《105》©上田陽佑

KYOTO KYOTO KYOTO...

京都造形芸術大学、
現代美術・写真コース3回生
Kyoto University of Art and Design

私たちは一年間、フィールドワークを中心に京都という場所を調査、観察してきました。そして、11人の学生がそれぞれの視点で見つめた京都を展示しています。

会場情報 / VENUE

ア・プ・プレ

à peu près

OPEN

Part 1 4/17 – 4/25
Part 2 4/28 – 5/10
Tue 18:30 – 22:00
Wed – Sat 11:30 – 22:00
Last day 14:30 – 16:00

CLOSE

Mon, Sun

EVENT

Opening party
4/18 17:30 –
Closing party
5/10 14:30 –

TEL

09046414335 (上田)

MAIL

y-ueda0072@st.kyoto-art.ac.jp

WEB

www.facebook.com/2015.kyoto.kyoto.kyoto

ADDRESS

〒600-8303
下京区的場通新町東入銭屋町249

600-8303
249 Zeniyacho, Shimogyo-ku

©大橋一弘

写真展 こもりくの~ incubation

KOMORIKUNO ~ incubation

大橋一弘
Kazuhiro Ohashi

こもりくの、は長谷寺の枕詞。忌み籠もり夢を授かるincubationの聖所。古代人は死者の魂が飛び立つのを見、夢は祭式的に乞われ神話的意味を持った。人は今も夢を見る。日常の背後に潜む夢は合理性に翳る。最早濃密な意味空間を生きることはできないのか。祭式の如く歩き囁き声にシャッターを。展示空間もincubationの場と。

"Komorikuno" is a Japanese conventional poetic epithet used for "Hasedera­temple"(in Nara prefecture), where people were shut themselves up praying for sacred dreams.Its said ancient people used to really see the soul flying away as a bird from the deceased, and the dreams they ritually asked for had mythological meaning.Even now, we still see dreams everyday. However the dreams, and dreams latent in our daily life, are overshadowed by rationality. Can we live a meaningful life in a dense world with cosomology?Walking almost as if having a rite, and release a camera shutter hearing something whispering. This exhibition rooms comes to be a space of incubation.

会場情報 / VENUE

ギャラリーアンテナ

Gallery Antenna

OPEN

4/17 – 4/24
11 : 00 – 19 : 00

CLOSE

Thu

TEL

0753536788

MAIL

remind@postpet2.so-net.ne.jp

WEB

http://www.antenna-re.info/

ADDRESS

〒600-8332
下京区五条堀川東入ル中金仏町215-6増田屋ビル2階D

600-8332
2F-D Masudaya Building,215-6 Naka-kanebutsu-cho,Gojo Horikawa Higashi-iru,Shimogyo-ku

 ©市川龍児

ONE

市川龍児
Ryuji ICHIKAWA

一枚、一枚独立した作品群。小説で言えば短編集の様に一点一枚です。

会場情報 / VENUE

ギャラリーアンテナ

Gallery Antenna

OPEN

4/25 – 4/29
12:00–19:00

CLOSE

None

TEL

0753536788

MAIL

remind@postpet2.so-net.ne.jp

WEB

http://www.antenna-re.info/

ADDRESS

〒600-8332
下京区五条堀川東入ル中金仏町215-6増田屋ビル2階D

600-8332
2F-D Masudaya Building,215-6 Naka-kanebutsu-cho,Gojo Horikawa Higashi-iru,Shimogyo-ku

 ©アラキキョウコ

月を掬う

Tsuki wo Sukuu

アラキキョウコ
Kyoko Araki

水面の月影を手で掬えば、月とわたしは一体となりひとつに溶けあう。撮るものと被写体・自他の対立を超えたアドヴァイタ(不二一元論)の視点で構築した世界である。

会場情報 / VENUE

ギャラリーアンテナ

Gallery Antenna

OPEN

4/30 – 5/3
13:00 – 19:00

CLOSE

None

TEL

0753536788

MAIL

remind@postpet2.so-net.ne.jp

WEB

http://www.antenna-re.info/

ADDRESS

〒600-8332
下京区五条堀川東入ル中金仏町215-6増田屋ビル2階D

600-8332
2F-D Masudaya Building,215-6 Naka-kanebutsu-cho,Gojo Horikawa Higashi-iru,Shimogyo-ku

 ©にしもとあきお

オートメーション 1

AUTOMATION 1

にしもとあきお
NISHIMOTO AKIO

全自動カメラで撮られた映像を見る事によって見えてくる事柄について考え感じること

会場情報 / VENUE

ギャラリーアンテナ

Gallery Antenna

OPEN

5/4 – 5/10
12:00 – 19:00

CLOSE

None

TEL

0753536788

MAIL

remind@postpet2.so-net.ne.jp

WEB

http://www.antenna-re.info/

ADDRESS

〒600-8332
下京区五条堀川東入ル中金仏町215-6増田屋ビル2階D

600-8332
2F-D Masudaya Building,215-6 Naka-kanebutsu-cho,Gojo Horikawa Higashi-iru,Shimogyo-ku

 ©The Terminal KYOTO

室礼~Offerings

Shiturai~Offerings~

鈴鹿芳康 / ジョン・アイナーセン /
エバレット・ブラウン /
ジャケリン・ハシンク /
マイケル・メイジャーズ / 坪口晄弋
Yasu Suzuka / John Einarsen / Everett Kennedy Brown / Jacqueline Hassink / Michael Magers / Koubo Tsuboguchi

ハイブリット
真の意味でのグローバル化が進行する現在、伝統と革新、工芸と美術、西洋と東洋、いまやそれらの二項対立は崩れ、時間軸においても空間軸においてもそれらは溶け合い混じり合う。ハイブリット化された新しい文化の出現である。それらを体現した作品を京町家をリノベーションしカフェやインターネットラボとも融合したハイブリット空間、The Terminal KYOTOにて室礼る

会場情報 / VENUE

The Terminal KYOTO

OPEN

4/4 – 5/6
9:00 – 18:00

CLOSE

None

TEL

0753442544

MAIL

keita@vcreate.jp

WEB

www.facebook.com/theterminal02

ADDRESS

〒600-8445
下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町 424

600-8445
424, iwatoyama-cho,shimogyo-ku,

 ©Tomas Svab

Decoupled Horizons

シュヴァーブ・トム
Tomas Svab

テクノロジーとアート、機械と生命、生産と創造がつながっている時代、都市やスペースにおいては人は運動体として重なり、溶融しながら生きている。ラインスキャンセンサーとフィルムカメラを結合させた装置から生み出されるこれらのイメージは映像と写真の中間に位置し、そして一種の「波動」として記録される。自身の根源を視覚化することを交えながら、視覚的パターンとして時間とリズムを映し出しそこに形成される潜在性に気づいてみたい。

For my upcoming exhibition, I'm working with my movement through public spaces in Kyoto and the movement of people in this urban space. These photographs are in between cinema and still photography. Since the still frame is limited to two dimensions time is a accumulated motionless into one image. The photograph acts like a particle. Conversely cinema uses a sequence of images to create the illusion of motion, the particles move. With the line scan photograph the particle is recorded as a wave, instead of motion captured across time we see time recorded across motion. I'm using an industrial digital camera sensor that was designed for inspection of moving objects. Thousands of rapid photographs taken are in thin vertical slits and stacked side by side into a row that make a horizontal photograph limited only by the number of frames captured, which are one pixel wide. I combined the mechanics of a film camera with this line scan sensor to let me shoot in more freely, mounted on a tripod or on a car roof mount that I made for scanning the cityscape. While moving, the camera captures a fluid scene taken from thousands of perspectives looking straight out, giving a zero-perspective horizontally. Time is exposed abstractly across this row. This easily observed in static photographs as a an apparently motionless scene is smeared horizontally across the frame in abrupt lines, essentially one dimensional. But in the details another dimension reveals itself horizontally. The camera records time and rhythm as a visual pattern. My aim in this exhibition is to explore the potential of this custom made photographic system in its relationship to Kyoto and the space in and around the gallery. There are many opportunities for seeing rhythm and pattern that reveal the unique character of this layered and seemingly random city and the people who live here. I hope I can create an installation where a scientific technique is used decidedly unscientifically to put gallery visitors into an environment removed from one that we regularly see but taken directly from it.

会場情報 / VENUE

art space ARE(kumagusuku)

共催 KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
協賛 A.S.K atelier share kyoto, OZASA KYOTO
後援 art space ARE

OPEN

4/17 – 5/10
13:00 – 19:00

CLOSE

Mon

EVENT

Opening party
4/19 17 : 00 – 21 : 00
At art space ARE

TEL

0754328168

MAIL

mail@kumagusuku.info

WEB

http://kumagusuku.info/

ADDRESS

〒604-8805
中京区壬生馬場町37-3 ART HOSTEL kumagusuku内

604-8805
"KYOTO ART HOSTEL kumagusuku", 37-3, Banba-cho,Mibu, Nakagayo-ku

©安田雅和

安田雅和展 KYOTO

KYOTO

安田雅和
Masakazu Yasuda

生まれた時から京都は意識せずともそこにありました、点と点には素晴らしい文化は多々ありますが、その間を結ぶ面としてみた場合無名の良い所を惜しげも無く捨て去っているように思い、観光地だけでない京都の良さを落ち穂拾いのように拾い集めている次第です。

会場情報 / VENUE

gallery ARTISLONG

OPEN

4/14 – 4/26
12:00 – 19:00
(Lastday 17:00)

CLOSE

Mon

TEL

0758410561

MAIL

art_is_long@ybb.ne.jp

WEB

http://www.artislong.info

ADDRESS

〒604-8332
中京区三条通堀川西入ル橋西町670

604-8332
670, Hashinishi-cho, nakagyo-ku

©TAKAE TAKAHASHI

WOMAN

高橋貴絵
Takae TAKAHASHI

キュレーター 高橋勝司

現代の京都を体感

会場情報 / VENUE

高橋貴絵写真事務所

PHOTO STUDIO TAKATAKA

OPEN

5/5 – 5/10
13:00 – 18:00

CLOSE

None

TEL

0758216141

MAIL

info@mylife-photo.com

WEB

http://www.mylife-photo.com/

ADDRESS

〒604-8303
中京区猪熊通御池上ル最上町388-2

604-8303
388-2 mogami-cho, inoumadori oike-agaru, nakagyo-ku

©yuki hamanaka

浜中悠樹写真展
「樹々万葉(きぎのよろずは)
- LifeofSilence ̶ 」

Life of Silence

浜中悠樹
Yuki Hamanaka

キュレーター 中澤有基

樹々が表現する幾何学的な形容の中に見られる「力強さ」「可憐さ」「儚さ」、新芽の生吹から枯園へと流れる、廻る命の「美しさ」を自分の感じた視点で「和」の表現を意識して制作した作品を通した、「樹」という静的な生命体の千差万別な命のカタチの提示になります。今回は、会場にアパレルショップを利用することで、重厚な作品ですが芸術作品に対してもっと気軽に楽しんでいただける空間作りをコンセプトとしています。

I tried to capture the strength, beauty and transience of the trees. I hope to present an infinite variety of shapes of lives through photographs of trees. I was so moved by how trees, static organisms, transform with changing of seasons. I want to share the feeling with others.

