15
4月
15:00 — 16:00
京都文化博物館 別館
京都市中京区東片町623−1
Japan
イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

人々をショーヴェ洞窟へと誘うダラポルタのイメージと、それを可能にする立体の洞窟を平面の写真に変換する手法。紀元前3万6千年前に描かれた壁画に彩られたこの特異な洞窟について、港とダラポルタが掘り下げていきます。

港千尋

1960年神奈川生まれ。写真家、映像人類学者。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授。『記憶−創造と想起の力』(講談社 1996)でサントリー学芸賞を受賞。釜山ビエンナーレ共同キュレーター(2006)、あいちトリエンナーレ2016芸術監督などを歴任。主な著作に『洞窟へ−心とイメージのアルケオロジー』(せりか書房 2001)などがある。

[ご予約フォーム]

以下フォームに必須情報を記入して送信してください。
3営業日以内に担当よりお返事いたします。

プログラム名 (必須)

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)

人数 (必須)


備考

お問い合わせ:public.program@kyotographie.jp

[関連展示]

Raphaël Dallaporta | ラファエル・ダラポルタ ショーヴェ洞窟

[参加費]

無料

[言語]

英語(日本語通訳)

[ご予約用プログラム名]

ショーヴェ洞窟 – ラファエル・ダラポルタと港千尋によるトーク

詳細

日付:
4 / 15
時間:
15:00 - 16:00
イベントカテゴリー:
, ,

Upcoming Events