KG+ AWARD 2017 グランプリ決定

4月16日に開催されたKG+オープニングパーティにて、KG+ AWARD 2017 ファイナリスト及びグランプリ受賞者が発表されました。選考委員により5名のファイナリストには森田具海溝縁真子チン・ユウジュウ牛久保賢二ソフィー・エブラードが選出され、厳正なる審査の結果、京都、東京を拠点に活動するアーティスト 森田具海がKG+ AWARD 2017 グランプリを受賞しました。

KG+ Award 2017 グランプリ受賞
森田具海
vsco.co/tomomimorita
1994年京都生まれ、 京都、東京を拠点に活動

>展示情報

Two Rivers ©Tomomi Morita

KG+ Award候補者の中から1展覧会のみ選出されます。受賞した展覧会の作家は、次年度のKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2018への出展が決定し、以下のサポートが受けられます。
・展覧会実施費用 50万円(制作費を含む賞金)
・会場使用料
・KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018カタログ掲載・広報

4月上旬
KG+Award選考委員が展覧会を視察。受賞者(TOP3含め)を決定

4月16日
『KG+ オープニングパーティー及びAwardグランプリ受賞式』
KG+Award TOP3及び受賞者を、KG+オープニングパーティにて発表。
会場に設置されたサラウンドプロジェクションにKG+2017参加アーティストの作品を投影予定。

去年のKG+ AWARDグランプリ受賞者、殷 家樑(ヤン・カレン)による
KYOTOGRAPHIE2017の展示 >Detail

その他、ファイナリスト、KG+ PUBLIC AWARD 2016 受賞者情報
>Detail

KAHO GALLERYで4月27日–5月3日に開催された 殷家樑「No Coming / No Going」展 Photo by Naoyuki Ogino

KAHO GALLERYで2016年4月27日–5月3日に開催された 殷家樑「No Coming / No Going」展
Photo by Naoyuki Ogino