会場情報 / VENUE

新風館

Shin puh kan

OPEN

4/30 – 5/6
13:00 – 20:00

CLOSE

None

EVENT

Closing party
5 / 6

TEL

0752136688

WEB

http://shinpuhkan.jp/

ADDRESS

〒604-8172
中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館2F Showroom N ゜32

604-8172
Shi puh kan 2F Showroom N ゜32, 586 – 2 Bano-cho,Aneyakoji-sagaru, Karasumadori,Nakagyo-ku

©YUNA YAGI

ひとつになる世界

It's a One World

八木夕菜
YUNA YAGI

ランドスケープアーキテクトの父と環境芸術家の母との間に生を授かり、幼少期から世界各地のアートや文化に触れてきた。建築を学び、地球、環境、都市、文化、生命、経済、政治、技術などを考える中、人間の技術や想像力には及ばない自然が織り成す形態や神秘性に強く惹かれる。世界各地で撮影した写真をアルゴリズム建築の手法を使って視覚的に融合することで見えてくる世界は、以前にも増してひとつになろうとしているようだ。「森と建築ー自然と人工」それは相対するものではなく、離散的な人工物でありながら、連続体として自然の限りない豊かさへと近づくことなのかもしれない。

I tried to capture the strength, beauty and transience of the trees. I hope to present an infinite variety of shapes of lives through photographs of trees. I was so moved by how trees, static organisms, transform with changing of seasons. I want to share the feeling with others.

会場情報 / VENUE

ABS ship

OPEN

4/17 – 5/10
11:00 – 18:00

CLOSE

Tue

EVENT

Opening Party
4/19 16:00 – 18:00

Exhibition guide
5/2 14:00–

WEB

http://abs-kyoto.jp/

ADDRESS

〒604-0612
中京区天守町742

604-0612
ABS ship - 742 Tenshucho,Nakagyo-ku

 《KYOTO A LANDSCAPE MEDITATION》
©Hiroshi Masaki

正木博 写真展 ~京都抄景~

KYOTO A LANDSCAPE MEDITATION

正木博
Hiroshi Masaki

写真家・正木博氏撮影の「京都抄景」をコロタイププリントで展観。

会場情報 / VENUE

便利堂 コロタイプギャラリー

Benrido Collotype Gallery

OPEN

4/17 – 5/10
12:00 – 19:00

CLOSE

None

EVENT

Work Shop
4/25

TEL

0752314351

MAIL

info@benrodp.co.jp

WEB

http://www.benrido.co.jp/

ADDRESS

〒604-0093
中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302

604-0093
302 Benzaiten-cho,Takeyamachi-sagaru,Shinmachi-dori, Nakagyo-ku,

©Lycée Français de Kyoto (CM2 Class)

小さな悪魔たち

Les petits diables

リセ・フランセ・ド・京都 CM2クラス
Lycée Français de Kyoto (CM2 Class)

画家フェルメールの作品を手本にして、子供たちは学校のなかで起こりうる場面を想定・演出します。「授業中に悪戯をする生徒」に“扮した”子供たちのポートレート写真です。

From the work of the painter Johannes Vermeer, the children thought to make "genre scenes" in their school. Photograph project presents portraits of students not very wise in the decor of the classroom.

会場情報 / VENUE

リセ・フランセ・ド・京都

Lycée Français de Kyoto

OPEN

4/20 – 4/21
8:10 – 17:00

CLOSE

None

TEL

0758127015

MAIL

mjouanet@lfkyoto.org

WEB

http://lfkyoto.org/

ADDRESS

〒602-8144
上京区丸太町通黒門東入藁屋町536-1

602-8144
536-1 Waraya-Cho, MarutamachiDori Kuromon Higashi Iru,Kamigyo-Ku

アンスティチュ・フランセ関西 - 京都

Institut français du Japon - Kansai

OPEN

4/23 – 5/10
Tue - Sat 10:00–19:00
Sun 10:00 – 15:00
Golden Week Salon 3F & Café
4/29 – 5/5 12:00 – 17:00
(except 5/6 closed)

CLOSE

Mon

EVENT

Opening party
4/25 15:30 – 17:00

TEL

0757612105

MAIL

kansai@institutfrancais.jp

WEB

http://www.institutfrancais.jp/kansai/

ADDRESS

〒606-8301
左京区吉田泉殿町8

602-8144
8 Izumidono-cho, Yoshida,Sakyo-ku

©KIS Photography Club

サードカルチャーキッズとしての自分たち

We Are Third Culture Kids

KISフォトグラフィークラブ
KIS Photography Club

この展示では、生徒達の写真や編集写真などを紹介します。これらの作品は、生徒達がサードカルチャーキッズとしての暮らしや、それぞれが直面する違いそして課題に光をあて発表したものです。自らの作品を通して、生徒達はそれぞれの違いをより一層認識するようになりました。数々の異なるスタイルや技能そして道具を用い、全ての子ども達の違いは受け入れられるものであり、同時に、自身の美しさを生かすものでもあることを表現しました。

会場情報 / VENUE

京都インターナショナルスクール

Kyoto International School

OPEN

4/26 – 4/28
10:00 – 16:00

CLOSE

Sat, Sun

TEL

0754511022

MAIL

kis@kyotointernationalschool.org

WEB

http://www.kyotointernationalschool.org/

ADDRESS

〒602-8247
上京区葭屋町通中立売下ル北俵町317

602-8247
317 Kitatawara-cho, Kamigyo-ku

《More False Memories (l' amour)#7》
©Jean-Luc CARADEC

More false memories -「もう一つの造られた記憶」

More false memories

ジャン・リュック・カラデック
Jean-Luc CARADEC

キュレーター Marguerite Paget

ジャン=リュック・カラデック:もう一つの造られた記憶「子供の頃、両親と聴いた曲を思い出す。こう歌う『最良の記憶はつくられた記憶だ...』」 「もう一つの造られた記憶」はフランス人写真家ジャン=リュック・カラデックの日本での最初の写真展である。この写真展は北野天満宮のそばに新しくできたYOKAISOHOに併設された鳳凰画廊の最初の展覧会。 この写真展では、ジャン=リュック・カラデックの二つの新しい連作が展示されており、それらは写真の中で対話している。最初の連作は、『TROUBLE』。このタイトルはフランス語の言葉遊びで、「ぼかし」、「感情」そして「動揺」といった概念も含んでおり、作品は風景と女性の姿の活写から構成されている。二番目は、『S8メモリーズ』。優しい夢のような雰囲気の中の記憶と子供時代の想起であり、そこでは不快と安らぎが不可分に存在している。記憶と風景を捉えて、カラデックの写真は人間性(風景、女性らしさ、子供たち)にあふれた詩的な情景をもたらしている。その写真の情景は絶え間なく歪曲され、再び作られる現実、つまり、解体され、再構築される現実を示している。カラデックが使う素材は、古い写真や8ミリビデオ、インターネット上のビデオクリップ、個人の遺品、また無名なアマチュア写真家の作品などであり、様々なメディアを駆使している。既存の写真を用いるカラデックの手法は、現代写真にユニークな反響を呼んでいる。

Jean-Luc Caradec: More False Memories “I remember a song that I was listening with my parents when I was a child, it says: ‘The best memories are those that we invent’.” More False Memories is French photographer Jean Luc Caradec’s first exhibition in Japan. It is the inaugural exhibition of the Hōō gallery, a new art space located just outside of the Kitano Tenmangū shrine, in the northern part of Kyoto city, in Yōkai SOHO. This exhibition presents two new series of the artist brought together as a conversation in images. The first series, “TROUBLE”, is a play on word in French, bringing together the notions of ‘bluriness’, ‘emotions’, and ‘disturbance,’ and consists of landscapes and depictions of female figures. The second, “S8memories”, is an evocation of childhood and memory in a soft dreamlike setting, where discomfort and contentment are never far from one another. Capturing memories and environments, Caradec’s photographs offer a poetic vision, full of humanity –landscapes, the feminine figure, children– presenting a deconstructed, reconstructed reality, one that is in a perpetual state of distortion and re-invents reality. Caradec works in mixed media, using materials as varied as old photographs, Super 8 film, video clips from the Internet, materials from personal mementos, or from anonymous amateurs. His use of pre-existing images lends a unique reflection on contemporary photography.

会場情報 / VENUE

鳳凰画廊

HōōGallery

OPEN

4/18 – 5/10
Sat,Sun 15:00 – 19:00
Weekday 15:00 – 18:00

CLOSE

4/28,4/30,5/5,5/7

EVENT

opening party
4/19

TEL

08043919713

MAIL

yokaisoho@gmail.com

ADDRESS

〒602-8371
上京区西町下ノ森通24

602-8371
24 Nishimachi Shimonomoridori Kamigyo-ku,

《花火 / HANABI》
©Nobuto Osakabe

花火 / HANABI

HANABI

刑部信人
Nobuto Osakabe

キュレーター 竹井正和

花火の写真を撮ることには、抵抗があった。 誰が撮っても、それなりに綺麗に撮れ、オリジナリティーを探すことができなかった。 周りの風景を入れて撮影したものでしか個性をだせないものが多く、 花火単体での美しさと向き合って表現するのは難しいと思っていた。 2012年、本格的にデジタルカメラでの作品制作を始めた。 今までのフィルム写真とは違い、PCモニター上では細部まではっきりと見えた。 アナログ写真とは圧倒的に違う解像度という概念が、そこにはあった。 写真=解像度。高解像度でみたことがないものを撮影しようと思った。 CCDが光を電気に変換し、画像信号をメディアに記録し、再生する。 すべて電子的過程で行うデジタル写真は、カメラという箱のなかに小さな宇宙をつくっているように感じた。 その年の夏。多摩川の花火大会にいった。 そこで、この「花火」のシリーズの核となる写真を撮影した。 一瞬の爆発から生み出させれる無数の美しさは、 まるで宇宙を見ているかのようだった。 一枚一枚表情が違い、唯一無二の存在であり、 無限に広がる空間と時間を「花火」のなかにみた。 「花火」の作品は、宇宙への憧れを表現している。 画面でしか見たことない宇宙を、花火と写真と使って具現化している。 もしいつか宇宙にいくことがあれば、どんな光がそこにはあるのだろう。 ひときわ輝きを放つ光景を、永遠に撮影できる気がする。

I have always been reluctant to photograph fireworks. They all look good to some extent but have no originality at all as a photograph. Background of fireworks only matter in order to be unique and it has led me think that beauty of firework itself is difficult to work on alone. When I started using a digital camera mainly in 2012, I realized how high the resolution was on my PC monitor, unlike old film photography- in terms of resolution, it was totally beyond my expectation. Then I decided to photograph objects that I haven’t really seen in high resolution before. CCD converts light into signals in order to convey information to be recorded in a device. I felt as if the all-electric process of digital photography is like creating a universe in a small box of camera. That summer, I went to see fireworks on the Tama River. Some of the pieces I would call core of the series “HANABI(fireworks)” were taken that time. I felt like I was looking at the universe when countless beauties burst upon my sight in a moment of explosion. In each of fireworks looking different as the one and only existence, I saw space and time spread eternally. The “HANABI” series express longing for the universe. Using fireworks photographed on paper, I am trying to realize the universe I haven’t seen with my own eyes. What kind of lights would there be, if I could ever able to go to the space? I would never be bored photographing the brightest spectacle.

