予告「UNTITLED: A Performance 横田大輔」

2014/04/12/20:04

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • tumblr
  • goole+
  • email
第2回「KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバル」を2014年4月19日から5月11日に開催します。ワークショップや、講演会、特別なお茶会などが、京都を象徴する場所を使用して行われるパブリックプログラムをご用意しています。その中の一つ「UNTITLED: A Performance 横田大輔」の予告映像です。


UNTITLED: A Performance 横田大輔(プログラム紹介ページ)


「UNTITLED: A Performance 横田大輔」開催概要 / Outline
4/20(Sun)13:00 - 17:00
ASPHODEL

国際的に注目を浴びる若手写真家・横田大輔が2013年秋にパリとアムステルダムで行なったパフォーマンスを、京都にて開催いたします。酢酸と真鍮を化学反応させて、一点一点異なる写真をつくり出し、その特殊な印刷技法を用いる限定版写真集 『UNTITLED』 (GOLIGA社発行)の制作プロセスです。Kyotographieで出来上がった作品を撮影してレイアウトを組み、その日のうちにオリジナルZINEができる、作品はまた進化するプロセスまでをご覧いただけます。
UNTITLED is special working process that transposes young Japanese photographer Daisuke Yokota's distinctive working method to the realm of publishing. For each image in UNTITLED, Yokota applies an acidic solution directly to a screen-printed photograph on a sheet that has been specially preprinted with brass; the solution reacts chemically with the metallic surface, creating a random pattern in the image. For KYOTOGRAPHIE, the creation process of UNTITLED has been given an additional action of Zine-making. Within the installation space, the photographer will photograph and re-edit the original edition to generate a new publication on the day.

www.goliga.com/untitled/