Exhibitions
                   

稲岡亜里子Ariko Inaoka

10/10 女性写真家たちの祝祭

Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION

Curated by
ポリーヌ・ベルマール
ルシール・レイボーズ
仲西祐介

HOSOO GALLERY

Eagle and Raven ©︎ Ariko Inaoka

Eagle and Raven ©︎ Ariko Inaoka

Eagle and Raven ©︎ Ariko Inaoka

京都府生まれ。写真家、本家尾張屋十六代当主。17歳で渡米、高校で写真と出合い、ニューヨークのパーソンズ美術大学の写真科へ進学。卒業後、ニューヨークをベースに写真家として活動を始める。2001年のアメリカ同時多発テロ事件を体験、翌年に訪れたアイスランドの水の風景に魅せられ、作品制作のため通い始める。水をたたえたアイスランドの大地を5年に渡り撮りため、2008年、初の写真集『SOL』(赤々舎 2008)を発表。この翌年から、アイスランドで出会った双子の姉妹を8年に渡り撮りため、2020年、2冊目となる写真集『Eagle and Raven』(赤々舎 2020)を発表。この間、2014年に創業550年を超える家業の十六代当主となり、本家尾張屋当主と写真家、二つの顔を持ちながら活動を続けている。アイスランドの大地から湧きだすうつくしい水、やわらかな苔、はるか長い年月そこにあり続けたであろう岩石。そして、この幻想的な自然に包まれ成長していく姉妹の撮影を通し、生まれ育った京都の水辺の風景、自らの幼少期の記憶が呼び起こされていった。身のまわりの自然に宿る八百万の神……子どものころには見えていた、目には見えない存在。日本人の魂の奥深くに流れるアミニズムが、稲岡の一貫した作品テーマである。
10/10 女性写真家たちの祝祭
ポリーヌ・ベルマール(インディペンデント・キュレーター、写真史家、元マグナム・フォト カルチュラルディレクター、元ニューヨーク国際写真センター キュレーター)と、KYOTOGRAPHIEの共同設立者/共同ディレクターであるルシール・レイボーズと仲西祐介が共同でキュレーションを行い、将来的に活躍が期待される10人の日本人女性写真家の作品を展示する。KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭の10周年を記念して行われる本展で展示される作品を通し、それぞれの作家の独自の視点や考察を世界に向けて紹介する。それぞれの個展は、京都在住の建築家・小西啓睦氏が考案した、汎用性と持続性に優れた自然素材の構造体によって構成される。この構造体と作品は、巡回にも対応できるよう移動または複製できる仕組みになっている。

本展は、ケリングの「ウーマン・イン・モーション」により支援されている。「ウーマン・イン・モーション」は、アートとカルチャーの分野で活躍する女性に光を当てることを目的として2015年に発足し、以降様々な芸術分野における女性の地位や認識について理解を深め、変化を促すためのプラットフォームになっている。

Other Exhibitions