Exhibitions
                   

  • TOP
  • Exhibitions
  • Magnum Live Lab/19 in Kyoto
    パオロ・ペレグリン|Antarctica/南極大陸
    岡原功祐|Ibasyo─自傷/存在の証明
07 a, b, c

Paolo Pellegrin
Kosuke Okaharaパオロ・ペレグリン
岡原功祐

Magnum Live Lab/19 in Kyoto
パオロ・ペレグリン|Antarctica/南極大陸
岡原功祐|Ibasyo─自傷/存在の証明

堀川御池ギャラリー
11:00—19:00|休:4/15, 4/22

presented by FUJIFILM

一般 ¥800
学生 ¥600(要学生証提示)

Magnum Live Lab/19

Magnum Live Lab/19

Magnum Live Lab イメージ

マグナム・ライブラボは、ドキュメンタリーだけでなく様々な分野で活躍する写真家集団「マグナム・フォト」から生まれた、公開制作型のプロジェクトだ。複数の写真家が開催都市で新作を撮り下ろし、会場にて編集、プリントを行い、来場者はその過程や写真家とキュレーターとのやりとりや展示が作り上げられていく様子をその場で見ることができる。来場者が参加写真家やキュレーターと制作に関するあらゆるプロセスを共有できる臨場感あふれるプロジェクトをお見逃しなく。(公開制作は4/21まで。その後は展示を見ることができる)

Paolo Pellegrin

パオロ・ペレグリン

パオロ・ペレグリン 《Antarcticaー南極大陸》2017年
NASA(米航空宇宙局)アイスブリッジ・プロジェクトによる南極大陸の気候変動調査。NASAのP3型機から空撮されたヴェナブル 01A地点。
© Paolo Pellegrin/Magnum Photos

パオロ・ペレグリン 《Antarctica―南極大陸》2017年
NASA(米航空宇宙局)アイスブリッジ・プロジェクトによる南極大陸の気候変動調査。NASAのP3型機から空撮されたTanDEM-X B地点。
© Paolo Pellegrin/Magnum Photos

パオロ・ペレグリン 《Antarctica―南極大陸》2017年
NASA(米航空宇宙局)アイスブリッジ・プロジェクトによる南極大陸の気候変動調査。NASAのP3型機から空撮された南半島A地点。
© Paolo Pellegrin/Magnum Photos

世界報道写真大賞を受賞するなど、これまで戦場や紛争地で撮影をしてきたイタリアの写真家パオロ・ペレグリンが今回撮影の対象としたのは、南極大陸だった。気候変動の影響の調査を目的としたNASAの南極観測プロジェクト「オペレーション・アイスブリッジ(Operation IceBridge)」の一員として、2017年11月にペレグリンは南極へと旅立ち、温暖化により氷山が溶け海水面が上昇している南極大陸を撮影。限度を知らない無限の発展という人間の思想と活動がもたらした気候変動の危機は紛争地と変わらないと語るペレグリンがとらえる南極大陸の風景は、私たちに何を訴えかけるのだろう。

Kosuke Okahara

岡原功祐

岡原功祐 《Ibasyo ─ 自傷する少女たち》 2007年
© Kosuke Okahara

岡原功祐 《Ibasyo ─ 自傷する少女たち》 2007年
© Kosuke Okahara

岡原功祐 《Ibasyo ─ 自傷する少女たち》 2007年
© Kosuke Okahara

2004年、当時20代半ばだった岡原功祐はその日初めて会った母校の学生から自傷行為をしていることを打ち明けられたことをきっかけに、自傷行為を繰り返す女性たちへの撮影と取材を重ねた。それがよくないことだと理解しながらも自分自身を傷付けてしまう彼女たちの背景には、家族やコミュニティが抱える問題、学校や異性から受けた傷など、自身では解決の糸口が見つからない事象があり、その奥底には私たちの「社会」が抱える闇があった。岡原が写し出すかすかな「居場所」に寄り添うことで、家族や人間関係の大切さ、社会の中での居場所の大切さ、自身の大切さ、そして写真表現が社会に還元できる役割とは何かについて今一度立ち返る機会となるだろう。
パオロ・ペレグリン
1964年ローマ生まれ、ロンドン在住。ローマ・ラ・サピエンツァ大学で建築学を学んだ後、ローマの専門学校で写真を学ぶ。その後、フランスの「ヴュ」、イタリアの「グラツィア・ネリ」などの写真通信社を経て、2001年よりマグナムに参画し、2005年に正会員となる。1995年、ウガンダのエイズを取材した一連の作品が注目され、一躍世界各地で写真が発表されるようになる。その後も、ルーマニア、ボスニア、コソボ、カンボジア、アフガニスタン、イラクなどの紛争地なども幅広く取材しており、それらの作品は世界報道写真賞をはじめ、数々の賞を受賞している。9.11以降のイスラム世界を取材した作品でユージン・スミス賞(2006年)、レバノン紛争の作品でロバート・キャパ賞(2006年)を受賞。
岡原功祐
1980年東京都出身。早稲田大学卒。南ア国立WITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続けている。2009年に世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出されており、またPhoto District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。2010年には本作『Ibasyo』で、人間性や社会性を重視した写真作品に贈られるW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品で斬新なドキュメンタリー写真に贈られるピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞した。これまでに東京都写真美術館、ケブランリー美術館、C/Oベルリン、バイエルン州立図書館など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。
アンドレア・ホルツヘル(Magnum Live Lab/19 in Kyoto・キュレーター)
1964年、ドイツ・テュービンゲン生まれ。パリを拠点にエキシビジョン・マネージャー、広報、キュレーターとして活動している。ルーブル美術学院(パリ)、パリ・ソルボンヌ大学卒。2003年から現在、マグナム・フォト(パリ)にて国際展示ディレクター、キュレーターとして活躍。各国の美術館やヨーロッパの文化機関と様々な展覧会を共催することを通じ、マグナムのアーカイブを広めることを職務としている。前職ではヨーロッパ写真美術館(パリ)のディレクター補佐としてキュレーターを務めた。ホルツヘルがキュレーションを手がけた展覧会は、Tatort Kunst「Bang Bang」(Haus der Kunst Uri, the CCA, Palma de Mallorca, 2012)、「Mythos Kindheit」(the Kunstverein Ludwigshafen, the Haus für Kunst Uri and the CCA, Palma de Mallorca, 2010)、Elina Brotherus「The New Painting 2006」(Finnish Museum of Photography, パリフォト Stella Polaris 2006 Paris)他多数。2013年9月、Fotofestival Mannheim Ludwigshafen Heidelberg(ドイツ)にてキュレーターを務める。著作に『Eve Arnold Hommage』(2012)、『Helsinki School』(2005-2011)、『George Rodger Unterwegs』(2009)、『Elina Brotherus』(2005)などがある。他にも、現代写真専門誌への寄稿が数多くある。

堀川御池ギャラリー
〒604-0052 京都市中京区押油小路町238-1
地下鉄東西線「二条城前」駅 2番出口から徒歩3分

Other Exhibitions