A NEW RIVER ©︎ Ai Iwane
A NEW RIVER ©︎ Ai Iwane
A NEW RIVER ©︎ Ai Iwane
3

岩根 愛

Ai Iwane

A NEW RIVER

10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭

Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION

Curated by
ルシール・レイボーズ
仲西祐介
ポリーヌ・ベルマール

HOSOO GALLERY

岩根愛は、長年にわたって、古来の儀式や、過去の痕跡を可視化することに強く惹き付けられてきた。前作の〈KIPUKA〉でも、また暗闇のなかで桜と伝統芸能の舞を撮影した最新作〈A NEW RIVER〉でも、岩根は目もくらむような色彩と透明感を駆使し、歴史のレイヤーを現在に重ね合わせて、現実世界を起点としたファンタジーを生み出している。それはまさに、カルティエ=ブレッソンが「L'Imaginaire d'après nature(『こころの眼』)」と呼んだものだ。コロナ禍でライトアップが中止となった東北の桜の名所を歩いているうちに「自然と人間の境界が曖昧になった」と岩根は語っている。その作品は、私たちを未知の異次元世界へと運んでいく。そこにはオーロラのように神秘的な美しさがある。岩根愛は映像とプロジェクションを用いて自らのストーリーをさらに深く掘り下げ、それを高度に感覚的な形で観賞者に提示する。
〈A NEW RIVER〉は、魅惑的で光あふれる日本の東北地方への旅であり、パンデミックの最中にあって心の支えとなってくれるような、逞しい存在感を放つ桜の探訪である。写真と言葉を通じて、岩根愛は自らと自然との深いつながりを表現し、先祖伝来の信仰との関係性を表現する。

[5月2日追記]
前作〈KIPUA〉の作品6点が「Information Machiya」(八竹庵)2Fイベントスペースにて展示されている。

HOSOO GALLERY

10:30 - 17:30

入場は閉館の30分前まで

一般:¥1500
学生:¥1200(要学生証提示)

休館日:4/12、4/19、4/26

ご入場されるお客様はオンラインでの日時指定予約が必要です。
詳細はこちら

HOSOO GALLERY

京都市中京区柿本町412 HOSOO FLAGSHIP STORE 2F & 5F

地下鉄烏丸線または東西線「烏丸御池」駅6番出口より徒歩2分

10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭

ポリーヌ・ベルマール(インディペンデント・キュレーター、写真史家、元マグナム・フォト カルチュラルディレクター、元ニューヨーク国際写真センター キュレーター)と、KYOTOGRAPHIEの共同設立者/共同ディレクターであるルシール・レイボーズと仲西祐介が共同でキュレーションを行い、将来的に活躍が期待される10人の日本人女性写真家の作品を展示する。KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭の10周年を記念して行われる本展で展示される作品を通し、それぞれの作家の独自の視点や考察を世界に向けて紹介する。それぞれの個展は、京都在住の建築家・小西啓睦氏が考案した、汎用性と持続性に優れた自然素材の構造体によって構成される。この構造体と作品は、巡回にも対応できるよう移動または複製できる仕組みになっている。

本展は、ケリングの「ウーマン・イン・モーション」により支援されている。「ウーマン・イン・モーション」は、アートとカルチャーの分野で活躍する女性に光を当てることを目的として2015年に発足し、以降様々な芸術分野における女性の地位や認識について理解を深め、変化を促すためのプラットフォームになっている。

岩根愛

東京都出身。1991年単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学し、オフグリッド、自給自足の暮らしの中で学ぶ。帰国後、1996年より写真家として活動を始める。ハワイ移民を通じた福島とハワイの関わりをテーマに、2018 年、『KIPUKA』(青幻舎)を上梓、第44回木村伊兵衛写真賞、第44回伊奈信男賞受賞。ドキュメンタリー映画「盆唄」(中江裕司監督作品、2018年テレコムスタッフ)を企画、アソシエイト・プロデューサーを務めるなど、離れた土地の見えないつがなりを発見するフィールドワーク的活動を続ける。2021年、第37回写真の町東川賞新作家賞受賞。最新作品集に『A NEW RIVER』(bookshop M 2020)、著作に『キプカへの旅』(太田出版 2018)『ハワイ島のボンダンス』(福音館書店 2016)。

Related Events

関連イベント

TALK

2022.5.1(日) | 11:00-12:00

2022.5.1 Sun | 11:00-12:00

「10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭」対談|岩根愛 × 仲西祐介(KYOTOGRAPHIE共同創設者/共同ディレクター)[日]

八竹庵(旧川崎家住宅)

Other Exhibitions

その他の展示

細倉真弓

NEW SKIN

HOSOO GALLERY

  • 10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭

サミュエル・ボレンドルフ

人魚の涙

琵琶湖疏水記念館、蹴上インクライン