09

Into the void ©Asano Tsutsumi

堤麻乃は、光の造形という概念のもと、白壁を背景に、プロジェクターや窓をモチーフにした自作の模型、自然光、ライティングを用い、人工的にイメージをつくりだす。最小限の要素、光と影のみで構成された作品の中でカメラが捉えるのは「無の空間」であり、写真の主体、媒体は鑑賞者自身の知覚行為である。堤は、作品から時間・空間の情報、感情、文脈、主観性を排除し、鑑賞者が特定の意味や解釈にとらわれず、イメージを見るという行為自体に焦点を当てる作品制作を試みる。

会場
ル・プチメックOMAKE 3F
604-8216 京都市中京区池須町418-1 キョーワビル3F

会期
2017年4月12日 ー 4月19日 10:00-18:30
閉場日 なし

イベント
4月15日 13:00-18:00 レセプション&音楽ライブ
展示会場にて1日限定ライブを実施 (出演者 : 松井省悟 他)
入場料: ¥2,000(ウェルカムドリンク+1ドリンク付き)

堤麻乃 Asano Tsutsumi asanotsutsumiphotography.com
1991年神戸生まれ、京都を拠点に活動