2017 Event | 2017 Masterclass | 自己表現について

Masterclass

Zanele Muholi, Nolwazi II, Nuoro, Italy, 2015 © Zanele/Stevenson/Yancey Richardson

Zanele Muholi, Nolwazi II, Nuoro, Italy, 2015 © Zanele/Stevenson/Yancey Richardson


Installation view Somnyama Ngonyama, Zanele Muholi, LUMA Arles 2016 © Zanele/Stevenson/Yancey Richardson

Installation view Somnyama Ngonyama, Zanele Muholi, LUMA Arles 2016 © Zanele/Stevenson/Yancey Richardson


ムホリは、“ヴィジュアル・アクティヴィスト”であり、写真家であり、教育者でもあります。これまで世界中のギャラリーや美術館で、個展、グループ展を含め多くの展覧会で作品を発表してきました。
彼女は、南アフリカの黒人の性的マイノリティの人々を生涯を通じて記録してきました。それとは対照的に、最新作「黒き雌ライオン、万歳」(原題「Somnyama Ngonyama」)ではムホリはカメラを自身に向けます。様々な人格や典型を使用して実験を繰り返しながら、演劇的言語と豊かな表現を駆使し、自分の姿を高度に様式化し、写真に焼き付けます。
漆黒の顔と、そのディテールがイメージ上の焦点となり、それがムホリの黒い像を映した写真を見つめたいという観察者の欲望を揺さぶるのです。

「自身の肌の暗さを強調することで、私は私の「黒さ」を取り戻すのです。そしてその行為は、私が思うに特権的人々によってずっと行われてきたものなのです。」

このマスタークラスへの参加者は、自己表現を通して自らの視覚的なアイデンティティを取り戻します。

Zanele Muholi, S’thombe III, La Reunion, 2016 © Zanele/Stevenson/Yancey Richardson

Zanele Muholi, S’thombe III, La Reunion, 2016 © Zanele/Stevenson/Yancey Richardson


ザネレ・ムホリ /ヴィジュアル・アクティヴィスト | Zanele Muholi(南アフリカ共和国)

1972年南アフリカ共和国ウムラジ生まれ。ヨハネスブルグ在住。南アフリカにおけるレズビアンやゲイ等、LGBTが置かれてきた困難な状況を知らしめ、また意識改革を促すことを目的に作品を制作してきた。代表作「Face and Phases(顔貌と位相)」(2006-2011)は第55回ヴェネチア・ビエンナーレ(2013)等で広く世界に紹介された。受賞歴にICP(国際写真センター、ニューヨーク)主催のInfinity Award(ドキュメンタリー&報道写真部門)等多数。

[Details]

基本情報
日時:
4月16日(日)9:30-12:30
*15分前集合

参加費:¥10,000(税込)
会場:元・新風館
問い合わせ:portfolio.review@kyotographie.jp
言語:英語(日本語通訳あり)

[申し込み]

申し込み締め切り: 2017年3月31日(金) 23時59分
下のフォームからの申し込みと、作品を提出してください。
通過した方にはメールにて参加の可否の告知とワークショップの詳細をお送りします。

[機材協力]