48

平野淳子

Junko Hirano

ゲニウスロキ

堀川新文化ビルヂング Gallery NEUTRAL

新国立競技場の変遷を写真におさめ、デジタルと伝統的な日本画の技法を行き来して地霊が宿る土地の記憶の表現を試みた作品集「ゲニウスロキ・記憶」を平凡社より出版した。 今回は、京都をテーマに新作を発表する。 ゲニウスロキとはラテン語の「Genius」守護霊と「Loci」土地からなるローマ神話における土地の守護霊の意。文化的、歴史的、社会的概念を示す建築用語として用いられる。 平野は、ギャラリー近くの堀川の水、戻り橋、晴明神社の柳、堀川アパートなどを写真に収め、薄さや風合いの違う和紙を使って、裏打ちで日本画のように、また 写真のレイヤーのように重ねていく事でデジタルと古典的技法の融合を試みた。 そこには記憶の重なりとともに、古典的な技法から現在の技法までが折り込まれている。 深い歴史が幾重にも重なり、透かし見える地霊を、日本古来の技法も使って表現しようとした作品だ。

堀川新文化ビルヂング Gallery NEUTRAL

10:00 - 19:00

入場無料

Open:4/5-4/24 10:00-19:00
Open everyday

堀川新文化ビルヂング Gallery NEUTRAL

602-8242 京都市上京区皀莢町287

Other Exhibitions

その他の展示

Kana Anzai, Taro Kotera | 芽が息吹く

Megumi Horiuchi | There is the hole

Takeshi Sumi | 時間を繋ぐ光

Li-Ying CHIU | 「亦實亦幻」