KG+SELECT 2022 募集要項

2021.12.8

2022年に10回目を迎えるKG+のなかで2019年から始まった新しいプログラム『KG+SELECT』では、国際的に活躍する審査委員会によって応募の中から選出された10組のアーティストを紹介します。この中からKG+ SELECT 2022グランプリが1組選ばれ、2023年のKYOTOGRAPHIEのオフィシャルプログラムのひとつとして展覧会が開催されます。

応募者の中から10組のアーティストが選ばれ、展覧会を開催していただきます(場所は後日発表します)。選ばれた10組のアーティストは、展覧会の制作を目的として20万円の制作補助金を受け取ることができます。 KYOTOGRAPHIEの期間中は展覧会のカタログが作成され、報道関係者や訪問者に無料で配布されます。展覧会はKYOTOGRAPHIEメディアを通じて広報されます。展覧会開催中に審査員が展覧会を審査し、グランプリを選出します。グランプリ受賞者には、KYOTOGRAPHIE2023の展覧会を制作するための50万円の制作補助金が授与されます。

会場

展覧会の会場は後日発表されます

会期

2022年 4月 8日 ~ 5月 8日

募集期間

2021年 12月 8日 ~ 2022年 1月 25日 28日(延長)

審査員

後日発表されます

KG+2019 Award Gran prix 弁当 is Ready. 福島 あつし 展示風景

規定

【応募要件】

・ 年齢/職業/国籍/経験/自薦他薦など不問。
・ 写真、または映像、インスタレーションなど写真要素を含んだ作品の個展(ユニットによる参加も可能)
・ 作品のテーマなどは自由
・ ファインアート、コンセプチュアル、コンテンポラリー、ドキュメンタリーなど幅広く募集します

【応募方法・応募期間】

・ ウェブサイトのアプリケーションフォームより必要事項を記入の上、作品ポートフォリオ(データ)を2021年12月8日から2022年1月25日 28日(延長)の間に提出していただきます。
・ ※締切日を過ぎるとアプリケーションフォームから登録できません。メールでの応募は受理いたしません。

【選考基準】 

・ 作品のクオリティ、作品のメッセージ、および展⽰⽅法の先駆性/独創性
・ アーティストの将来性や作品の可能性

【1次選考(書類およびデータ)】

•審査は、KG +実行委員会/ KYOTOGRAPHIEのメンバーが行います
公式結果は2月初旬にKG +のウェブサイトで発表され、選ばれた10人のアーティストは後日発表される会場にて展示していただきます。(各アーティストにつき約20㎡程度)。
・選外となったアーティストはSELECT部門では展覧会を開催できません。KG+(自身で会場保していただく展覧会)への2部門応募は可能です。
・選考通過者には制作補助金として20万円を支給いたします。資金の用途は問いません。(領収書の提出など不要。)

【展覧会、および展覧会会場について】

選考された10名の応募者それぞれにスペースが割り当てられます(場所は後日発表します)。選考後、アーティストにご連絡いたします。 ・会期中は会場全体担当のスタッフが1~2名配置されます。アーティストおよびそのスタッフが常駐していただく必要はありませんが、各教室に対して運営側より常駐スタッフは配置されません。
・照明やプロジェクターなどの起動に関しましては会場スタッフにて起動/終了を承ります。ただしマニュアルをご用意ください。
・会場内にて作品や書籍などの販売は可能ですが、売上の管理はアーティストおよびそのスタッフ側にて行ってください。会場内での販売に関しましては、KG+は一切の責任を負い兼ねますことご了承ください。
・KG+のショップにて、書籍の委託販売を取り扱うことは可能です(ショップ会場未定)
•スペース内に(追加の)パーティションなどが必要な場合はご相談ください。ただし、別途料金が掛かります。
•参加者は、それぞれの展示スペース内に追加の照明器具を持ち込んで使用することができます。各スペースにコンセントがあります。

【グランプリ選出、及びファイナリストの選出】

審査員/KG+実行委員会/KYOTOGRAPHIEが展覧会を視察し選考します。グランプリ1組をKG+のクロージングパーティーにて発表予定。該当者なしの場合もあります。

【提出ファイル】

以下の資料を全て1つのファイルにまとめ、オンラインストレージ形式で、そのリンクをアプリケーションフォームに記載してください。

①作品のタイトル(またはシリーズのタイトル)、展示会ステートメント(和文400字以内、英文400ワード以内。三人称、常体「である」調。2020年のKG+ウェブサイト内のKG+SELECT展覧会参照)、アーティストのプロフィールおよび/またはアーティストのウェブサイト。
#注:グループ展の場合は、キュレーターが情報を提供する必要があります

②会場プラン(作品配置を記載したもの、手書き可)をご提出ください。資料はPDFやJPGでご用意ください。推奨サイズA3。実際の展覧会開催時にはプランの微調整などして頂いて構いません。

③応募該当の展示作品の資料データ(5~10点以内JPEG)または作品プレゼンテーション動画、もしくはその両方

・ 画像データの場合
ファイル名を以下の通りの画像名とすること(通し番号作家名作品個別タイトルコピーライト=作品シリーズ名)※ 例 01_Atsushi Fukushima_Box Lunch#01©Atsushi Fukushima=Box Lunch is Ready )
※ 作品画像解像度:300dpi、サイズ:A5~A4程度、5~10点合計で50M程度以内

・プレゼンテーション動画の場合
You tubeやVimeoなど、動画サービスを利用しそのリンクURLをテキストファイルに記載してください。

※ 提出された資料に関して、広報物掲載用にKG+事務局が編集することをご了承ください。

④アーティストポートレート
・ 応募者のプロフィール写真画像 1点(画像名に氏名を半角英数で記載)
※ プロフィール画像解像度:300dpi、サイズ:長辺100mm~150mm程度

【応募料】

10,000円(銀行振込、またはPaypal決済にて、応募前に事前に決済いただきます。Paypalの取引ID番号をフォームに記載ください。)
選外となった応募者にはKYOTOGRAPHIE2022のパスポート(チケット)を1部進呈します。

【スケジュール】

以下を予定しています。変更になる場合がありますことをご了承ください。

<2月>
選考。KG+SELECTアーティストを決定。審査結果をウェブサイトにて発表
フライヤー完成
<5月7日>
KG+クロージングパーティー
KG+SELECTグランプリをクロージングパーティーにて発表

【応募規定及び免責事項】

・有料機材レンタル、プリント、額装、プロジェクター使用、搬出入等、展覧会にかかる一切の費用は応募者の負担となります。
・会期中の各教室の会場監視は応募者の責任で行うこととし、主催者は一切の補助・責任を負いません。
・主催者は、応募作品をKG+の広報のため、作家名を明記の上、自由にKG+ウェブサイト、印刷物などへ掲載できるものとします。
・KG+出展決定後に展覧会をキャンセルする場合は違約金(各宣伝物の再制作にかかる費用など)をお支払いいただくことがあります。
・第三者からの権利侵害、損害賠償などの主張がされた場合、応募者が自らの責任で対処することとし、主催者は一切の責任を負いません。

【KG+SELECT グランプリ】

KG+SELECTにノミネートされた10組のアーティストの中からグランプリ1組が選出されます。受賞したアーティストは、次年度のKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭への出展が決定し、以下のサポートが受けられます。
・展覧会実施費用 50万円(上限)
・会場使用料
・KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭カタログ掲載/広報

【その他サポート】

・ KYOTOGRAPHIEで開催するマスタークラスなどの教育プログラムや、国際的に活躍する専門家を招聘するポートフォリオ・レビューに割引価格で参加できます。詳細はメールにて随時お知らせします。