会場情報 / VENUE

FOIL GALLERY

OPEN

4/11 – 5/3
Mon-Sat 11:30 – 19:00
Sun 11:30 – 18:00

CLOSE

Wed

ENTRANCE FEE

¥300

TEL

0754516162

MAIL

gallery@foilkyoto.com

WEB

http://www.foilkyoto.com/

ADDRESS

〒602-8453
上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3F

602-8453
1-519 3F Sasaya-cho,Kamigyo-ku

《The Immobile Traveller project》 
©Laura Quinonez

The lmmobile Traveller

ラウラ・キニョンズ
Laura Quinonez

キュレーター NPO法人 ANEWAL Gallery

Laura Quinonezは写真の空間を変異させる力に関心を持ち、写真、ビデオ、ドローイングを用いてその実験と理解を試み続けてきました。 彼女は2009年に母国コロンビアを後に渡仏しますが、それ以後コロンビアの社会問題の一つである移動(渡航)の制限と彼女自身のイメージ関する疑問を統合したプロジェクト「The Immobile Traveller Project」を制作しました。 「旅」は今日的に多くの暗喩を含んだ言葉となっていますが、彼女にとってのそれは故郷で過ごした時間の傍らに横たわる境界線を中心とした断片を収集する行為にも見えます。 本展覧会の会場となるANEWAL Galleryは築130年の京町家です。閲覧者は京都の街を巡り、その先に続く彼女のイメージと京町家の各部によって縫われた線形の眼差しによって、傍らに横たわる境界線を捉える入り口へと立つでしょう。

Laura Quinonez is interested in the power of image to mutate the space. She have attempted to understand and experiment with photos, videos, and drawings. She left her native country Colombia in 2009, and experienced restricted travel at that time. she began then the production of the project "The Immobile Traveller Project" which integrates the question about image to the one of Colombian social problems. "Journey" has become a word that contains a lot of metaphor nowadays. however in her case, These metaphors appear in the act of collecting fragments of herself scattered around the border between the travel time and the time spent at home. Thus metaphors become the ticket to the next “Journey”. The comming exhibition will be helded at ANEWAL Gallery, a Kyomachiya built over 130 years ago. Visitors will enter to capture their own relation to the border. Contemplation would allow them to sew Laura’s images and the vision of the streets of Kyoto to the parts of Kyomachiya.

会場情報 / VENUE

ANEWAL Gallery

OPEN

4/17 – 4/26
11:00 – 19:00

CLOSE

4/20

EVENT

Artist talk
4/26 14:00 –
ENTRANCE FEE Free

TEL

0754316469

MAIL

contact@anewal.net

WEB

http://www.anewal.net/

ADDRESS

〒602-0059
上京区実相院町156

602-0059
156 Jissouin-cho,Kamigyo-ku

《PAN HORAMA》 ©山内浩

PAN HORAMA / パノラマ

PAN HORAMA

山内浩
Hiroshi Yamauchi

キュレーター NPO法人 ANEWAL Gallery

人は目の前のある情景に駆られシャッターを切る。情景に対して抱くその衝動は「PANORAMA」という言葉がギリシア語で「すべて(Pan)の眺め(Horama)」という意味を持つことから古くからある根源的な欲求であることを思わせる。山内浩は時間という視点から情景を眺望する。それは目に見えるものを超えた先への眼差し。その眼差しには伸びやかな広がりを感じさせると同時に、圧倒的な力と絶望的な隔たりを前に抱く畏れにも似た美しさが秘められている。本展は、会場となる京町家の特性である間仕切りなどを通した重層的な空間の連なりを舞台に、中庭から受けるような外界からの様々な影響も時間の揺らぎとして展示構成に取り込む。そして、彼の持つ時間への眼差しと融合を図ることで、どこまでも拡張する時空の狭間を往来する。

One of the primal impulses for taking photographs is to frame and record what is in front of one's eyes.An ancient Greek word Panorama indicates how far we go back in attempt to satisfy the impulse to capture all (Pan-) of the sight (-Horama), thus the impulse has been with mankind for quite some time. Photographer Hiroshi Yamauchi takes a view from perspective of time.It is a view that tries to make a bridge to what might not be visual necessarily, but somehow sensible. His view creates spacious depth in a photograph while unveiling beauty that comes out only when one stands long enough in front of what is overwhelmingly powerful and despair.This exhibition aims to provide an experience that expands infinitely in time and space as a result of his view on time fused into some of the characteristics of the architectural significance of the Kyo-machiya venue such as multi-layered partitions and outside influences small quadrangle brings.

会場情報 / VENUE

ANEWAL Gallery

OPEN

5/1 – 5/10
11:00 – 19:00

CLOSE

5/7

EVENT

Opening party / Artist talk
5/2 14:00 –
ENTRANCE FEE Free

TEL

0754316469

MAIL

contact@anewal.net

WEB

http://www.anewal.net/

ADDRESS

〒602-0059
上京区実相院町156

602-0059
156 Jissouin-cho,Kamigyo-ku
《suns》 ©Nanjo Toshiyuki

suns

PAN HORAMA

南條敏之
Toshiyuki Nanjo

キュレーター HRD FINE ART

「suns」というタイトルの、近年撮り続けている水面に写る太陽の写真を展示します。水面に向けた眼差しの写真であり、眼差しの背後にあったはずの太陽の写真でもある「suns」。切り詰めた露出と長時間露光により水面は姿を消し、黒い画面のなかに様々な反射する太陽の形が再現されています。かつてそこにあったはずの水面は、太陽というそこにはなかったものによって暗示されています。私たちは水面を見ているのでしょうか、太陽の変化した姿を見ているのでしょうか。水面以外の環境ならどうでしょうか。環境とは、それを照らし満たす光の、無数の、無限とも思える太陽の姿=「suns」といえるのかもしれません。私たちが眼差しを向けているものと、眺めているものとは同じものなのでしょうか。

会場情報 / VENUE

HRD FINE ART

OPEN

4/17 − 5/30
12:00 − 19:00

CLOSE

Mon − Thu, Sun

TEL

0754143633

MAIL

info@hrdfineart.com

WEB

http://www.hrdfineart.com/

ADDRESS

〒602-0896
上京区上御霊竪町494-1

602-0896
494-1 Kamigoryo-tatemachi, Kamigyo-ku
《#levitedeglialtri》  ©Nicola Cordì

Le vite degli altri

PAN HORAMA

ニコラ・コルディ
Nicola CORDÌ
キュレーター:
HIROKATSU YAMAMOTO

共催 :イタリア文化会館–大阪 / Istituto Italiano di Cultura di Osaka

『Le vite degli altri』一 他人の人生。その中で人々は主人公になる。 街ゆく人々の服にあるちょっとしたロゴマークやボタン、色の組み合わせ、そして顔を照らす光、人々の普段の何気ないしぐさ、ニコラは日常の生活の中で、常 にそれを探している。 そして、その瞬間を逃さないように扱いやすいコンパクトカメラやスマートフォンを彼は好んで使う。 スーパーマーケットからバーまで、路地から地下鉄まで、人々が日常の生活で利用するありとあらゆる場所ではいつも何かが起こっている。 そういった都会の喧騒は、ニコラに貪欲さと好奇心を掻き立てる。 『Le vite degli altri』は今の時代の人々の生活や習慣を映している証人である。 同じ空間、同じ時間、同じ場所、それはダイアリーとして人々の記憶に足跡を残す。 そのデジタルのダイアリーはインスタグラムと呼ばれ、その共有スペースで人々は自分の人生の物語を記録する。 そして、その物語のひとつひとつが集まり、やがて大きなモザイクアートを作り上げていく・・・・。 『Le vite degli altri』、人々が主人公。

会場情報 / VENUE

TAMARIBA

OPEN

4/24 − 5/1
9:30 − 18:30

CLOSE

Sun

EVENT

Opening party
4/25 11 :00 −

TEL

0754312244

MAIL

kikaku@flat−a.co.jp

WEB

http://tamariba-kyoto.com/

ADDRESS

〒603-8165
北区紫野西御所田町 16-2 TAMARIBA 1F

603-8165
TAMARIBA 1F, 16-2 Murasakino Nishigoshoden-cho, Kita-ku
©John Einarsen

SONG: Visions of Kyoto

シュヴァーブ・トム/ バーマン・アーロン/ ニルス・フェリー/ ジョン・アシュバーン/ ジョン・アイナーセン/ マイカ・ガンペル/ スチュアート・ギブソン
Tomas Svab / Aaron Berman / Nils Ferry / John Ashburne / John Einarsen / Micah Gampel / Stuart Gibson

会場情報 / VENUE

Café Foodelica

OPEN

4/16 – 5/11
11:30 – 20:00
(Thu 16:00)

CLOSE

Tue, 4th Wed

EVENT

4/25,4/29

TEL

0757035208

MAIL

foodelica@gmail.com

Tue, 4th Wed

http://foodelica.com/

ADDRESS

〒606-8007
左京区山端壱町田町8-6 京福修学院マンション 1F

606-8007
Keifuku Mansion 1F, Yamabana Itchoda-Cho 8-6, Sakyo-Ku
《一山 -Issan-》  ©Eriko Koga

一山

Issan

古賀絵里子
Eriko Koga

キュレーター EMON PHOTO GALLERY

代表 小松整司

古賀絵里子は 2009年に高野山を訪れ、以来その懐の深さに魅せられて幾度となく通い続けます。そこで暮らす人々との交流を深め、それまで風景主体だった撮影に人が交わり、 5年余の歳月をかけて作品を撮りた めていきました。「一瞬」の意味を持つ玉響(たまゆら)という古語のように、作品『一山』は、自然、建築、また人の営みが共鳴する瞬間を捉え、奥深い響きを宿す作品としてまとめられています。

会場情報 / VENUE

妙満寺

Myoman-ji Temple

OPEN

4/18 – 5/10
9:00 – 16:30

CLOSE

None

EVENT

OpeningEvents 4/18 15:00 –
Talkshow
4/18 16:00 –
AKAAKA
slideshowinKyoto
4/26 13:00 –
Vero-TsuchiLive
5/8 14:00 –
4/25 11 :00 −

TEL

0757917171

MAIL

mail@kogaeriko.com

WEB

http://www.kyoto.zaq.ne.jp/myomanji/

ARTIST WEB

http://kogaeriko.com/

ADDRESS

〒606-0015
左京区岩倉幡枝町91

606-0015
91 Iwakurahataeda-cho, Sakyo-ku
《LOVE, PEACE HARMONY》
©Manabu.N

LOVE PEACE HARMONY
世界で一番美しい ISLAND

MANABU.N (SORADIA')
Manabu.N

2014年に引き続き「LOVE,PEACE HARMONY」のコンセプトのもと、世界中のISLANDから、「世界で 一番美しい」と言われるソラディアの写真をお届けします。

Love ,Peace Harmony Most Beautiful Island Luxury Resort in the World

会場情報 / VENUE

ジャガー・ランドローバー京都ギャラリー

Jaguar Land Rover Kyoto Gallery

OPEN

4/18 − 5/10
10:00 − 19:00

CLOSE

Wed

EVENT

Closing Event
5 / 10
ENTRANCE FEE ¥5,000

TEL

08041222205

MAIL

keda-k@hakko-group.co.jp

WEB

http://www.landrover-hakko.co.jp/jaguar/showroom/kyoto.html/

ADDRESS

〒606-8167
左京区一乗寺樋ノ口町 60

606-8167
60 Ichijyoji hinokuchi-Cho, Sakyo-ku
©pm cook

The Wedding Album

pm cook

キュレーター the ART foundation

The Wedding Album by pm cook born in England living in Tokyo.Featuring: Japan's first same sex Shinto wedding In collaboration with Hasselblad, Japan

会場情報 / VENUE

シィエル・ルージュ・クレアシオン・京都 -"見晴亭 :空中茶室 "

Ciel Rouge Creation-Kyoto "Sky-Cyashitsu"

OPEN

4/28 − 5/10
15:00 − 18:30

CLOSE

5/1,5/8

TEL

0757066673

MAIL

crc@cielrouge.com

WEB

http://cielrouge.com/

ADDRESS

〒606-8244
左京区北白川東平井町11

606-8244
11 Higashi-hiraicho, Kitashirakawa, Sakyo-ku.
 

