18
4月
14:00 — 15:30
京都芸術センター
中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546−2

京都府京都市, 604-8156
イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

このレクチャーは、プロフェッショナル、あるいはアマチュアの写真家、フォトエージェント、ギャラリストなどを含む、「ポートレートの概念」を考えることに挑戦したい全ての人対象のレクチャーです。
アートとしての写真、日常の写真、両方の側面からイメージの歴史を振り返りながら、ポートレートという概念について掘り下げていきます。
アーティストとモデルの関係性を探求し、「ポートレートとは何か」という深い謎の解明を試みます。

[スピーカー]

ステファニ・ド・ルジェ

[会場]

京都芸術センター

[参加費]

無料

[ご予約用プログラム名]

レクチャー「ポートレートの概念」

[共催]

京都芸術センター

[ご予約フォーム]

以下フォームに必須情報を記入して送信してください。
3営業日以内に担当よりお返事いたします。

プログラム名 (必須)

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)

人数 (必須)


備考

お問い合わせ:public.program@kyotographie.jp

03_Stephaniede Rouge02ステファニ・ド・ルジェ
ニューヨークを拠点に活動する写真家。フランス出身。
ニューヨーク、ICP国際写真センターにて教鞭をとる一方、欧州、米国を中心に雑誌や企業向けにポートレート撮影をするフリーランスの写真家としても活躍している。
展示には「Palais de Tokyo」(パリ)、フランス国立図書館 (パリ)、「Le Bon Marché」(パリ)、「Galerie Duboys」(パリ)、「Galerie Photo」(パリ)、「Soho Photo Gallery」(ニューヨーク)などがある。また、「Flash Forward 2009」(カナダ)、「La bourse du Talent 2009」(フランス)にて表彰。
彼女の作品は、ニューヨーク・タイムズ紙、ガーディアン紙、ル・モンド紙、IMAGE、ELLE、Le Journal de La Photographie、View Magazine、Io Donna、Zoom magazine、Esquire、Radio Canada、fubiz.net、photographie.comなど、多数のメディアに掲載されている。
クライアントは、ニューヨーク・タイムズ紙、シャネルUSA、Nestléフランス、Libération, Havas, Sephora, Le Point, Edible Manhattan, The good Life, Storey Publishing, Popular Mechanics, Avram Rusu Interiors, James Koster Architect, Thomas Burak Interiorsなど。
2000年から2006年にかけて、パリを拠点にエディトリアルフォトグラファーとして活躍する一方、社会の恵まれない子どもたちに焦点を当てたプロジェクト、「LABO PHOTO」と「REGARDS」を製作。多くの注目を集めた。

詳細

日付:
2015年4月18日
時間:
14:00 - 15:30
イベントカテゴリー:
,

Upcoming Events