Exhibitions
                   

Marjan Teeuwenマリアン・ティーウェン

Destroyed House Op Noord 5, 2014

Destroyed House Krasnoyarsk 1, 2010

Destroyed House Op Noord 2, 2014

「Destroyed House(破壊された家)」というタイトルにまさにふさわしく、オランダ人アーティストであるマリアン・ティーウェンは、世界中のさまざまな都市で廃墟と化した建物の破片を緻密に収集し、その建物の残骸を再生したインスタレーションを発表する。この暫定的かつ強烈な作品は元の建物が位置するコミュニティの周囲に暫定的に配置されているが、最終的にはテーウェンが大判カメラで作品として収めることで後世に残されることとなる。彼女の作品は、秩序や機能が併せ持つ建設性と破壊力との危ういバランスを暗示しているかのようだ。KYOTOGRAPHGIE2020では過去のインスタレーション作品の写真展示に加え、近年取り壊しが進められている伝統的木造家屋「京町家」を再生するプロジェクトの計画を発表する。

Other Exhibitions