32

酒井一貴

Kazutaka Sakai

name is kyoto

ヴォイスギャラリー(MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)

 街を撮る。そこにある路地や建築物、樹々など、何でもいい、目に入った対象を、見えたと思ったその時に撮る。街の表層を撮る。巷では「京都」という街は、確固たるイメージが先行する土地柄である。作者はその河の流れには乗らず、個人的な写真の意思を優先する。写真とは言い換えれば、撮影者のモノの見方とも言える。同時に、カメラという道具が見た視野だとも言える。 路上を歩き、対象を見つけ、それをどう撮るかを判断し、結果どんな感じに写るのか、後はカメラに任せる。すると写った写真と自分の間に微かな驚きが生まれる。そしてその行為を繰り返す。そこから浮かび上がって来た街の姿に、それら写真の集積に、作者はあらためて「kyoto」と名付けるのである。

ヴォイスギャラリー(MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)

13:00 - 19:00

入場無料

Open: 4/27-5/8 13:00~19:00(13:00~17:00 last day)
Closed: Mon. Tue.

ヴォイスギャラリー(MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)

〒600-8061 京都市下京区富小路通高辻上ル(仏光寺通下ル)筋屋町147-1

Other Exhibitions

その他の展示

Vincent FOURNIER | POST NATURAL HISTORY - ARCHEOLOGY OF THE FUTURE

Yoshitaka Taniguchi | 「防潮堤の窓」 ~ What can you see through the windows of the seawall for Tsunami ? ~

Kana Anzai, Taro Kotera | 芽が息吹く

Takeshi Sumi | 時間を繋ぐ光