《見晴亭-空中茶室 ベルべデール-浮遊する森》はCRC-kyoto "萌文庵" 建築アートデザイナーフミコカネコの最新作 。 日本伝統の概念【見立て】を元に、ニュイブランシュKyoto 2024 に参加した清水五条、路地奥の小さなテラスを《森》と見立てた《五条の森の町家》から,引き続き2012開始された《Kyo-Machiya, Mon amour》ムーヴメント三部作である。 今回は既存の屋根上に櫓を組み、その見晴台に空中に浮かぶ森と見立てた自在に視界を変化させる塀に囲まれた一間だけの《見晴亭-空中茶室-浮遊の森》である。 東に大文字焼の大文字山、西に見事なるサンセットヴューと、6畳に収めた茶室は、東西南北四方へ開らかれ、階下1F、オリジン何の変哲も無い玄関であった北側2畳(2013/1月竣工)の茶室が、あたかも胎内に包まれたかの《小宇宙的》瞑想の場であるに対し、空、浮かぶ雲の間に《浮遊する森》から《大文字山と対峙する》しつらえと見立てた。

 
A special exhibition, 'The Wedding Album' of Joni Waka and Kafka, symbolically held at my latest architectural creation"Sky Chashitsu-Flooting Forest"in affiliation with KG+KYOTOGRAPHIE Satellite Évente. 'Sky Chashitsu' is my third realization of my own project named myself "Kyo-Machiya mon amour". It is a simple rooftop room in a little Old Machiya House, 'Moe fu an' but a very profound in its conception! 'Sky Chashitsu-Flooting Forest ' is a room that sits inside a double terraced wood and bamboo and opens in all four directions, East, West, South and North. The 'Toko no ma' is designed to contemplate natural light instead of Jiku or flower decoration. The East faces the famous Daimonji Mt., fire of the letter Dai (grand) in the mountain for sending back 'divinity' to the sky every 16th of August. The first renovation at 'Moe fu an' was completed in January 2013. During this time I had the idea (without really working on it) of creating an original rooftop Chashitsu concept as a 'Hinomi Yagura' in French 'Belvedere'. Now we are in April 2015, two years later, and my dream has come true! Only a foolish artist-archi-designer could realize such an expensive idea for a such a little space on top of a roof! I would be honored to present to you the first and only 'Sky Chashitsu-Flooting Forest ' on this great occasion. I hope this modest realization will be enjoyable to everyone together with the beautiful and unique exhibition of 'The Wedding Album' with Joni Walker and Kafka.
 
A l'exposition 'The Wedding Album' de Joni Waka et Kafka, symboliquement tenue dans ma derniere création architecturale, "Sky Chashitsu - Belvédère-Forêt imaginaire suspendue"dans le contexte du festival "KG+KYOTOGRAPHIE Satellite Évente : Exhibition Opening Party Invitation .(ci-jointe:une invitation de la part de Joni Waka et Kafka ) 'Sky Chashitsu - Belvédère-Foret imaginaire suspendue' est ma troisième réalisation d'un mouvement "Kyo-Machiya mon amour "lancé et baptisé en 2012 par moi-même et c'est une piece unique aux lignes dépouillées siegeant sur le toit d'une ancienne Machiya. Posée sur une terrasse de bois et de bambou cette salle de thé est ouverte au quatre directions cardinales. Son "Toko no ma"a été conçu pour admirer les variations de la lumière naturelle. A l'Est on peut contempler le Mont Daimonji dont la lettre Dai (grand) est enflammée chaque 16 aout afin de renvoyer le divin dans les cieux. La première rénovation de 'Moe fu an' a été achevée en janvier 2013. Durant cette période m'est venue l'idée de créer un espace Chashitsu original en hauteur à la facon d'un 'Hinomi Yagura' ou 'Belvédère'. Après deux années, en avril 2015, mon rêve prend finalement forme. Seul un artiste-architecte-designer un peu fou peut mettre autant de moyen à la réalisation d'un si petit espace perchés sur un toit. Je suis ravie d'offrir ce nouvel espace atypique comme cadre à la magnifique exposition photographique. Fumiko Kaneko Artiste-architecte-designer Ciel Rouge Creation-Kyoto "Moë fu an"et "Belvédère - Forêt imaginaire suspendue "- Sky Chashitsu

©岡部稔

PHOTO IMPROVISATIONS

岡部稔
Minoru OKABE

「社会の吹き溜まりの中からカメラが拾い集めたモノたち。作家と出会い、レンズを通し、浄化された作品群。具象から抽象へ、景色から気色へ。」

Okabe Minoru enjoys taking walks and taking photographs of everyday items found on his path in new angles and ways that often baffle viewers with their poetic tones; these subjects will fill the walls for this Kansai first exhibition.

会場情報 / VENUE

Robert Yellin Yakimono Gallery

OPEN

4/24 − 5/10
11:00 − 18:00

CLOSE

None

TEL

09014717512

MAIL

robert@e-yakimono.net

WEB

http://www.japanesepottery.com/

ADDRESS

〒606-8407
左京区銀閣寺前町39

606-8407
Ginkakuji-mae-cho 39, Sakyo-ku
© Hidenori Suzuki

First Burn

鈴木秀法
Hidenori Suzuki

毎夏一週間、米国ネヴァダの砂漠のど真ん中に巨大な街が現れます。お金が流通しない、” Gift”の精神によって回る世界。電波もなければ水、電気もありません。その祭は、 ”Burning Man”と呼ばれます。この展示は、その世界で切り取った、私個人の視点の記録です。

for 1 week in every summer, a huge city appears in the middle of the dessert. No money, electricity,internet, or radio waves exists in the city. It is called “Burning Man”. This exhibition is a record of my personal viewpoint that I experienced.

会場情報 / VENUE

SPACE 2A

OPEN

4/20 − 5/10
12:00 − 17:00

CLOSE

None

TEL

09014717512

MAIL

hidingnori@gmail.com

ADDRESS

〒602-0841
上京区梶井町 448-13清和ビル 2F 2A

602-0841
2F 2A Seiwa Bldg. 448-13, Kajii-Cho, Kamigyo-ku
《Grey - Gezi Park, Istanbul》©Tadashi ONO

RECORDING / DECODING
(KYOTO – HONG KONG – ISTANBUL)

大河原光 / 畠山元成 / 小野規
Hikari Okawara / Motonari Hatakeyama / Tadashi Ono

キュレーター イザベル・オリヴィエ

記録すること/解読すること
「記録」をキーワードに、写真によるドキュメンタリーの可能性について考えます。写真の記録性を重視しつつも、それを同時に表現へと展開していこうと試みる作家3名が、それぞれ京都/香港/イスタンブールで制作した作品を展示します。

RECORDING / DECODING
A reflection on the documentary approach of photography. Witnessing the importance of the documentary genre, three artists tried to express and unfold throuhg commited works made in Kyoto, Hong Kong and Istanbul.

会場情報 / VENUE

アンスティチュ・フランセ関西 - 京都

Institut français du Japon - Kansai

OPEN

4/18 – 5/10
Tues-Sat 10:00 – 19:00
Sun 10:00 – 15:00
Golden Week Salon 3F & Café
4/29 – 5/5
12:00 - 17:00
(except 5/6 closed)

CLOSE

Mon

EVENT

Opening party
4/18 17:30 –
Exhibition guide
4/18 14:30 –
4/19 15:00 –
Talk Event
4/25 14:00 – 15:30

TEL

0757612105

MAIL

kansai@institutfrancais.jp

WEB

http://www.institutfrancais.jp/kansai/

ADDRESS

〒606-8301
左京区吉田泉殿町8

606-8301
8 Izumidono-cho,Yoshida, Sakyo-ku
《au travers des larmes 》 ©Samuel André

Lueurs

サミュエル・アンドレ
Samuel ANDRE

キュレーター Pollen Rec

Write light, time, shadow. Using the space and lightning (artificial or natural) of Kamogawa Café in order that the exhibition can be appreciated in different time of the day.

会場情報 / VENUE

かもがわ café

KAMOGAWA café

OPEN

4/25 – 5/10
12:00 – 23:00

CLOSE

Thu

EVENT

Opening et Live Performance
4/26 17:30 –

TEL

0752114757

MAIL

cafekamiogawa@gmail.com

WEB

http://www.cafekamogawa.com/

ADDRESS

〒602-0855
上京区西三本木通荒神口下る上生洲町229-1

602-0855
229-1 Kamiikesu-cho, Nishi sanbongi-dori Kojinguchisagaru,Kamigyo-ku.
《twintail》 ©Masaharu SATO

1×1=1

佐藤雅晴
Masaharu SATO

キュレーター Pollen Rec

イムラアートギャラリーでは、佐藤雅晴個展「1×1=1」を開催いたします。ひとつのものをふたつにしてみたり、ふたつのものをひとつにしてみる。そして、写真という複写された対象をトレースして、再び描くという行為を用いて複写する。今回の作品は、ぼくが近年制作している写真と絵画の中間的な構造を表現するためのひとつのアプローチを試みています。

Imura art gallery is very pleased to present the solo exhibition of Masaharu SATO “ 1×1=1”.ーI divide one thing into two or consolidate two things into one. Then I trace photographs, which are replicated objects, to replicate them once again by drawing. These works are an attempt to express the intermediate structure between photographs and paintings which I have been working on recently.

