2

 

特別展示:BMW アート・カー by アンディ・ウォ-ホル

マリリン・モンローやパブロ・ピカソ、ジョン・F・ケネディ等、数多くの著名人を撮影したアメリカの肖像写真家アーノルド・ニューマン(1918-2006)の、没後初となる国内での回顧展。写真の巨匠は、各界の巨匠たちとどのように向き合い、何を写そうとしたのだろうか。被写体が慣れ親しんだ住まいや仕事場を撮影場所とする手法を確立し、“周辺環境ポートレートの父”と呼ばれた彼の傑作群が、二条城の重要文化財である台所と東南隅櫓にて展示される。

アーノルド・ニューマン
1918年アメリカ、ニューヨークのマンハッタン生まれ。環境を取り入れた肖像写真“environmental portraits”で知られる。絵画を学ぶため入学した大学を経済的理由から2年で中退、1枚49セントで請け負う肖像写真スタジオで働きはじめる。46年にニューヨークで自身のスタジオを開業した後、Life誌やFortune誌で政治家や俳優等々の優れた肖像写真を発表、20世紀を代表する肖像写真家となった。2006年心臓発作のため死去。享年88歳。

アーノルド・ニューマン「パブロ・ピカソ、画家・彫刻家・版画家」ヴァロリス・フランス、1954年
Arnold Newman, Pablo Picasso, painter, sculptor and printmaker, Vallauris, France, 1954
© 1954 Arnold Newman / Getty Images

アーノルド・ニューマン 「イゴール・ストラヴィンスキー、作曲家・指揮者」ニューヨーク、1946 年
Arnold Newman, Igor Stravinsky, composer and conductor, New York, 1946
© 1946 Arnold Newman / Getty Images

アーノルド・ニューマン「ロベール・ドアノー、写真家」ニューヨーク、1981年
Arnold Newman, Robert Doisneau, photographer, New York, 1981
© 1981 Arnold Newman / Getty Images

二条城 二の丸御殿台所・東南隅櫓

〒604-8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
地下鉄東西線「二条城前」駅1番出口から徒歩1分

OPEN:9:30-17:00 ※二条城への入場は16:00まで
4/15、16は18:00-21:30も開館(最終入城21:00)
CLOSED:無休

¥400 / 学生 ¥400
※別途二条城の入城料金が必要となります。(一般料金 600円ほか)

[関連プログラム]

展示ツアー:アーノルド・ニューマン – ポートレートの巨匠
4月15日(土) 11:00-12:30 >Detail

nijyojo© 2017 Naoyuki Ogino

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA