Exhibitions
                   

榮榮&映里(ロンロン&インリ)RongRong&inri

(京都市上下水道局 共同開催)

琵琶湖疏水記念館 屋外スペース

榮榮&映里、シリーズ〈即非京都〉より、2015–2021年 ©️ RongRong&inri

榮榮&映里、シリーズ〈即非京都〉より、2015–2021年 ©️ RongRong&inri

中国写真芸術の先駆者である榮榮(1968年生)と、日本人写真家の映里(1973年生)は2000年より、「榮榮&映里」として北京で共同制作を開始。中国における写真表現のけん引役を担っている。
2007年、中国・北京の草場地に中国初となる写真専門の現代写真センター「三影堂撮影芸術中心」を設立。中国における現代写真芸術の発掘、普及、発展のためのプラットフォームとなることを目指し、年間を通して様々な展覧会やプログラムを行っている。
2012年から2014年にかけ、新潟の原始の自然の中で圧倒的な水の生命環に影響を受け「妻有物語」を制作して以来、「生命の水」の存在が創作の根底に流れているという。
2015年には京都に移住。歴史、文化、風土が複合し重層的な景観を生み出してきた千年の都「京都」の文化的景観の根底に、水循環が深く影響していることに着想を受け生まれた新作「即非京都」を発表する。

Other Exhibitions