会場情報 / VENUE

イムラアートギャラリー

imura art gallery

OPEN

4/18 − 5/23
11:00 − 19:00

CLOSE

Sun,Mon,National Holiday

TEL

0757617372

MAIL

info@imuraart.com

WEB

http://www.imuraart.com/

ADDRESS

〒606-8395
左京区丸太町通川端東入東丸太町31

606-8395
31 Kawabata Higashimaruta machi, Sakyo-ku

granulr agency presents "inside"
KYOTOGRAPHIE &KG+ CLOSING PARTY

Akira Sunrise /
Daijiro Hama & Saikou Miyajima /
Dj Itoi / Hal / Masahiko Takeda /
Outatbero / Rem Kina / Tsukasa Hashimoto /
Yudai Tamura & Special Guest

会場情報 / VENUE

Cafe & gallery etw (2F)

OPEN

5/9 19:00 – 25:00

TEL

0757713979

MAIL

etwcafegallery@gmail.com

WEB

http://etwcafegallery.com/

ADDRESS

〒606-8396
左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F

606-8396
2F Ebisu Bldg. 82,Simodutsumi-cho, kawabata Marutamachi sagaru, Sakyo-ku

KYOTO METRO (BF)

OPEN

5/9 19:30 –

DOOR

¥2,500 inc 1 drink

ADV

¥2,300 inc 1 drink

TEL

0757524765

MAIL

info@metro.ne.jp

WEB

http://www.metro.ne.jp/

ADDRESS

〒606-8395
左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビルBF

606-8395
BF Ebisu Bldg. 82,Simodutsumi-cho, kawabata Marutamachi sagaru, Sakyo-ku
《Sky Variations *cyrcle project, 2000 Europe ver》 ©間瀬拓人

The Sky of the People, by the People,for the People

間瀬拓人
Tacto MASE

私達それぞれの日常において見る景色、そこに光を与え色を添える空。かれこれ十数年前、ヨーロッパ滞在時に取り組んだ Sky Variations *cyrcle project─滞欧各地において針金のハンガーを用いて丸くフレーミングした空の写真を撮り集め、帰国後コラージュ作品としたもの─の発展形として、今回 2015年 Kyoto ver.を新規制作、タイトルも新たに当時から構想していた共同プロジェクトの形でスケールアップした作品をメインに据え、空の光で展示空間を演出します。一つの作品=一つの空として、個々人の視界の向こうにまで広がる大きな存在を「空想」させるような作品世界を提示します。

会場情報 / VENUE

Cafe & gallery etw

OPEN

4/17 – 5/10
Weekday 18:00 – 25:00
Sat,Sun 15:00 – 25:00

CLOSE

None

EVENT

Opening et Live Performance

TEL

0757713979

MAIL

etwcafegallery@gmail.com

WEB

http://etwcafegallery.com/

ADDRESS

〒606-8395
左京区丸太町通川端東入東丸太町31

606-8395
31 Kawabata Higashimaruta machi, Sakyo-ku
《Brick Yard》
©Akihito Yoshida

Brick Yard

吉田亮人
Akihito Yoshida

キュレーター 矢萩多聞

働くを思考する
「労働」とは一体何だろう。いつも見えるものとしてあった労働の姿が現代日本社会においては見えにくくなっている。見えたとしても「全体」に対する「一部分」といった感じで「労働」の深さを実感することが機会が減っている。この作品はバングラデシュのれんが工場の労働者を撮った作品だ。この作品もまた産業の「一部」に過ぎないわけだが、身体を動かし何かを創り上げるという根源的な労働の姿は私達に「労働」とは一体何なのかということを改めて思考させるのではないだろうか。鑑賞者自身がこの作品をきっかけに思考し、対話する一助となればと思う。

I started photographic recordings of manual labor workers in shipyards, textile factories and steel mills in Bangladesh and India.This project on brickyard, taken in the end of 2012 in Bangladesh, is one of my personal works. This nation of rapid economic growth has booming construction rush and faces massive domestic migration from rural areas to the capital Dacca. That puts all brickyards on full swing operation in order to meet the high demands of bricks as the fundamental construction material. In Ashulia district, suburb of Dacca, seasonal workers in residence operate throughout the year except monsoon season. Unbelievably, all the production is done by sheer force of workers without any heavy equipment.It is a sight coming from almost pre-industrial era to the eyes of 21st century modern day Japan. While the scene is as much to show a pure definition of physical labor, it also represents the joy and pain of producing bricks that are the fruits of the labor.The more I see them through the finder, the more the proposition of “work” reels with question in my mind.

会場情報 / VENUE

恵文社一乗寺店 Gallery Enfer

OPEN

5/12 − 5/18
10:00 − 21:00 (last day: –18:00)

CLOSE

None

TEL

075-711-5919

WEB

Akihito YOSHIDA WEBSITE
KEIBUNSHA WEBSITE

ADDRESS

〒606-8184
京都市左京区一乗寺払殿町10

Keibunsha Gallery Enfer Ichijoji. Kyoto. Japan
《natures#001》
©palla / Kazuhiko KAWAHARA

断面 SECTION
SECTION

palla / 河原和彦
palla / Kazuhiko KAWAHARA

作品は、写真や映像を規則的に反復し配置・合成したものである。折り重ねられた空間あるいは時間を規則正しくずらしていく過程において、実に多彩な意味を放つ瞬間に出会うことがある。それはあるイメージがダイナミックな展開を遂げることにより生み出される時空間の隠された姿である。わたしたちの世界の隠れた構造は、自身がそこに組み込まれているがゆえに決して見ることができない。ただ、わたしたちがそれを意識しうるある特別な瞬間がある。その瞬間がもたらすダイナミズムがわたしたちを驚かせるのである。無限の意味が飛散する瞬間を捉えた『断面』は、わたしたちの世界を知るための手掛かりである。不可視の時空間を認識するための端緒となるのである。

会場情報 / VENUE

COHJU contemporary art

OPEN

5/2 − 5/17
12:00 − 18:00

CLOSE

Tue, Wed

TEL

0752564707

MAIL

info@cohju.co.jp

WEB

http://cohju.co.jp/

ADDRESS

〒604-0981
中京区寺町丸太町西入毘沙門町557江寿ビル 1F

604-0981
COHJU bldg. 1F, 557 Bishamon-cho, Nakagyo-ku
《déambulation》
© Jean Luc Caradec

道順なしにぶらぶら歩く
Déambulation

ジャン・リュック・カラデック
Jean-Luc CARADEC

キュレーター Marguerite Paget

このエキシビションはフランスの写真家であるジャン ・リュック ・カラデックの人生のさまよいを紹介したものである。この写真集は3年にわたってそのほとんどをスマートフォンにより撮り集められた彼を魅了してやまないものばかりである。写真はカラデックにとって彼の人生そのものである。散歩して呼吸し、目に入ったものを彼の視覚的日記として芸術家の遊歴や感覚、その時の中で彼の存在における課題と浮かび上がったものを投影する。ハロー画廊提供、非日常で革新的な舞台美術におけるこの創作選集。日常からもう一つの世界に誘うであろうその写真集。ハロー画廊を訪れた者はふとその場所から想像の世界へいつの間にか運ばれる、それを体験し実感することが出来るであろう。

Jean-Luc Caradec: More False Memories
“I remember a song that I was listening with my parents when I was a child, it says: ‘The best memories are those that we invent’.”
More False Memories is French photographer Jean Luc Caradec’s first exhibition in Japan. It is the inaugural exhibition of the Hōō gallery, a new art space located just outside of the Kitano Tenmangū shrine, in the northern part of Kyoto city, in Yōkai SOHO. This exhibition presents two new series of the artist brought together as a conversation in images. The first series, “TROUBLE”, is a play on word in French, bringing together the notions of ‘bluriness’, ‘emotions’, and ‘disturbance,’ and consists of landscapes and depictions of female figures. The second, “S8memories”, is an evocation of childhood and memory in a soft dreamlike setting, where discomfort and contentment are never far from one another.Capturing memories and environments, Caradec’s photographs offer a poetic vision, full of humanity –landscapes, the feminine figure, children– presenting a deconstructed, reconstructed reality, one that is in a perpetual state of distortion and re-invents reality. Caradec works in mixed media, using materials as varied as old photographs, Super 8 film, video clips from the Internet, materials from personal mementos, or from anonymous amateurs. His use of pre-existing images lends a unique reflection on contemporary photography.

会場情報 / VENUE

ハロー画廊

HALOGALO

OPEN

4/18 − 4/24
11 :30 − 23:00

CLOSE

Mon

TEL

0752318625

MAIL

info@cohju.co.jp

WEB

http://cafe-hello.jp/

ADDRESS

〒604-0951
中京区二条柳馬場東入ル晴明町650

604-0951
650 Seimei-cho, Yanaginobanba-Higashi-iru, Nijo, Nakagyo-ku
©松本尚大

Night a Dream

松本尚大
Naohiro Matsumoto

私は自分のイメージした風景を作り出すことをテーマにして制作を行っている。そのために夜、被写体にライトを照射し絶対にその場所では見られないような風景を演出している。また、全ての作品が青色であることも特徴の一つである。青色は夜を連想させる色である。風景と青色が織りなす世界観をお楽しみください。

会場情報 / VENUE

ハロー画廊

HALOGALO

OPEN

4/25 − 5/1
11 :30 − 24:00

CLOSE

Mon

TEL

0752318625

MAIL

info@cohju.co.jp

WEB

http://cafe-hello.jp/

ADDRESS

〒604-0951
中京区二条柳馬場東入ル晴明町650

604-0951
650 Seimei-cho, Yanaginobanba-Higashi-iru, Nijo, Nakagyo-ku
©武耕平

Happy Vendors

武耕平
Kohei Take

キュレーター Marguerite Paget

Happy Vendors「さまざまな文化圏のお店を日本との物価対比とともに記録」
世の中には色々な形態の店があるようだ。道路に面した店、市場の中の店、屋根があったりなかったり、船で現れたりなど、主人のキャラクターや生活のペースによって、規模や形もさまざま。ここで撮影した店には値段表示などのない個人商店がほとんどであり、そこでは値段を聞いたり、交渉したりなどのコミュニケーションが必要だ。時には仲良くなったり、出会いや憩いの場所にもなる。今やインターネットや大型ショッピングモールの普及によって「売る、買う」の形態が変わり、商店街や小売店が姿を消す。以前の日本にもこのようなコミュニケーションの場所があったはずだ。彼らの国々でも利便を追求した結果、これらのお店が消えていかないこと願う。

会場情報 / VENUE

ハロー画廊

HALOGALO

OPEN

5/2 − 5/10
11 :30 − 24:00

CLOSE

Mon

TEL

0752318625

MAIL

info@cohju.co.jp

WEB

http://cafe-hello.jp/

ADDRESS

〒604-0951
中京区二条柳馬場東入ル晴明町650

604-0951
650 Seimei-cho, Yanaginobanba-Higashi-iru, Nijo, Nakagyo-ku
《古巴 (キューバ) − モノクロームの午後》 
©夜野悠

古巴 (キューバ )ーモノクロームの午後
Cuba-monochrome

夜野悠
Yu Yoruno

キュレーター Mitsuo Handa

スペイン植民地時代の名残を刻んだ古色蒼然とした建造物群が残るハバナの裏町。物質的には決して豊かとは言えない日々。時が止まった静かな生活が繰り返される。しかし人々の表情は不思議と明るい。歴史の苦難、荒波に翻弄されながらも、物欲や消費社会とは離れたところで、ささやかな日常を L'or du temps(「時の黄金」)に変える心の錬金術をもっているかのようだ。そんなハバナの裏町で暮らす人たちの何気ない日常風景をモノクロームの映像でとらえた。2013年夏に撮影したモノクロームの写真とモノクロムービー、テキスタイル、詩などを交えたミクストメディアのインスタレーションで構成する。半世紀前の時間が凍結されていたキューバ。政治のはざまで人々の日常は宙吊りになったままだった。そのキューバがことし歴史的な転換点を迎えようとしている。1959年のキューバ革命から半世紀を経て61年以来断絶されていた米国との国交回復の見通しがでてきた。封印された半世紀もの時間が今後どのように解凍されていくのだろうか。そして人々の生活は…。

Light and shadow weaves through time as the weight of history sinks down upon us".The backstreets of Havana are full of atmosphere. Landscape frozen in time; crumbling,vibrantly coloured Spanish colonial buildings;and Habaneros with open, joyful faces in spite of a modest way of life nearly devoid of the materialistic pleasures that we take for granted.

