12

香港をベースに活躍するヴィジュアル・アーティスト、ヤン・カレンが、京都に4ヶ月滞在し、光と闇のように万物に宿る二つの世界と、その反復や連続、循環をテーマに、京都の職人たちとの交流を通して制作した新作を発表する。ヤンは、昨年に京都で展示した「No Coming / No Going)」展でKG+AWARDグランプリを受賞。この作品で示された東洋的な世界観や自然と交感しながら生きる人間への関心が、京都滞在によってどう作品化されるのか、注目される。

Yan Kallen /アーティスト(香港)
1981年香港生まれ。セントラル・セントマーチン芸術大学(ロンドン)およびパーソンズ・スクール・オブ・デザイン(ニューヨーク)で学んだ後、ニューヨークとアムステルダムにて、印刷・出版のアートディレクターとしてキャリアをスタートさせる。香港の郵便局にて、切手や郵便物のデザインを手がけながら、アートワークの制作を続けている。写真や彫刻、映像インスタレーションを主な表現手法とし、伝統的な東洋思想にインスピレーションを見出しながら、人間と自然との関係性をとらえた作品を発表している。2016年「No Coming / No Going」展でKG+AWARDグランプリを受賞。2012年に、香港藝術館が主催するHong Kong Contemporary Art Awardsのショートリストに選出された。

ヤン・カレン「ノコ I / 牧神祭具店 / 京都」2017年
Yan Kallen, Wood Saw I, Maki Shinto Ritual Articles, Kyoto, 2017
© Yan Kallen

ヤン・カレン「土と水 II / 亀岡」2017年
Yan Kallen, Earth and Water II, Kameoka, 2017
© Yan Kallen

ヤン・カレン「ふしあげ / 西村圭功漆工房 / 京都」2017年
Yan Kallen, Crane feather, Keikou Nishimura Lacquer Studio, Kyoto, 2017
© Yan Kallen

無名舎
国指定 有形登録文化財

〒604-8212 京都市中京区新町通六角下ル六角町363
地下鉄烏丸線「四条」駅22・24番出口から徒歩8分

OPEN:10:00-18:00
CLOSED:水曜 (5/3以外)

¥600 / 学生 ¥400

mumeisha
© 2014 Naoyuki Ogino