15

M ©hitomi

「人々の持つイメージは日々付加され変化していくが、変わらずにあり続けるものもある。それは具体的な像かもしれないし、幻想かもしれない。」眸は、人が生きていく過程には望んでも変えられない事が、今日の自分を形成する中心であると捉える。本展では、情景から想起されるイメージを可視化し、不確かな不変性を写真と空間で表現する。

会場
元・淳風小学校 2F ランチルーム
600-8361 京都市下京区柿本町609-1

会期
2018年4月11日 ー 4月22日 12:00-19:00
閉場日 4月16日、17日

助成:公益財団法人朝日新聞文化財団

眸 Hitomi  instagram.com/mother.hitomizunoya/
1982年東京生まれ、東京を拠点に活動