5/11(Sun)

28:写真家広川泰士によるモノクロプロント暗室ワークショップ

京都造形芸術大学

Taishi Hirokawa’s Black and White Print Workshop

Kyoto University of Art and Design

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • tumblr
  • goole+
  • email
13:00 - 17:00

写真家広川泰士によるモノクロプロント暗室ワークショップpresented by KYOTOGRAPHIE, Gelatine Silver Session & KUAD - Contemporary Art and Photography course

「銀塩写真」はカメラのデジタル化に伴い、市場規模が急速に消滅しつつあります。しかしこの銀塩写真の技術は21世紀に重要な意味へ深化しました。フィルムを使用する銀塩写真でしか表現できないものも同時に失われると話す広川泰士によるワークショップです。このワークショップでは、暗室にて自分のネガを使い、自分オリジナルの写真を作成します。京都造形芸術大学との協同開催。 京都造形芸術大学の協力を得て、暗室で自分のネガを使い印画紙にプリントします。
(日本語)
Taishi Hirokawa presents Black and White Print Workshop as a part of Gelatine Silver Session presented by KYOTOGRAPHIE& KUAD- Contemporary Art and Photography course

Convenience and economic efficiency have changed photography, we have lost skills once intrinsic to the medium. In this workshop you will create your own photographs from negatives using the darkroom and the Gelatin Silver process. This process gradually became the most important photographic printing process of the twenty-first century. (Japanese).
応募を締め切りました。
参加費: 2500円
予約必要
定員: 15人 モノクロネガ35mm~ 6x7をご持参ください。
予約先: educationinfo@kyotographie.jp
フルネーム、お電話番号、メールアドレスをご明記の上、ご予約ください。
ご予約を承りましたら、担当よりご返信メールが届きますのでお待ちください。
close of application
Fee: 2500 yen
Reservation: Yes (15 Max) 
Please bring your black and white negatives: 35mm ~6x7
For reservations and info contact: educationinfo@kyotographie.jp
Please provide your name, phone number and email address when making a reservation.
Once we receive your reservation we will send you a conformation via email.