会場情報 / VENUE

Gallery Take two

OPEN

5/1 − 5/7
11:00 − 19:00

CLOSE

None

MAIL

gallerytaketwo@me.com

WEB

http://gallery-taketwo.com/

ADDRESS

〒604-0941
中京区御幸町通御池上ル亀屋町399 カーサ御幸 1F

604-0941
Casa goko 1F, 399 Kameya-cho, Nakagyo-ku
《その瞳の先に有るもの、Ⅱ》  ©平寿夫

その瞳の先に有るものⅡ
〜イエメンの肖像〜
Seeing Beyond the Eyes Ⅱ
〜 Portraits from Yemen 〜

平寿夫
Hisao Taira

アラビア半島南端の国、イエメン共和国。アラブ人の生まれ故郷と言われている。そこに頑に残る伝統的な民族の姿を紹介したい。北部サーダとシャハラ、東部マリブの厳しい男の表情と紀元前の遺跡。西部の紅海沿岸のアフリカを思わせる建物等。少しの距離での違いは、人々は環境に沿って生きて来たと言う事の現れであろう。

会場情報 / VENUE

ヤマモトギャラリー

Yamomoto Gallery

OPEN

4/21 − 4/26
11:00 − 19:00

CLOSE

None

TEL

0332053435

MAIL

shibata@japanphotoglobe.org

WEB

http://gallery.framing-y.com/

ADDRESS

〒604-8091
中京区姉小路通寺町東入ル下本能寺前町492

604-8091
492 Shimo honnouji maemachi Aneyakoji-dori Teramachihigasi-iru, Nakagyo-ku
©高崎勉/JPCO

JPOC Gallery in KYOTO

特定非営利活動法人日本の写真文化を海外へプロジェクト
Members of Japanese Photo Culture to Overseas

ディエクター 柴田誠

NPO法人日本の写真文化を海外へプロジェクト (JPCO)のメンバーによる作品展。2014年に制作した写真集JPCOシリーズの掲載作品、およびJPCOメンバーの作品を展示・販売する。作品を展示だけで終わらせるのではなく購入できるようにすることで、日本にもアートマーケットを拡大していく。

This photo exhibition is the works of the members of NPO Japanese Photo Culture to Overseas (JPCO).Our mission sends Japanese photo culture to foreign countries and make the art market become established in Japan.Therefore we'll can't bring the works to show only by exhibition and can buy it.We sell the photo collections JPCO series and our works.

会場情報 / VENUE

ヤマモトギャラリー

Yamomoto Gallery

OPEN

4/28 − 5/3
11:00 − 18:00

CLOSE

None

TEL

0332053435

MAIL

shibata@japanphotoglobe.org

WEB

http://gallery.framing-y.com/

ADDRESS

〒604-8091
中京区姉小路通寺町東入ル下本能寺前町492

604-8091
492 Shimo honnouji maemachi Aneyakoji-dori Teramachihigasi-iru, Nakagyo-ku
《gone the mountain》  ©守屋友樹

消えた山、現れた石| gone the mountain_ turn up the stone
gone the mountain_ turn up the stone

守屋友樹
Yuki MORIYA

友人と登山をする事になり、車で向かった日のこと。高速を走らせる最中、フロントガラスから見える遠くの山は△状で高くそびえ立って見えていた。その山へ徐々に近づいて行くと山は見えなくなった。いや、よく見ると目の前には大きな壁のような山となっていたのだ。この見え方の経験は、僕にとって忘れられない出来事でした。遠くから見る山は△状で、近づくと壁となり、その壁を抜けて入ると、平たい雑木林の空間に埋もれる。その中で、道を探したり、コンパスと地図を開いては位置を確認したりする。このような様々な状況をもって山であると認知している。それは、△状のイメージが解体され僕の中で様々な山を感じるものとなった。しかし、引き戻されるように再び△状でもあり、解体されたものでもあ るかのようで「山」とあやとりをしているかのようだ。この繰り返し、寄せては返すイメージのあやとりは、祖父の墓を見ている時と似たものだった。墓は「石であり、祖父である」と指し示してはいるが、目の前にある事とそこでは見えないの実体の無さが同一にある事に山や写真を見る事と重なって感じた。僕は、山での見え方を《石をたてる/写真にする》行為をもってあやとりしたいと思う。

会場情報 / VENUE

Gallery PARC

OPEN

4/14 − 4/26
11:00−19:00
(Fri 20:00 Lastday 18:00)

CLOSE

Mon

TEL

0752310706

MAIL

info@galleryparc.com

WEB

http://www.galleryparc.com/

ADDRESS

〒604-8082
中京区弁慶石町48 三条ありもとビル 2階

604-8082
Sanjo-Arimoto bldg 2F, 48 Benkeiishi-cho, Goko-machi, Sanjo-dori, Nakagyo-ku
《Artificial S 3》  ©麥生田兵吾

Artificial S 3“後ろから誰か (他の)がやってくる”
[ Artificial S 3 ] "Someone(Another one) comes from behind."

麥生田兵吾
Hyogo MUGYUDA

主題「 Artificial S」。この主題は 5つの章に別けられ構成されています。昨年同ギャラリーで 2章目にあたる展示を行いました。今展は 3章目になります。特に “人”をモチーフに扱った作品群です。全章つうじて「生死、死生」を表現します。 “生から死へ ”というシーズンではなく(“生”と“死”という切り分けられた瞬間(静止)ではなく )“生あること ”を求めます。震える “生”です。

会場情報 / VENUE

Gallery PARC

OPEN

4/28 − 5/10
11:00−19:00
(Fri 20:00 Lastday 18:00)

CLOSE

Mon

TEL

0752310706

MAIL

info@galleryparc.com

WEB

http://www.galleryparc.com/

ADDRESS

〒604-8082
中京区弁慶石町48 三条ありもとビル 2階

604-8082
Sanjo-Arimoto bldg 2F, 48 Benkeiishi-cho, Goko-machi, Sanjo-dori, Nakagyo-ku
©Bungo Saito

「神記憶」私を受け止め明日へと導く風と雲と空の道
Sign of God

齊藤文護
Bungo Saito

いかに生きるのか?どこへ向かうのか?現代人への啓示を、写真と詩のコラボ作品で具象化、心を動かし、今を生きる喜びに気付かせてくれる写真家自身の聖地をすくい撮り、そこから立ち昇る氣を詩に言語化。作品毎に設けた椅子を鑑賞装置に、作品世界との対峙と交流を試みま した。自らの聖地に出合い、今を生きる意味を感じ取る、覚醒の体験場を創出します。

会場情報 / VENUE

同時代ギャラリー

DOHJIDAI GALLERY of ART

OPEN

4/21 − 4/26
19:00−19:00
(Lastday 18:00)

CLOSE

None

TEL

0752566155

MAIL

info@dohjidai.com

WEB

http://www.dohjidai.com/

ADDRESS

〒604-8082
中京区三条通御幸町東入弁慶石町56 1928ビル 1F

604-8082
1928bldg.1F, 56 Benkeiishi-cho,Gokomachi,Sanjo-dori,Nakagyo-ku
《TIME PAINTING × LIGHT RESTRAINT》 
©2015 Naoki.L.Fujita

TIME PAINTING ⇔LIGHT RESTRAINT
時空に描き 光を拘束する
TIME PAINTING ⇔ LIGHT RESTRAINT

AKITO SENGOKU × NAOKI FUJITA

光を刹那の連続であると捉え、時間という流動的なものに光によって絵を描く仙石彰人の「TIME PAINTING」と、〜光を拘束すること「LIGHT RESTRAINT」が写真であると考えるフジタナオキがぶつかって生まれるもの。
写真とは時間を止めるものなのか?時間を永遠化するものなのか?
1枚に切り取られ、拘束された刹那は快楽か?苦痛か?

会場情報 / VENUE

喫茶ガボール

Le GABOR

OPEN

4/18 – 4/26
Man–Fri 15:00 – 25:00
Sat, Sun, National Holiday
12:00 – 25:00

CLOSE

Wed

EVENT

Opening party
4 / 18
ENTRANCE FEE
Free (One order)

TEL

0752117533

MAIL

cafegabor@gmail.com

WEB

http://cafegabor.wix.com/le-gabor

ADDRESS

〒604-8004
中京区三条通木屋町通東入ル中島町103フジタビルB1F

604-8004
B1 Fujita Bldg.103 Nakajimacho,Higashi-iru Kiyamachi-dori Sanjo-dori Nakagyo-ku
©Jean-Philippe Toussaint

Aimer lire
本が好き、ということ

ジャン =フィリップ・トゥーサン
Jean-Philippe Toussaint

キュレーター 成田聖

Aimer Lireは2005年から 2012年の7年間にわたってジャン=フィリップ・トゥーサンがコルシカ島で家族を撮影したシリーズである。これは時間の経過をとらえた写真のインスタレーションで、各写真の背景に違いはないが服装は異なり家族の表情は変化している。

La série Aimer Lire a été réalisée par Jean-Philippe Toussaint en Corse avec sa femme et ses enfants sur une période de sept ans (2005-2012). Elle montre les effets du temps qui passe, car, si le décor est immuable, les vêtements changent et les visages évoluent.

会場情報 / VENUE

艸居

Sokyo Gallery

OPEN

4/17 – 5/3
10:00 – 18:30

CLOSE

Mon, Tue

Free (One order)

TEL

0757464456

MAIL

info@gallery-sokyo.jp

WEB

http://gallery-sokyo.jp/

ADDRESS

〒605-0089
東山区元町381-2

605-0089
381-2, Motocho, Higashiyama-ku

ヴィラ九条山

Villa Kujoyama

EVENT

5/2 11:00 - 17:00

TEL

0757464456

MAIL

contact@villakujoyama.fr

WEB

http://www.villakujoyama.jp/

ADDRESS

〒607-8492
山科区日ノ岡夷谷町17-22

607-8492
17-22 Hinooka, Ebisudani-Cho,Yamashina-Ku
ULYSSES-《 Ithaca 》
- Leo Pellegatta©

ULYSSES − Thought is the thought of thought

レオ・ペレガッタ& 白鳥浩子
Leo PELLEGATTA & Hiroko SHIRATORI

共催 :イタリア文化会館–大阪 / Istituto Italiano di Cultura di Osaka

『ULYSSES - Thought is the thought of thought』はジェームス・ジョイスの作品と「ユリシーズ」に紡がれた言葉から連想した、イメージ・気配・音・視覚装置の対話の提案です。主人公レオポルド・ブルームの足どりと、無限の解釈が可能なこの本の新たな道筋に繋がる見えない糸を辿ります。『ULYSSES』シリーズはジェームス・ジョイスの文章と、彼がまだ存在しているかのような場所ー例えば著者が「ユリシーズ」第一部を執筆し、ダブリンからの自主的国外追放の末何年もの時を過ごしたイタリアのトリエステーの行き来の中で制作されました。うららかさと放浪感を表現するよう注力し、慣れ親しんだと同時に謎に満ちあふれた旅路の足跡を追い、あわせてジョイスの「オデッセイ」の並行的使用を反映させています。“ Thought is the thought of thought”はスティーブン・デラルス (若い作家として登場する、作品内に於けるジェームス・ジョイスの分身。ユリシーズの重要な登場人物 )が「ネストル」章で貴族に関して思索し自身がパリで過ごした日々を回想するシーンでの一文です。これはつまり思考は他の思考を導くのみで、世界に何らかの根を下ろす事はないということなのか?思考は常に世界に存在する物と異なるが、その二つには何らかのつながりがある。我々はどのように思考と世界の関係性を表現できるのでしょうか?言葉と世界?

