23
4月
13:00 — 14:00
誉田屋源兵衛 奥座敷
京都市中京区室町通三条下ル西側 誉田屋
Japan
イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

帯匠「誉田屋源兵衛」十代目山口源兵衛とKYOTOGRAPHIE共同代表仲西祐介が、独自の視点から、伝統を守りながらも革新をもたらすことが、芸術にとっていかに必要であるかをディスカッションします。山口家に伝わる優美な織物をご覧いただきながら、山口源兵衛による展覧会「日本の真髄」も合わせてご覧ください。


山口源兵衛

1980年、誉田屋源兵衛山口源兵衛十代目襲名、「帯作り」に専念。1985年、全国の貴重な原始布を素材として個展を開催。以後、インド、東南アジアの野蚕糸を帯に用いる等、素材の価値を中心に展開する。1994年、京都六条の江戸末期の町屋にて創業260周年展を開催。他にも、1999年「京都・誉田屋源兵衛帯ときもの展」、2000年「誉田屋源兵衛 織りの帯展」、2002年「かぐやこの繭小石丸展」(日経優秀賞受賞)など、多数の展示を開催。2003年には、日本文化デザイン大賞受賞。2004年、グラフィックデザイナー羽良多平吉、細見美術館館長個人コレクションと共に、廣誠院にて「能を織る」三人展開催。以降、「文様の精神史」の研究に取組む。2006年、コシノヒロコ、隈研吾と東京大丸ミュージアムにてアートコラボレーションを開催。東京ミッドタウンにて「傾奇者達之系譜」なるファッションショーを開催。田中泯主演の映画「ほがいびと」の衣裳を手がけ、平成の「糞掃衣」を制作。2014年、畫家・松井冬子とコラボレーションにより、絵を帯で表現。4月には、京都室町の誉田屋本社にて「冬子櫻嵐の夜会」開催。エイベックス・グループ・ホールディングスとタッグを組み、大麻布を使用した生地ブランド「麻世妙(まよたえ)」を発表。また、日本の原種の繭である小石丸の復活と継続、日本の染色技術の活性化に努める。


仲西祐介:

1968年生まれ。京都在住。世界中を旅し、記憶に残された光のイメージを光と影で再現している。映画、舞台、コンサート、ファッションショー、インテリアなど様々なフィールドで照明を手がける。アート作品として「eatable lights」などライティング・オブジェを制作。また原美術館 (東京)、School Gallery (Paris)、「Nuits Blanche」(京都)でライティング・インスタレーションを発表する。2013年より写真家ルシール・レイボーズと「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」を立ち上げ、主催する。

[ご予約フォーム]

以下フォームに必須情報を記入して送信してください。
3営業日以内に担当よりお返事いたします。

プログラム名 (必須)

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)

人数 (必須)


備考

お問い合わせ:public.program@kyotographie.jp

[参加費]

無料

[言語]

日本語

[ご予約用プログラム名]

「伝統と革新」山口源兵衛と仲西祐介による対談

東アジア文化都市2017京都関連事業

詳細

日付:
2017年4月23日
時間:
13:00 - 14:00
イベントカテゴリー:
,

Upcoming Events