23

回里純子

Junko Kaisato

SKIN_地球の肌

堀川新文化ビルヂング ショーウィンドウ&踊り場

2020年パンデミックの行動抑制の影響は、その行動や数字のみならず、ヒトの古来からの感性である五感に及ぶ。人との関係性に限らず、自然界との接触の機会も奪い、あらゆるリアルは画面の中の世界へ変化した。 作家はこの画面越しの、退屈さと不思議な居心地の良さが共存する異常が、新しいリアルとして日常化することへの危惧を感じる。 本作は特に「触れること」に焦点をあて、ヒトの感覚についての考察を試みた。『触感』=肌(スキン)をその象徴と考え、タイトルとした。 水面、冷んやりした空気、渇いた岩肌、湿った樹木や命を宿す花粉、温度や質感を肌で感じる、即ちそれら地球の根源と触れることが、取り戻すべき魂のように感じる。 透過した素材にあたる光の屈折は、レイヤーのように、奥行きをもたせ、過去から未来へ向かう、現在の微妙な曖昧さ、彷徨うような気分を可視化し、表現した。

堀川新文化ビルヂング ショーウィンドウ&踊り場

10:00 - 19:00

入場無料

Open:4/5-4/24 10:00-19:00
Open everyday

堀川新文化ビルヂング ショーウィンドウ&踊り場

〒602-8242 京都府京都市上京区皀莢町287

Other Exhibitions

その他の展示

Aki Kojima | 泥の中に射す

Flavio Gallozzi | なでしこ

Kodai Matsuoka (KAILAS) | アディワシ ~ 大地と生きる人々

Jinn Yagi | 私と人の境界模様