Public Events

沖野修也とピーター・バラカンによるトーク&ミュージックセッション

4/20(金)18:00 - 21:00 [無料]

三三九1階
〒600-8846 京都市下京区朱雀宝蔵町74

沖野修也とピーター・バラカンによるトーク&ミュージックセッション[日]

ブラックパンサーを捉えた「Power to the People」写真展のスペシャルイベントとして、ブラックカルチャーが文化や音楽へ与えた影響について、沖野修也とピーター・バラカンのトークが開催されます。トーク後半には彼らがDJとしてお気に入りの曲や最も影響を受けたトラックをフロアに届け、深い音楽の世界に誘います。最高の音楽に身を委ねながら、新たな音楽、新たな視点と出会えることでしょう。本イベント開始30分前にはピーター・バラカンのサイン会も開催します。
注意事項
・例年ご好評を頂いております無料イベントは、事前予約を受け付けておりません。
・会場にお越し頂いた方から順番に御案内致しております。
・最新情報はウェブ等で御確認ください。
・イベント開始10分前には会場へお越し頂く事をお勧め致します。
・いくつかの会場はお席に制限があります。
ピーター・バラカン
1951年ロンドン生まれ。 ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。 現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。 著書に『ロックの英詞を読む~世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側』(岩波新書)『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫)、『猿はマンキ、お金はマ ニ』(NHK出版)などがある。 2014年から小規模の都市型音楽フェスティヴァルLive Magic(https://www.livemagic.jp/ )のキュレイターを務める。 ウェブサイトは http://peterbarakan.net
沖野 修也(KYOTOJAZZMASSIVE)
選曲家/作曲家/執筆家/The Room プロデューサー。シングル「ECLIPSE」は BBC ラジオ ZUBB チャートで 3 週連続 No.1 の座を日本人として初めて射止めた。これまでに DJ/アーティストとして世界 35 ヵ国 140 都市に招聘される。2015 年 8 月にリリースした「RUNAWAY~Boogie grooves produced and mixed by Shuya Okino」が iTunes ダンス・アルバム・チャートにて第 1 位を獲得。2016年にはジャズ・プロジェクト、Kyoto Jazz Sextetをスタート。2017年には代官山蔦屋書店で個展「ジャズ・ ポートレート展」を開催、InterFM「JAZZ ain’t Jazz」番組ナビゲーター、GQ Japan オフィシャルブロガー など、幅広く活躍中。
三三九1階
〒600-8846 京都市下京区朱雀宝蔵町74

Recommended Events