KYOTOGRAPHIE
School Competition 2018

  • TOP
  • KYOTOGRAPHIE School Competition 2018

KYOTOGRAPHIE こども写真コンクールでは、こどもたちが今年のテーマ「UP(アップ)」をキーワードに、それぞれの解釈で作品を制作します。今年も新しい視点・表現に出会えることを楽しみにしています。

Lycée Français International de Kyoto
Thoma Poulin, CM2 “Un Géant”
Osaka International School
Hajun Noh, Grade 3 “Umbrella”
京都市立高倉小学校
佐野大樹, 5年3組 “光 UP(ライトアップ)”
マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。

マリア・ガルシア・イエロ | Maria García Yelo
PHotoEspaña(スペイン)ディレクター
言語 : スペイン語、英語、イタリア語、フランス語

マリア・ガルシア・イエロ(1977年スペインマドリード生まれ)は、写真とヴィジュアルアーツのインターナショナルフェスティバル、PHotoEspañaのディレクターである。マドリード大学で美術史学位を取得後、2008年から2013年、英国オークションハウス、クリスティーズにてスペイン戦後・現代美術部門ディレクターを務めた。また、前職に、ソフィア王妃芸術センター保存・研究部門ディレクター(2005-2008年)、エステバン・ビセンテ現代美術館アシスタント・ディレクター(2002-2004年)がある。また、インディペンデント・キュレーター、批評家としてスペインの全国紙ABC Culturalに寄稿、近現代美術に関する様々なエッセイと記事を執筆。2017年度にはHSBC写真賞(Prix HSBC pour la Photographie)のアーティスティック・アドバイザーを務めた。