29
4月
13:30 — 14:30
元・新風館
京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2
Japan
イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

ハンネ・ヴァン・デル・ワウデの空間演出を手がけたRISSI INC.のクリエイティブ・ディレクター笠谷圭見は、東日本大震災が起きた際、「どうしたらこの社会をよりよくできるのか」を考え、震災支援ではなく、滋賀のやまなみ工房とコラボレーションし、障がい者による創作物の魅力を発信するプロジェクト「PR-y」を立ち上げることを選びました。やまなみ工房の入所者の作品を使い洋服をデザインし、彼らを被写体に写真集『Distortion』を刊行するなど、その活動は国内外で高い評価を得ています。
やまなみ工房の施設長の山下完和氏をお迎えして、「生きること、表現するということ、社会とつながるということ」について語ります。

司会:上田假奈代

笠谷圭見(かさたによしあき)

1969年大阪生まれ。PR-y主宰、RISSI INC.取締役副社長。
クリエイティブ・ディレクターとして広告・グラフィック・WEB等のデザインを手がけながら、プロジェクト「PR-y」を設立する。障害者の創作物と協働(コラボレーション)して服や写真集を制作し、国内外で発表。既成概念にとらわれることなく、創作物そのもののおもしろさをボーダレスに発信し、その全方位的な活動は海外からも高い評価を得ている。滋賀県甲賀市の「やまなみ工房」に通所する知的障害や精神疾患を持つ人たちのポートレート写真集『DISTORTION 2』(日本語訳:ゆがみ、ねじれ)が好評発売中。
RISSI INC. http://www.rissiinc.jp
PR-y http://www.pr-y.org

山下完和(やました・まさと)

1967生まれ。やまなみ工房の施設長。高校卒業後、様々な職種を経た後、1989年5月から、障がい者無認可作業所「やまなみ共同作業所」に支援員として勤務。その後1990年に「アトリエころぼっくる」を立ち上げ、互いの人間関係や信頼関係を大切に、一人ひとりの思いやペースに沿って、伸びやかに、個性豊かに自分らしく生きることを目的に様々な活動に取り組む。2008年からやまなみ工房の施設長に就任し、現在に至る。

やまなみ工房 http://a-yamanami.jp/

上田假奈代(うえだ・かなよ)

詩人・詩業家。
1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から詩のワークショップを手がける。
2001年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動。
2003年ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマに社会と表現の関わりをさぐる。
2008年から西成区(通称・釜ヶ崎)で喫茶店のふりをしている。
「ヨコハマトリエンナーレ2014」に釜ヶ崎芸術大学として参加。
NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。
大阪市立大学都市研究プラザ研究員。
2014年度 文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞
www.cocoroom.org

[ご予約フォーム]

以下フォームに必須情報を記入して送信してください。
3営業日以内に担当よりお返事いたします。

プログラム名 (必須)

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)

人数 (必須)


備考

お問い合わせ:public.program@kyotographie.jp

参加費

無料

言語

日本語

ご予約用プログラム名

トーク「生きること、表現するということ、社会とつながるということ」

詳細

日付:
2017年4月29日
時間:
13:30 - 14:30
イベントカテゴリー:
,

Upcoming Events