Exhibitions
                   

9

Marie Liesseマリー・リエス

二つの世界を繋ぐ橋の物語

supported by L'OCCITANE
with the patronage of JANPIA

キュレーター:天田万里奈 

アトリエみつしま Sawa-Tadori
11:00 - 18:00|休:9/28、10/5、12

一般 ¥800
学生 ¥600(要学生証提示)
※視覚障害がある方と同伴者1名様は入場無料

※前日までオンラインでの事前予約が可能です。詳細はこちら
※ふらっと対話鑑賞プログラムのご予約はこちら
 詳細についてはページ下部をご覧ください。
※入場は閉館の30分前まで。

In front of the sun-filled window of Louis Braille's music hall, Sallé is standing behind an elegant grand piano. National Institute for Blind Youth. Paris. France. 2013 © Marie Liesse

Musée Rodin. With both hands, Louis studies the hollows and protrusions of the sculpture shaped by the hands of Rodin.
Musée Rodin. Paris. France . 2013 © Marie Liesse

Louis and Joseph are waiting for the train on the subway platform. With radiant faces, they are happy to have chosen the metro as a scenery for the picture. Métro Vaneau. Paris France. 2013 © Marie Liesse

フランスの写真家マリー・リエスが、夫の早逝した全盲の親友の軌跡をたどるべく、親友が生前に通っていたフランス国立盲学校の生徒たちのポートレートを撮影。日仏の盲目者コミュニティと共同で制作した「触る」写真も体感できる。
マリー・リエス
1974年パリ生まれ。法律を学んだのち、アルゼンチンで2年間を過ごすなかで写真と映像への情熱が高まる。パリのゴブラン映像高等教育学校とアトリエ・ヴァランにて写真と映像を学び、フランスのFnacのフォトギャラリー部門に勤務する。 マリー・リエスの作品では子供が主題となる事が多く、子供が持つ想像力、説明しきれないほどの喜び、捉えどころのない不安など、青少年期の情景が描かれている。 彼女は写真・映像・ショートストーリーを通して、青少年期に刹那に変わりゆく個性というものを、ありありと私たちに想い出させる。初ドキュメンタリーショートフィルム「Scrums(スクラムス)」(2018)では、二人の10代のラグビー少女を追い、寓話「おやゆび姫」にインスパイアされた共著『Le jour où je serai grande(大きくなったら)』も2020年出版された。 10年にわたり国立パリ盲学校に通う盲目の生徒たちの日々を追い、共著の写真集『A Letter to Jean-Lin(ジャン=ランへの手紙)』を上梓、彼らの物語を追ったドキュメンタリーフィルム「Note for Note」も制作、KYOTOGRAPHIE2020で写真作品と併せて発表する。
アトリエみつしま Sawa-Tadori
京都市北区紫野下門前町44
地下鉄烏丸線「北大路」駅から徒歩15分
市バス「大徳寺前」から徒歩5分

ふらっと対話鑑賞プログラムについて

KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭とミュージアム・アクセス・ビューがマリー・リエス「二つの世界を繋ぐ橋の物語」展にて共催する少人数の対話鑑賞プログラムです。
2人から3人で1組となり、スタッフとおしゃべりをしながら写真に触れて鑑賞をします。

*事前に申し込みをされた方には参加希望日の1週間前から前日までに確認のご連絡をします。
*小学生以下の参加者の方は大人の同伴者と共にお申し込み下さい。

プログラム開催日時
2020年9月22日(火)―10月18日(日)
14:00~17:00の間でお申し込み可能です。
参加費
マリー・リエス展の入場料(視覚障害がある方と同伴者1名様は入場無料)
場所
マリー・リエス展会場  アトリエみつしま Sawa-Tadori
〒603-8215 京都府京都市北区紫野下門前町44
京都市バス「大徳寺前」下車 徒歩約5分
※事前にご連絡いただければバス停での待ち合わせも可能です。
晴眼者の方のお申し込み方法
予約フォームからのお申し込みのご協力をお願いしています。
視覚障害がある方のお申し込み方法
メール(info@kyotographie.jp)やお電話(070-4291-3977)にて事前申し込みも受け付けます。
※当日欠席など緊急の連絡は070-4291-3977まで必ずご連絡ください。
新型コロナウイルス対策について

国や京都府、京都市の指針等に基づき、感染症拡大防止対策を行っています。
入場にあたり、マスクの着用、手と肘の消毒、体温測定、来場者同士の距離の確保のご協力をお願いしています。
発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方はご来場をお控えください。

Other Exhibitions