Exhibitions

10

Liu Bolinリウ・ボーリン

Liu Bolin × Ruinart

y gion
12:00 – 21:00(月・火 24:00まで)|無休

※ 各会場入場は閉館の30分前まで。
※ 中学生以下 / 身障者は無料(付き添い通常料金)

入場無料

Hiding in the vineyards with the Ruinart Cellar Master (ルイナール最高醸造責任者とぶどう畑にて), Liu Bolin for Ruinart, 2017 ©︎ Liu Bolin

The secret crayère, Liu Bolin for Ruinart, 2017 ©︎ Liu Bolin

Hiding in the Blanc de Blancs crayère, Liu Bolin for Ruinart, 2017 ©︎ Liu Bolin

自身にボディ・ペインティングを施し、都会の風景に紛れた写真作品を発表、「見えない男」として知られる中国の現代美術家リウ・ボーリンの最新作は、世界最古のシャンパーニュ・メゾン、ルイナールとのコラボレーションだ。ルイナールが所有し世界遺産にもなった白亜のシャンパーニュセラーやぶどう畑、メゾンの風景をなぞるように、自身やそこで働くスタッフらにペインティングを施し撮影された作品は、幾重もの複雑な工程をへて生まれるブランドの歴史や文化を文字通り体現し、自然の荘厳さや自己と他者の境界線の在処を教えてくれる。
リウ・ボーリン
山東大学に進学したボーリンは、彫刻を専攻し、1995年から2005年にかけて、デッサンの教鞭を取った。パフォーマンス・アーティストたちが華やかに活動していた北京イーストビレッジに、ボーリンが足を踏み入れたのもその頃であった。2005年、2008年に開催されるオリンピックに備え、北京をより近代化した都市へと変貌させるため、市街地に暮らす人々が住む家を追い立てられ、伝統的な街並みが無残に取り壊されていくのを目の当たりにする。こうした追い立てや破壊に会った人々を救うことのできない無力感から、彼は無言の抗議のパフォーマンスを行い、それがやがて初の写真作品シリーズ《Hiding in the City》へと昇華した。彫刻、絵画、写真、さらにパフォーマンスが一体となった本作の中で、破壊を待つ家屋の前に立つリウ・ボーリンの身体と服は背景と同化し、その姿は文字通り透明人間となった。2008年まで、ボーリンは政治的・社会的問題 の影響を受けた作品を制作し、その中には、中国共産党のスローガンが描かれた壁の前に自身が立つというシリーズもある。2009年からは、現代の消費主義社会への辛辣な批判を込めた作品を発表するようになり、近年、彼の関心は、財力、エコロジー、資源の利用などに向かっている。「彼の作品は、見た瞬間に魅了されますが、 やがてそれが驚きや心配に変わり、最後に見る人の記憶の中に強く刻み込まれるのです。リウ・ボーリンは、他ではめったに見ることのできない、そして私たちが今生きている世界にぴったりと足並みを揃えた独特な芸術作品を生み出し ています」とリウ・ボー リン作品集『Liu Bolin』(ラ・マルティニエール 2014)に序文を寄せたフィリップ・ダーゲンは語る。ボーリンの作品には、多くの新しい主人公たちが登場し、そうした作品が見る人の心に直接訴えかける複合的な側面をもたらしている。
Ruinart at Y GION

Y GIONでは期間限定でギャラリーと日替わりで京都の名店によるルイナール ルーフトップ バー(6F) をオープン。この機会にぜひお立ち寄りください。なおルイナール ルーフトップ バーの営業時間とペアリングフードは連日異なります。

ルイナール ルーフトップ バー

※Barの営業時間は、変更になることがあります。
最新の情報は Ruinart Rooftop Bar Calendar をご覧ください。

京都府京都市東山区弁財天町19
TEL:075-533-8555

y gion
〒605-0086 京都市東山区弁財天町19
地下鉄東西線「三条京阪」駅2番出口から徒歩6分
京阪「三条」駅2番出口または「祇園四条」駅9番出口から徒歩2分

KYOTOGRAPHIE全体マップ

Other Exhibitions