会場情報 / VENUE

イソップ河原町店

Aēsop Kawaramachi

OPEN

4/17 – 5/10
11:00 – 19:00

CLOSE

None

TEL

0757087605

WEB

http://www.aesop.com/jp/

ADDRESS

〒604-8027
中京区河原町通蛸薬師下る塩屋町 327

604-8027
327 Shioya-cho, Nakagyo-ku
©Kafka

almost japanese, almost naked, HALF is beautiful

カフカ
KAFKA

キュレーター the ART foundation

HALF almost japanese,almost naked / HALF is beautiful by Kafka born in Dakar living in Tokyo Featuring: 14th generation
Noh actor Naotomo
Umewaka

会場情報 / VENUE

ギャラリーマロニエ

Gallery MARONIE

OPEN

4/28 – 5/10
Tue – Sat 12:00 – 19:00
Sun 12:00 – 18:00

CLOSE

Mon

TEL

0752210117

MAIL

gallery-maronie@kyoto.email.ne.jp

WEB

http://www.gallery-maronie.com/

ADDRESS

〒604-8027
中京区河原町通四条上る塩屋町 332

604-8027
332 Shioya-cho, Nakagyo-ku
《Papua New Guinea Nowadays》
©Rocky ROE

パプアニューギニアは、今
Papua New Guinea Nowadays

ロッキー・ローエ
Rocky ROE

キュレーター 甲斐扶佐義

知られざるパプアニューギニアの今日の姿を、祭りの光景を通して紹介します。
(協力:パプアニューギニア大使館 )

会場情報 / VENUE

八文字屋

HACHIMONJIYA

OPEN

4/17 – 5/10
13:00 – 20:00 (4/18 17:00 – )

CLOSE

4/24,4/25

EVENT

LIVE
4/20 19:30 –

TEL

0752561731

MAIL

honyarado.kai@gmail.com

WEB

http://kaifusayoshi.website/hachimonjiya.html

ADDRESS

〒604-8015
中京区木屋町通四条上ル鍋屋町209-3 木屋町岡本ビル 3F 八文字屋

604-8015
Kiyamachi-Okamoto bldg 3F, 209-3 Nabeya-cho, Nakagyo-ku

KYOTO PHOTO BOOK MARKET 2015

共催 KG+

昨年に引き続き第2回開催となる本企画は、写真集の展示販売を行うマーケットです。今年は KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバルサテライトイベントKG+との共催となり、ますますの広がりや展開が期待されます。マーケットには「一般公募の写真集」「KYOTOGRAPHIE/KG+の出展アーティストの写真集」「出版社やレーベルの写真集」の、3つのカテゴリーの写真集が並びます。会場となるFUTABA+京都マルイ店6Fパブリックスペースは、京都の中心地である四条河原町と好立地でアクセスも抜群。出版本からリトルプレスやオリジナル手製本まで、一般の書店では出会えない写真集が集まる貴重な機会です。関西では数少ない写真集に特化したイベント「KYOTO PHOTO BOOK MARKET 2015」で、「写真集を出展する・見る・購入する」などそれぞれの形で皆さまと写真をともにできれば幸いです。

会場情報 / VENUE

FUTABA+京都マルイ店

FUTABA+ KYOTOMARUI shop

OPEN

4/17 − 4/10

TEL

0753441893(galleryMain)

MAIL

mail@gallerymain.jpn.org

WEB

http://www.fieldcorp.jp/kyoto-photobookmarket/

ADDRESS

〒600-8567
下京区四条通東入ル真町68 京都マルイ 6F

600-8567
KYOTOMARUI 6F, Shin-cho 68, Shijo-dori Kawaramachi Higashi-iru, Shimogyo-ku
《the Wall》 ©牧野和馬

境界線

牧野和馬
Kazuma Makino

京都に生まれ育った牧野和馬は、ふだん人の眼に留まらない町の風景を撮り続けている。とくに、町の中心部に次々と出現する空き地・更地では、これまで建物の陰に隠れていたさまざまな〈壁〉を眼にすることができる。その経年変化と、傍らに棲息する植物を取り合わせて、暮らしの隙間を拾い上げるように撮影をつづけている。

会場情報 / VENUE

MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w

OPEN

4/18 − 5/10
11:00 − 19:00
Lastday 11:00 − 17:00

CLOSE

Sun, Mon, (5 / 10 open)

TEL

0753410222

MAIL

megumimatsuo@voicegallery.org

WEB

http://www.voicegallery.org/

ADDRESS

〒600-8041
下京区富小路通高辻上ル筋屋町147-1

600-8041
147-1, Sujiya-cho,Shimogyo-ku
《心の行方-Beyond the soul-》
©松井泰憲

松井泰憲 写真展
「心の彼方 –Beyond the soul–」
Beyond the soul

松井泰憲
Yasunori Matsui

動物園で飼育されている彼らと対峙した時、その瞳の中に野生の鋭さとは違う違和感を覚えずにはいられなかった。彼らと向き合うと、その瞳の奥底には、朧気ながらではあるが、野生の欠片・寂しさの様な感情・そこはかとない怒り、の様な物が同居しているのではないか、という憶測に達した。それがこのプロジェクトを撮り始めたキッカケである。 『動物達に潜む心は時に儚く、勇ましく、美しい』 私の現在のプロジェクトは、この基本理念を元に、 4つのテーマを持って進行している。 1st『心の彼方』・ 2nd『朧』・ 3rd『幽閉』・4st『桃源郷』全ては、動物園の動物の心理と姿態を謎とく為に…

会場情報 / VENUE

Gallery Main

OPEN

4/28 − 5/3
13:00 − 19:30

CLOSE

None

EVENT

Opening Party
5/3

TEL

0753441893

MAIL

info@gallerymain.com

WEB

http://www.gallerymain.com/

ADDRESS

〒600-8059
下京区麸屋町通五条上る下鱗形町 543-2F

600-8059
2F-543, Simourokogata-cho, Fuyacho-dori-gojo-noboru, Shimogyo-ku
《瞬間(トキ)の呼吸》 ©尾﨑ゆり

尾﨑ゆり写真展
「瞬間(トキ)の呼吸」
breathing of momentary

尾﨑ゆり
Yuri Ozaki

1日は86400秒。時間は止まることなく過ぎていく。あっという間に流れていく日常、時間はどこか気持ちを焦らせる。ふと立ちどまり、自分の周りにある情景を 86400秒の中から数秒、もしくは数セカンド止めてみる。深呼吸をするように深く息をする。何かから解放されたような気分になる。そして、切り取ったその瞬間の情景は、静寂に包まれ、永遠となる。

There are 86400 seconds a day. Time passes without stopping. Everyday life is rolling over that makes me feel rushed. However, stop for a little while and looking scenery around myself, try to take or stop a few seconds from 86400 seconds a day. Breath deeply. I feel like I am released from something uneasy. After that, momentary scenery I took becomes eternity and in silence.

会場情報 / VENUE

Gallery Main

OPEN

5/5 − 5/10
13:00 – 19:30

CLOSE

Mon, Tue

EVENT

Opening party
4 / 18
ENTRANCE FEE
Free (One order)

TEL

0753441893

MAIL

info@gallerymain.com

WEB

http://www.gallerymain.com/

ADDRESS

〒600-8059
下京区麸屋町通五条上る下鱗形町 543-2F

600-8059
2F-543, Simourokogata-cho, Fuyacho-dori-gojo-noboru, Shimogyo-ku
©楢橋朝子

Biwako2014-15

楢橋朝子
Asako Narahashi

琵琶湖の印象、と思い至って非常に困惑している。ひとによってこれほど違う印象を持つ場所も珍しいのではないだろうか。多彩で懐が深く広がりがある。というか大きすぎる。単体として意識できないくらいに。私にとって最初の印象は、半世紀も前に見た日本地図上の形と大きさだったろう(日本列島がひっくり返って仕舞われたみたいだ)。びわ、という言葉だったかもしれない。これは私が関東に生まれ育ったせいの貧弱なイメージなのかもしれないが、関西の人はなんと答えるのかぜひ聞いてみたい。ずいぶん前のことだが、友人夫妻が新婚旅行に琵琶湖へ行ったと聞いたとき、こみ上げた嫉妬に近い感情(まだその時は琵琶湖へ行ったことがなかった)と、そのセンスに脱帽したのを未だ生々しく覚えている。琵琶湖は具体的なイメージの伴わない憧憬のアイコンだったのだ。 (後略)

会場情報 / VENUE

Gallery Main

OPEN

4/15 − 4/26
13:00 – 19:30

CLOSE

Mon

EVENT

Talk Event
4/18 18:00 −
ENTRANCE FEE
※イベントのみ有料

TEL

0753441893

MAIL

info@gallerymain.com

WEB

http://www.gallerymain.com/

ADDRESS

〒600-8059
下京区麸屋町通五条上る下鱗形町 543-2F

600-8059
2F-543, Simourokogata-cho, Fuyacho-dori-gojo-noboru, Shimogyo-ku
《奇種流離譚》 
©タイメイ

奇種流離譚
KISEKIRUTEN

タイメイ
TAIMEI

キュレーター:中澤有基

こもりくの、は長谷寺の枕詞。忌み籠もり夢を授かるincubationの聖所。古代人は死者の 魂が飛び立つのを見、夢は祭式的に乞われ神話的意味を持った。 人は今も夢を見る。日常の背後に潜む夢は合理性に翳る。最早濃密な意味空間を生きることはできないのか。 祭式の如く歩き囁き声にシャッターを。展示空間もincubationの場と。

"Komorikuno" is a Japanese conventional poetic epithet used for "Hasedera­temple"(in Nara prefecture), where people were shut themselves up praying for sacred dreams. Its said ancient people used to really see the soul flying away as a bird from the deceased, and the dreams they ritually asked for had mythological meaning. Even now, we still see dreams everyday. However the dreams, and dreams latent in our daily life, are overshadowed by rationality. Can we live a meaningful life in a dense world with cosomology? Walking almost as if having a rite, and release a camera shutter hearing something whispering. This exhibition rooms comes to be a space of incubation.

