生まれ。1992年ロンドンのサーチギャラリーで開催された「アウト・オ ヴ・アフリカ」展にて、機智と皮肉に富んだ作品「マスク」を発表、脚光を浴びる。以来、彼の作品は、 大英博物館、ポンピドゥーセンター(パリ)、ICP(ニューヨーク)、ビクトリア&アルバート博物館(ロンドン)、 ファンダシオン ルイ・ヴィトン(パリ)などを含む、ヨーロッパのみならず、多くの主要なギャラリーや美術館 で展示されている。2007年にはドイツ・カッセルのドクメンタ12にてアーノルド・ボーデ賞を受賞、ハズメ は国際的アーティストとして第一線で活躍することになり、アフリカを代表する現代美術のアーティスト となる。2009年にロンドンで開催された展覧会「Made in Porto-Novo」では、BBCやThe Financial Timesなどのマスコミの関心を集め、写真、マスク、キャンバス、インスタレーションなどあらゆるメディア の作品を発表し続けている。
誉田屋源兵衛
〒604-8165 京都市中京区室町通三条下ル 西側 誉田屋

Recommended Events