Exhibitions
                   

Marie Liesseマリー・リエス

キュレーター:天田万里奈 

In front of the sun-filled window of Louis Braille's music hall, Sallé is standing behind an elegant grand piano. National Institute for Blind Youth. Paris. France. 2013 © Marie Liesse

Musée Rodin. With both hands, Louis studies the hollows and protrusions of the sculpture shaped by the hands of Rodin.
Musée Rodin. Paris. France . 2013 © Marie Liesse

Louis and Joseph are waiting for the train on the subway platform. With radiant faces, they are happy to have chosen the metro as a scenery for the picture. Métro Vaneau. Paris France. 2013 © Marie Liesse

フランスの写真家マリー・リエスの写真集『A Letter to Jean-Lin(ジャン=ランへの手紙)』は、文章を手がけたアルノー・ド・ラ・ブィヤリーが中学生の頃に出会った盲目の少年、ジャン=ラン・パットとの友情から生まれた。
ジャン=ランは、小児癌が原因で彼が1歳の頃に視力を失い、ある意味違う世界に住んでいるとも言えるアルノーとは、初めてのタバコを隠れて吸ったり、悪ふざけをしたり、哲学的なことを語りあったりしながら友情を育み、その後成人してからジャン=ランの癌が再発するまでその友情は続いた。
視覚以外の感覚で世界を共有することで育まれた彼らの友情をなぞるべく、マリー・リエスはジャン=ランがかつて通ったフランス国立盲学校の生徒を被写体にしたポートレート作品を制作、点字と活字とを組み合わせたテキストとともに写真集を刊行した。
KYOTOGRAPHIE2020ではエンボス作家とコラボレーションしたエンボス写真とともに作品を発表する。

Other Exhibitions