会場情報 / VENUE

ART SPACE SHIGEMATSU

OPEN

4/22 – 5/11
11:00 – 19:00

CLOSE

Tue

EVENT

4/18
無料(ワンオーダー制)
オープニングOHPによる
TIME PAINTING実演イベント

TEL

09079867602

MAIL

taimei.ricoh.gr1@gmail.com

WEB

http://art-shigematsu.jp/

ADDRESS

〒605-0063
東山区東大路通四条上ル知恩院前2F

605-0063
Kyoto,Higashiyama ku, Higashiooji doori Shijounoboru Chioninmae
《Bord / Man / Rope 1973》 
©Keiji Uematsu

tracing 1970s
植松奎二展 ー見えない力ー
tracing 1970s Keiji Uematsu
-INVISIBLE FORCE

植松奎二
Keiji UEMATSU

1972、'73、'74、'75年この当時、植松奎二は写真と立体の作品を平行して作っていました。身体と立体作品が同じ次元で空間と場所にかかわり世界の中に新しい意味を見いだそうとしていました。それらは重力、引力といった見えない普遍的な力への関心から世界の構造、存在、関係をあらわに見せるものでした。今回、当時の写真と’ 73年の立体作品をもとにした新作 2015でもって、同じコンセプトで過去から現在、未来をみつめようとしています。

1972〜1975 this time, Uematsu Keiji had made in parallel the work of photography and installation.Body and installation work was trying to find a new meaning in the world regardless of the space and location in the same dimension.They are gravity, the structure of the world from the interest in universal force that are not visible, such as attraction, there was something to show to reveal the relationship.This time, at the time photos.2015New work based on a three-dimensional works of 1973.

会場情報 / VENUE

ギャラリー16

galerie16

OPEN

4/14 - 4/25
12:00 – 19:00
(Sun, Last day 18 :00)

CLOSE

Mon

TEL

0757519238

MAIL

info@art16.net

WEB

http://www.art16.net/

ADDRESS

〒605-0021
東山区三条通白川橋上ル石泉院町394戸川ビル 3F

〒605-0021
3F Togawa Bldg. Sekisen-in-cho, Sanjo Shirakawabashi-agaru, Higashiyama-ku
《Emma》
©Mutsumi Tsuda

Dialogues.

津田睦美
Mutsumi TSUDA

津田は、10年にわたりニューカレドニアを中心にオセアニア地域の戦前日本人移民史を調査するなかで、古写真・文献資料を収集し、聞き取りを行ってきた。一次資料であるこれらのアーカイヴを直接的な方法でとりこんだ展示方法は、インフォーマントである日系二世に彼らの歴史を見せる目的で始り、その後、移民個人のライフストーリーに焦点をあてた著作や写真作品を発表してきた。終戦70周年の節目にあたる 2015年に開催する本展では、第二次世界大戦勃発によって敵性外国人となった民間日本人の「オーストラリアにおける抑留」という、ほとんど知られていない歴史をテーマにする。他者の「記憶 (記録)」を収集するなかで作家自身に蓄積された包括的な「アーカイヴ」を素材として、場所・時代・言語の境界を横断した「抑留」という歴史を写真を中心に、テキスト(声)を使った新作インスタレーションとして表現する。

会場情報 / VENUE

ギャラリー16

galerie16

OPEN

4/28 - 5/9
12:00 – 19:00
(Sun, Last day 18 :00)

CLOSE

Mon

TEL

0757519238

MAIL

info@art16.net

WEB

http://www.art16.net/

ADDRESS

〒605-0021
東山区三条通白川橋上ル石泉院町394戸川ビル 3F

〒605-0021
3F Togawa Bldg. Sekisen-in-cho, Sanjo Shirakawabashi-agaru, Higashiyama-ku
©清永安雄

日本人の道具
Japanese tools

清永安雄
Yasuo Kiyonaga

少し昔、日本人が豊かでない時代に使われた道具たち。海、山、雪国といろいろな道具を祖先は使ってきた。何世紀も変化せずに使われてきたのであろう。洗練された生活道具の美しさ。これを大型カメラで記録した。時間とともに朽ち果てていく道具たち。使い方も分からなくなってきている。多くの民族博物館で保存されてはいるが、状態は良くない。

Tools used in a time when Japanese people were not so prosperous, not so long ago.Our ancestors used various tools in the sea, the mountains, and snowy regions. They must have been used in unchanged shape for centuries. We come across the beauty of these refined tools used in everyday life. I took photographs and recorded them using a large-sized camera. These tools are going to fall into decay over time. People don’t even know how to use them anymore. They are kept at many folk craft museums, but they are not in such a good state.

会場情報 / VENUE

フォトギャラリー・アルティザンジャパネスク

Photo Gallery Artisan Japanesque

OPEN

4/17 - 5/9
11:00 – 18:30

CLOSE

Mon,national holidays
(5/3 − 5/6 during GW period opens)

TEL

0757462931

MAIL

wt@artisan-tokyo.com

WEB

http://www.artisan-tokyo.com/

ADDRESS

〒605-0038
東山区堀池町373-44

〒605-0021
373-44, Horiike-cho, Higashiyama-ku
《凛青》 ©YOSHIKI KANAYAMA

金山芳樹個展「きらめく瞳で夢を見る」
solo exhibition
Dream with sparkling eyes

金山芳樹
Yoshiki Kanayama

どれほど深く憧れ、どんなに強く求めても、いちばん大切なものは目に見えない世界が美しい。空の青を見上げることしかできないように、海の青をすくい上げることができないように、私の周りには見えない青に包まれている。自由で強くて優しい青色の日常のを幻想的な風景で描く

会場情報 / VENUE

CHIERiYA

OPEN

4/17 - 5/10
8:00 – 21:00

CLOSE

None

TEL

07053446343

MAIL

info@art16.net

WEB

https://www.facebook.com/pages/Chieriya/554648391318575?_rdr

ADDRESS

〒606-8363
左京区和国町370

606-8363
370 Wakoku-cho, Sakyo-ku
©石田奈津子

栞 - しおり
shiori

石田奈津子
Natsuko Ishida

「栞−しおり」とは、、本の読みかけのところに、挟んで目印とする、紐や紙片。語源は、山道などを歩く際、迷わないように木の枝を折って道しるべとする動作の「しおる(枝折り)」からきています。この写真展では、私が今まで人生を歩む中で折ってきた枝たちを、古本屋という空間に展示します。

会場情報 / VENUE

Books Herring

OPEN

4/17 - 5/10
11:30 – 19:00

CLOSE

None

TEL

07066801002

MAIL

ilyailya@wcn.ne.jp

ADDRESS

〒606-8334
左京区岡崎南御所町40-9

606-8334
Minami Gosyo-cho, Okazaki, Sakyo-ku
《壊れた身体》  ©望月友美子

望月友美子写真展
Yumiko Mochizuki photo exhibition

望月友美子
Yumiko Mochizuki

写真の中の挿話としてのアクチュアリティ

会場情報 / VENUE

Books Herring

OPEN

4/17 - 5/10
11:30 – 19:00

CLOSE

None

TEL

07066801002

MAIL

ilyailya@wcn.ne.jp

ADDRESS

〒606-8334
左京区岡崎南御所町40-9

606-8334
Minami Gosyo-cho, Okazaki, Sakyo-ku
©Alexandre Maubert

a singular community

アレクサンドル・モベール
Alexandre MAUBERT

1- Have you seen that? What happened?
2- I don’t know, something I couldn’t tell...
3- Something we shouldn’t tell.
4- I don’t agree, we need to tell it somehow.
5- Even if we agree with you, we need to explain and understand the context beforehand.

会場情報 / VENUE

MORI YU GALLERY

OPEN

4/17 - 5/31
12:00 – 19:00

CLOSE

4/20 – 4/21,4/27 – 4/29,5/3 – 5/6

EVENT

Artist Talk
With Ozaki Tetsuya
English translated in Japanese
4/19 17 : 00 – 18 : 30
Opening party
4/19 18 : 30 – 21 : 00

TEL

0759505230

MAIL

info@moriyu-gallery.com

WEB

http://www.moriyu-gallery.com/

ADDRESS

〒606-8357
左京区聖護院蓮華蔵町4-19

606-8357
4-19, Shougoin-rengezou-cho, Sakyo-ku
©荻野NAO之

Offspring Spirits

荻野NAO之
NaOyuki OGINO

京都の盆踊りの場を撮影したものである。踊りそのものというよりは、老若男女が集い、踊ったり、食べたり、話したり、遊んだりしている場を、特に子供たちの遊びを中心に見据えた。撮影には、手作りのレンズを用いている。祖先の霊を供養する場を、此岸と彼岸の間を見るためにレンズを作った。見た事が無くてもどっかで知っているような人類の原風景のようなところに辿り着けたら幸いである。

会場情報 / VENUE

五条坂京焼登り窯(旧藤平)
Kyoto-style Climbing Kiln

OPEN

4/30 - 5/6
13:00 – 18:00

CLOSE

None

ADDRESS

〒605-0845
東山区竹村町151-1

605-0845
151-1 Takemuracho,Higashiyama-ku

《 「こんなことは無かった」
(「Realistic Virtuality
(現実的な仮想性) 」シリーズ)》
©伊藤隆介
写真提供 : 児玉画廊

All Things Considered

伊藤隆介
Ryusuke Ito

映像/ 写真においては意図的に現実とのスケール感に差異を生じさせることができ、報道や記録の趣旨においてそれは非常に制作者の主観と意図を含むものとなる。展示作品では模型を CCDカメラによってリア ルタイム映像としてスクリーニングする。鑑賞者は現実とメディアの代替としての模型と映像の間に立たされることで、スケールとリアルの所在について考えさせられる。

会場情報 / VENUE

児玉画廊

Kodama Gallery

OPEN

3/28 - 4/25
11:00 – 19:00

CLOSE

Sun, Mon, National holiday

TEL

0756934075

MAIL

info@kodamagallery.com

WEB

http://www.kodamagallery.com/

ADDRESS

〒601-8025
南区東九条柳下町67-2

601-8025
67-2 Yanaginoshita-Cho, Higashikujo Minami-ku

KYOTOGRAPHIE×Petit Bateau present
TRIBE at Fujii Daimaru

KYOTOGRAPHIE International
Photography Festival

協力 プチバトー、フジイダイマル

KYOTOGRAPHIEキッズ・プログラムと、新たなコラボレーションの始まりを祝う子どもたちによる展示です。

会場情報 / VENUE

FUJII DAIMARU Show
Window (1F)&
PETIT BATEAU (5F)

OPEN

4/27 - 5/7
10:30 – 20:00

CLOSE

None

ADDRESS

〒600-8031
下京区四条通寺町西入ル貞安前之町605

600-8031
605,Teianmaeno-cho,Shimogyo-ku
©Lisa Y. Allen

郷愁
Nostalgia

山下アレン理紗
Lisa Y. Allen

blurring the line between memory and present

会場情報 / VENUE

Impact Hub Kyoto

OPEN

4/20 - 4/27
10:00 – 18:00

CLOSE

None

EVENT

Sun EVENT KYOTOGRAPHIE
Instagram event
4/25 10:00 − 12:00

TEL

0754170115

MAIL

info@impacthubkyoto.net

WEB

http://kyoto.impacthub.net/

ADDRESS

〒602-0898
上京区相国寺門前町 Impact Hub Kyoto

602-0898
682 Shokokuji Monzen-cho, Kamigyo-ku