予告:「火星 – 未知なる地表」

2014/04/08/09:10

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • tumblr
  • goole+
  • email
「火星–未知なる地表」展では、高さ6メートルの超高精細大型ビジョンを導入。圧倒的な臨場感で、未知なる地表へ。

「火星–未知なる地表」展
キュレーション: グザビエ・バラル
協力: NASA / ジェット推進研究所 / アリゾナ大学
ヴィデオ・インスタレーション: 高谷史郎
空間デザイン:オリバー・フランツ

NASAの調査衛星によって撮影された高解像度の火星の地表の写真を、アーティスト高谷史郎のインスタレーションにより展示する。30億年の時間をかけ風によって形成された驚くほどの美しい風景が、日本で初公開される。

アーティスト/会場情報はこちら