4/26(Sat)

16:エコソフィ 実践者としてのアーティスト

アンスティチュ・フランセ関西

Artists as Ecosopher's

Institut français du Japon – Kansai

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • tumblr
  • goole+
  • email
14:00 - 15:00

パスカル・ボースがエコソフィに関してアーティストへの気づきなどをお話します。エコソフィカル・アートは、生態学の考え方に基づいています。生き物の多様性によってもたらされた均衡のダイナミズムから、環境システムへと話を発展させます。エコソファーズは、感覚と経験的知識の組み合わせから起こる、生命に関する一連の思考を発展させるために、芸術的アクティビティがどのような可能性を秘めているのかを指摘します。(フランス語から日本語へ同時通訳)
パスカルは、美術批評家であり、フランス国立造形芸術センターCNAPにおける写真コレクションのキュレーター、そしてジュネーブ造形芸術大学HEADの客員教授でもあります。更に、最近ではゴールドスミスカレッジロンドンで研究員も務めています。
Pascal Beausse explores the notion of artists as ecosopher's. Ecosophical Art is based on an ecological line of thinking. It broaches ecosystems through the dynamism of equilibria brought about by the diversity of species. Ecosophers asserts the possibility for artistic activity to develop a line of thought about life, issuing from a combination of perceptible and cognitive knowledge. (French with simultaneous Japanese translation)

Pascal Beausse is an Art Critic and a Curator. He is the Head of Photographic Collections at CNAP, Centre National des Arts Plastiques, Paris. He is Guest Lecturer at HEAD, University of Arts and Design, Geneva. He is currently researcher at Goldsmiths, University of London.
  • © 2014 Naoyuki Ogino
参加費不要
予約必要 
定員: 80人
予約先: educationinfo@kyotographie.jp
フルネーム、お電話番号、メールアドレスをご明記の上、ご予約ください。
ご予約を承りましたら、担当よりご返信メールが届きますのでお待ちください。
Fee: Free
Reservation: Yes (80 Max)
For reservations and info contact: educationinfo@kyotographie.jp
Please provide your name, phone number and email address when making a reservation.
Once we receive your reservation we will send you a conformation via email.