Public Events

「IRREDUCTIBLES」アルベルト・ガルシア・アリックスとゴンサロ・ゴルペによるトーク

4/14(土)12:30 - 13:30 [無料]

伊藤土木ビル 2階
〒600-8846 京都府京都市下京区朱雀宝蔵町75

「IRREDUCTIBLES」
アルベルト・ガルシア・アリックスとゴンサロ・ゴルペによるトーク[西/日]

アルベルト・ガルシア・アリックスとゴンサロ・ゴルペの対談を通して、展覧会で表現された人々について、更に理解を深めていきます。慣習に捉われず、また社会からの要求は無視しながらもその一部として在り続け、常に己と向き合い何ものにも影響されず、芸術家としての生き方を貫いた人々について語り合います。トーク後にはアルベルト・ガルシア・アリックスによるサイン会も開催します。
注意事項
・例年ご好評を頂いております無料イベントは、事前予約を受け付けておりません。
・会場にお越し頂いた方から順番に御案内致しております。
・最新情報はウェブ等で御確認ください。
・イベント開始10分前には会場へお越し頂く事をお勧め致します。
・いくつかの会場はお席に制限があります。
アルベルト・ガルシア・アリックス
1956年スペイン・レオン生まれ。1980年代初頭にマドリードのBuades Galleryや、ロンドンのギャラ リーにて初個展を開催。1998年に第一回フォトエスパーニャ(PhotoEspaña)にて作品を展示し、高い評価を受ける。1999年に、スペインの国民写真賞を、2012年にフォトエスパーニャ アワードを受賞。 ソフィア王妃芸術センター(スペイン)やドイツ証券取引所、ヨーロッパ写真美術館(フランス)など、世界 各国の美術館に作品が収蔵されている。
LauraCVela
ゴンサロ・ゴルペ
1975年、マドリッド生まれ。スペインのダウスト大学にてスペイン文学を学び、編集と出版の学位を取得。セルフエディティンング(私家編纂)やグラフィックのプロダクションを専門分野とする。2010年から2013年には、セルフエディティングの写真集やアーティストの刊行物およびグラフィックのプロダクションに特化したワークショップ「Siete de un Golpe」を主催。2014年より、グラフィックアート集団「La Troupe」に所属し、主にエディトリアルと展示の両部門にて活動している。また、スペインのEspadaysantacruz Studioがプロモーションするスペインの写真家の作品をデジタルアプリ化するプロジェクト「The Portable Photo」に編集協力している。ゴルペが手がけた『THE RANDOM SERIES』(Miguel Ángel Tornero著、RM出版、2014年)、『Révélations. Iconographie de La Salpêtrière. París 1875-1918』(Javier Viver著、RM出版、2015年)がスペイン文化庁からすぐれた美術書に授与される「Premio a los libros mejor editados」にて最優秀編集賞を受賞した他、『KARMA』(Óscar Monzón著、RVB Books/Dalpine出版、2013年)がパリ・フォトにて開催されたAperture財団First Photobook Awardを受賞した。
伊藤土木ビル 2階
〒600-8846 京都府京都市下京区朱雀宝蔵町75

Recommended Events